Creative Cloudの同期に関するトラブルについて

バージョン 22

    フォーラムをご利用いただき有難うございます。

    Creative Cloud のWEBストレージと、ローカルに生成されるフォルダのファイルが同期しないトラブルにつきまして、現段階で公開できる情報をまとめてみました。

     

     




    共通トラブルシュート

     


    A. 同期するファイル名などのルール等について

     

    下記文書をご参考ください。

     

     

    B. 制限されたネットワークの問題


    Proxy/Firewall環境下では、WEB上のサービスへの通信がブロックされている可能性がります。下記文書を参考に、必要なエンドポイントにアクセスできる様、ネットワーク環境を設定します。

     

    Wifi等の無線環境では、不安定な通信状態によって正常に同期が出来ない場合があるようです。また、セキュリティソフト等が通信をブロックしている可能性があります。セキュリティソフトを停止した状態で問題が解決できないか確認してください。

     


    C. 証明書に問題がある場合(Windows)


    Creative Cloudの同期に関しては、証明書も問題によってストレージとローカルの同期が出来ない現象が起きる場合があります。この問題は主にProxy環境等で発生する可能性があります。下記文書に従ってインターネットオプションの詳細設定を変更します。

     

     

    D. データーベースファイルを初期化する

     

    下記手順を行いデーターベースファイルを削除します。

     

    1. CreativeCloudデスクトップを右上の歯車マークから終了します。

    2. タスクマネージャー(Windows)若しくはアクティビティモニタ(Mac)から、CoreSyncプロセスを終了します。

    3. 下記の「~.db」ファイルを削除します。


    Windows

    C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Roaming\Adobe\CoreSync\~.db

     

    Mac OS

    Macintosh HD/Users/<ユーザー名>/Library/ApplicationSupport/Adobe/CoreSync/~.db

     

    注意:ユーザーフォルダ下のLibraryです。Finderのメニューから移動を選び、プルダウンメニューが出てきたら、キーボードのOptionキーを押すと表示される「ライブラリ」です 。

     

     

    ※1 「~.db」ファイルの~の部分は、環境、端末、アカウントによって異なりますが「.db」という拡張子ファイルである点は変わりありません。また、一つの端末で、複数のアカウントで同期をしていると「~.db」は複数存在する事があります。この場合は「~.db」ファイルを全て削除してください。

    ※2 拡張子「db-shm」または「db.wal」のファイルも削除します。

     

     

    E. Adobe Application Managerを最新のものに更新する

     

    端末にインストールされているCreative CloudデスクトップアプリケーションとApplication Managerを最新のものに入れ直すことで問題が解決できることがあります。手順については、下記文書をご参考ください。


    F. 上記のトラブルシュートでも解決しない場合


    現時点では、残念ながらこの問題に対し、ユーザーの皆様へ提供できる有効なトラブルシュートがございません。

    大変お手数をおかけ致しますが、サポート窓口(電話、チャット、サポートポータル)へお問い合わせくださいます様、お願い致します。


    問題が解決しない場合は、サポート窓口までお問い合わせください。その際ですが、以下の文書を参照し、ログファイルをあらかじめご用意ください。