【お知らせ】Premiere Elements 14について

バージョン 8

    【概要】

     

    日本時間で9/24(木)に、Premiere Elements の最新バージョンである、14 が提供開始されました。

    バージョン13のインストールまでの流れと大きな違いはありません。導入前に是非ご確認ください。

     

     

    必要システム構成

     

    必要システム構成 | Adobe Premiere Elements 14 Mac Windows PC

     

    FAQ

     

    FAQ | Adobe Premiere Elements 14

     

    • Premiere Elements 14 製品は、マルチプラットフォームの提供となりますので、シリアル番号はWindows及びMac環境のどちらでも使用できます。
    • インストーラは異なりますので、Windows環境にはWindows用のインストーラ、Mac環境にはMac用のインストーラをダウンロードしてインストールする必要があります。
    • 学生教職員版については、Photoshop Elements 14 のみ、若しくはPremiere Elements 14 のみの提供はありません。Photoshop Elements 14 & Premiere Elements 14 のセット版での提供となります。
    • 家電量販店等で購入されたパッケージ版には、Windows 用と Mac OS 用のメディアが同梱されています。
    • AdobeStoreからダウンロード購入される場合は、購入時にプラットフォームを選択頂く必要があります。

     

     

    新機能について

     

     

    動画制作ソフト | Adobe Premiere Elements 14 - 機能

     

     

    過去バージョンとの製品機能比較

     

     

    購入ガイド | Adobe Premiere Elements 14と13、12の比較

     

     

    アップグレード版の対象製品について

     

    下記の製品をお持ちの方は、Premiere Elements 14 アップグレード版をご購入頂くことが出来ます。

    (アップグレード対象製品の一部リストとなります。)

     

    • Adobe Premiere Elements 1~13 ( 旧バージョンの Premiere Elements )
    • Adobe Premiere LE
    • VideoStudio
    • PowerDirector
    • PowerProducer
    • Final Cut シリーズ
    • iLife
    • 感動かんたん!フォトムービー
    • その他のデジタルビデオ編集ソフトウェア製品(※1)

     

    (※1)アップグレード対象製品について

    • ソフトウェアが単品として発売されている他社製品であり、バンドル製品やプラグイン、フリーウェアは対象外です。
    • Windows / Mac OS 対応のソフトウェアに限ります。(iOS / Android ソフトウェアは対象外)
    • Mac App Storeで販売されていた旧バージョンの Adobe Premiere Elements Editor もアップグレードの対象製品です。
    • バージョンに制限はありません。

     

     

    無償アップグレードについて

    こちらにつきましては、対象期間が終了しました。

     

    【対象購入期間】 2015 年 9 月 25 日(金) ~ 2015 年 12 月 24 日(木)

    【申込締切日】 2016 年 1 月 8 日 (金) 当日到着分有効

     

    無償アップグレードのお申し込みについての詳細は、下記リンクをご確認ください。

     

     

     

    インストール方法