Photoshop CC 2015 起動時または終了の際にクラッシュする(Windowsのみ)

バージョン 5

    【内容】

    Windows環境で Photoshop CC 2015 を起動しスプラッシュスクリーンを表示した直後に Photoshop がクラッシュします。

    また、アプリケーションの終了時に起きることもあります。

     

     

    【回避方法】

    以下の方法のいずれかをお試しください。


    • 次のディレクトリにある「Adobe」フォルダに読み書き権限を付与します。(※)

     

    C:\Users\<ユーザ名>\AppData\Roaming

    C:\Users\<ユーザ名>\AppData\Local

     

     ※「フルコントロール」のアクセス権限が必要となります。アクセス権限の変更方法については以下の文書をご参照ください。

      フォルダのアクセス権を初期化する

     

    • 編集メニュー→環境設定の「パフォーマンス」タブで『グラフィックプロセッサーを使用』のチェックを外します。

     

    • Photoshop が起動できない場合は、以下のディレクトリにある「sniffer.exe」をデスクトップなどに移動し、起動を確認します。

     

    C:\Program Files\Adobe\Adobe Photoshop CC 2015

     

    • 新規アカウントで再現するか確認します。

     

    • ネットワーク接続のみのセーフモードで起動し、サードパーティ製ドライバやアンチウィルスソフトの影響がないか確認します。

     

     

    弊社ではこれらの問題を認識しています。