【お知らせ】CC2015.xアップデートに伴う旧バージョンの自動削除について

バージョン 10

    6/21より、CC 2015のアップデートが提供開始されました。

     

    【公開文書】

    今回のアップデートでは、アプリケーションをアップデートする際に、同時に旧バージョンを削除してインストールすることができるようになりました。
    初期設定では、旧バージョンを自動的に削除して最新のCC 2015.xバージョンがインストールされる設定になっています。
    ※ここでいう旧バージョンとはCC及びCC 2015バージョンを差します。それ以前のバージョン(CS6以前)は削除対象ではありません。

     

    ※一度削除された旧バージョンは、デスクトップアプリケーションから再インストールが可能です。詳しくは以下のページを参照ください。

     

     

    以前のバージョンのダウンロード

     

    旧バージョンを残したまま、最新バージョンをインストールしたい場合には下記のように設定を変更します。

     

     

    1. Creative Cloudデスクトップアプリケーション(通知領域/メニューバーに表示されています)をクリックして表示します。

     

     

    2. Appsタブをクリックします(配信が開始されると、CC 2015アプリの案内が表示されるようになります)。

     

     

    ※「すべてアップデートする」は選択すると、すぐにアップデートが開始され、同時に旧バージョンのアンインストールが行われます。
      旧バージョン削除の可否を設定するオプションは表示されません。

     

     

     

    3. インストールしたい各アプリケーションの「アップデート」をクリックします。
    CCDA-when-install-version-apps.png

     

     

    4. アップデートのダイアログが表示されますので、「詳細オプション」をクリックして展開します。
    cc2015update01.png

     

     

    5. 「以前のバージョンを削除」のチェックをオフにします。
    cc2015update02.png
    ただし、Acrobat DCアップデートに関しては、この詳細オプションは表示されず、開始すると旧バージョンを削除します。
    AcrobatDCupdate01.png

     

     

    6. 「アップデート」ボタンをクリックして最新バージョンをインストールします。

     

     

    ※なお、一部製品(Muse)は「以前のバージョンを削除」がグレーアウトして選択することができません。この場合、旧バージョンが最新バージョンに置き換わる仕様ですのでご留意ください。