【エレメンツ製品ユーザーの皆様へ】Windows 10へのアップグレードの前に

バージョン 6

    日頃よりアドビ製品をご愛顧頂き、誠に有難うございます。

     

    Windows 10へのアップグレードをご検討の皆様に、アップグレードの実行前の注意点としてまとめさせていただきました。

    ご参考いただけると幸いです。

     

     

    コンピュータにおけるOS(オペレーティングシステム)とは、いわば「土台」のようなものです。

    弊社のPhotoshop ElementsやPremiere Elementsといったソフトウェアは、この「土台」の上で動作する「道具」と言えます。

     

    OSをWindows 7や8からWindows 10 へアップグレードするのは、この「土台」を入れ替えることと同じと言えます。

     

    「土台」を入れ替えることは、その上に乗っているソフトウェアという道具の動作に様々な影響を与える可能性があります。

     

     

    以下のページでは、弊社製品群への影響として、これまで報告されたいくつかの現象をまとめております。

    Re: Windows 10 対応状況

     

     

    特にビデオ編集を行うPremiere Elementsでは、以下の点にご注意ください。

     

    ①QuickTime Player について

    2016/4/19 追記

    アップル社は、今後、QuickTime for Windows についてサポートを行わないことを発表しました。

    QuickTimeの脆弱性に対するセキュリティアップデート等はリリースされなくなり、Windowsコンピュータからのアンインストールを呼びかけています。

     

    QuickTimeをアンインストールすることで、Premiere Elements及びPhotoshop Elementsへの影響としては、以下の点になります。

    • 起動時にQuickTimeのインストールを促すメッセージが出てきてしまう。
    • QuickTime(mov)形式のファイルの取り扱い、(読み込み、書き出し)が出来なくなります。
    • Elements Organizer (写真やビデオの整理画面)で、mov動画のプレビューが観れなくなります。

     

    現在、movファイルを使用しての編集作業が進行しているものは、作業完了後にQuickTimeのアンインストールを行ってください。

    また、今後も再編集を行う予定のあるmov形式のファイルについては、ファイル変換ソフトウェアなどを利用して、AVI形式やH.264(mp4)形式など、別のファイル形式に変換してくださ い。

     

    弊社としての対応、今後の方針についての見解につきましては、アップル社の動向を踏まえつつ、以下のような弊社技術者ブログやユーザーフォーラム、および公式文書の形で随時発表させていただく 予定です。

     

    <参考リンク>

    Windows 版 QuickTime について

     

    Premiere ElementsではQuickTime Player が同じコンピュータにインストールされていることが必須となっていますが、QuickTime Playerの 7.7.7バージョンがWindows10にインストール出来ないという問題を確認しておりました。

    現在では、以下のページから7.7.8バージョンをインストールすることが出来ます。

     

    QuickTime 7.7.8 for Windows

    https://support.apple.com/kb/DL837?viewlocale=ja_JP&locale=ja_JP

     

    ※QuickTime はアップル社の製品です。

     

    ②グラフィックカードのドライバーの対応

    コンピュータには動画の再生を滑らかにする処理を行うグラフィックカード(もしくはグラフィックチップセット)が搭載されています。

    これを動かすためのドライバーというソフトウェアがWindows 10に対応していないと、ソフトウェアが起動できなくなったり、動作が不安定になります。

     

    Windows 10に対応したバージョンにグラフィックカードのドライバーをアップデートする必要があります。

    どのようなグラフィックカードを使用されているか分からない場合には、お使いのコンピューターのメーカー様にご確認ください。

     

     

    <Photoshop Elements、Premiere Elementsのバージョン10以前について>

    • Photoshop Elements、Premiere Elementsのバージョン10以前については、Windows 8以降のOSに正式対応しておりません。
    • これらのバージョンをお使いの方は、安定動作のためにWindows10 へのアップグレードはあまりお勧めできません。

     

    旧バージョンの対応 OS: Photoshop Elements

    旧バージョンの対応 OS: Premiere Elements

     

     

    <Photoshop Elements、Premiere Elementsのバージョン11以降について>

    • Photoshop Elements、Premiere ElementsのWindows 10 への正式対応は、最新バージョンの14 以降となっております。
    • バージョン11 から12 については、Windows 10 上での動作確認をおこなっておりません。
    • バージョン13 については、Windows 10 上での動作確認を行い、特に大きな問題か確認されておりませんが、しかし、コンピュータの状況によっては予期しないトラブルが発生する可能性が考えらえます。

     

    起動トラブルや動作に問題があった場合には、上記にあるような様々な対策を行います。

    (特にエレメンツ製品がインストールされたままの状態で、Windows10へのアップグレードをした際に、起動トラブルになるケースの報告が寄せられています。)

     

     

    Windows 10へのアップグレードは、ご自身の判断に基づき行っていただくことが前提になります。

    改善しない場合は、Windows OSを元のバージョンに戻すこともご検討ください。