エンタープライズ アップデート情報 アーカイブ

バージョン 12

    過去に発信されたエンタープライズアップデート情報のアーカイブです。

    最新アップデート情報は下記を参照ください。

    エンタープライズ アップデート情報

     

    2017/01/20

    Acrobat  定期外アップデートが公開されました。

    対象製品 / トラック / 公開バージョン名は以下のとおりです。

     

    Acrobat DC Pro / StandardContinuous        :15.023.20056

    Acrobat DC Pro / StandardClassic                :15.006.30280

     

    このアップデートでは既知の問題の修正が行われます。

    Release NoteOverview — Acrobat and Adobe Reader Release Notes

     

    2017/1/19

    Adobe Stockライブラリページの障害は午後10時ごろ復旧いたしました。

    お客様には多大なるご不便をおかけし深くお詫びいたします。

     

    2017/1/19

    2017年1月19日 Stockライブラリページの障害について

    2017年1月19日現在、Adobe Stockライブラリページにアイテムが表示されない障害が起きております。

    https://stock.adobe.com/jp/Libraries

     

    この障害は言語が日本語の場合に起きていることが確認されています。

    表示させるには、以下の手順で一旦言語環境を「United States」(英語)等他言語にしていただくと表示されます。

     

    1.ライブラリページのフッタ(ページの一番下の部分)左端にある「地域を変更」をクリック

    2.リストの中から「United States」を選びます

    3.ページがリロードされます(UIが英語になります)

     

    日本語ページが復旧するまでの間、上記の方法でご利用いただきますようお願いいたします。

    ご不便をおかけし誠に申し訳ございません。

     

    2017/01/19

    CreativeCloudデスクトップアプリケーション起動時のエラーについて

    * Creative Cloudエンタープライズ版以外のお客様からのお問い合わせが増えておりますのでお知らせしておきます。

     

    2017/01/18

    Enterprise Dashboard の名称がAdmin Consoleに変更となりました。

    この変更は名称の変更のみです。コンソールへのログインURLやログイン方法、操作利用方法についての変更はありません。

     

    2017/01/13

    シリアル番号ライセンスからユーザーライセンスへの移行

    https://helpx.adobe.com/jp/creative-cloud/packager/cq12280050.html

     

    2017/01/10

    Acrobat  定期アップデートが公開されました。

    対象製品 / トラック / 公開バージョン名は以下のとおりです。

     

    Acrobat DC Pro / StandardContinuous        15.023.20053

    Acrobat DC Pro / StandardClassic               15.006.30279

    Acrobat XI Pro / Standard                                    :11.0.19

     

    このアップデートには新機能、セキュリティアップデート、修正が含まれます。

    新機能の概要:https://helpx.adobe.com/jp/acrobat/using/whats-new.html

    Release NoteOverview — Acrobat and Adobe Reader Release Notes

     

    2017/01/06

    Creative Cloud PackagerでProject Felixを含んだパッケージのインストールに失敗する場合 (Windows版のみ)

    Creative Cloud Packager で Project Felix を含んだパッケージをビルドした場合、そのパッケージインストーラをWindows10ではないマシンで実行すると、インストールが途中でロールバックされ、正しくインストールされない現象 を確認しています。

    これは Project Felix の必要システム構成が Windows10 以上となっている為に発生します。

    • この問題は Windows 環境のみで発生します
    • Windows10 以外のマシンにデプロイするパッケージには、Project Felix を含めないようご注意ください。

    Error message 190 trying to install package which contains Project Felix (英語)Project Felix system requirements and supported languages (Project Felixの必要システム構成 (英語))2016/12/19Enterprise Dashboardの製品(スナップイン)で新しい製品構成を作成する際に名前を入力すると入力ボックスが赤くなり、作成ができません。この問題はすでにエンジニアに報告し修正作業に入って おります。2017/01/06 この問題を修正いたしました。Adobe_Enterprise_Dashboard.jpg

    2016/12/15

    Creative Cloud デスクトップアプリケーション | バージョン 3.9.5.35 がリリースされました。

    今回のアップデートは細かなバグの修正、および操作性の向上が主となっています。

    Adobe Creative Cloud デスクトップアプリケーションのリリースノート

    こちらの問題も修正されました。

    macOS Sierra(10.12)にてCreativeCloudデスクトップアプリケーションが真っ白になる

    また、このアップデートは自動アップデートでは提供されません。

    以下のURLより新たにCreative Cloudデスクトップアプリケーションをダウンロードし、上書きインストールしてください。https://creative.adobe.com/products/download/creative-cloud

    Adobe XD、Windows 10 向けにベータ版を提供開始!今後は毎月アップデートで機能を追加予定 | Adobe Creative Station

    Project Felixを提供開始 | Adobe Creative Station

    Photoshopの最新リリースが、MacBook ProのTouch Barに対応 | Adobe Creative Station

    Lightroom CC 2015.8提供開始 | Adobe Creative Station

     

    2016/12/14

    Creative Cloud 2017用のオフラインメディアについては、ご提供の予定はございません。

    Creative Cloud Packagerでインストーラーパッケージを作成する場合には適切なインターネット接続の確保をお願いいたします。

    セキュリティアップデートを公開しました。

    Adobe Animate https://helpx.adobe.com/security/products/animate/apsb16-38.html

    Adobe Flash Player https://helpx.adobe.com/security/products/flash-player/apsb16-39.html

    Adobe DNG Converter https://helpx.adobe.com/security/products/dng-converter/apsb16-41.html

    InDesign https://helpx.adobe.com/security/products/indesign/apsb16-43.html

     

    2012/12/13【重要なお知らせ】営業時間の変更https://helpx.adobe.com/jp/x-productkb/policy-pricing/cq11250550.html2016/12/12年末年始のお問い合わせ2016~2017年 年末年始休業期間中のエンタープライズサポートへのお問い合わせについてご案内いたします。エンタープライズサポート年末年始のお問い合わせについてIllustrator CC 2017 からのPDF書き出しで日本語特色名が文字化けするhttps://helpx.adobe.com/jp/illustrator/kb/cq12080529.html

     

    2016/12/06Creative Cloud Packager 1.11 がリリースされました。新機能として、アンインストール用のパッケージを作成することができるようになりました。詳しくはリリースノートをご参考ください。Creative Cloudヘルプ | Creative Cloud Packager リリースノート2016/11/21Federated ID / SSOをご利用されている皆様へ。Enterprise Dashboardでイベントログを表示するようにいたしました。イベントログではエラーの原因と開発のヒントも合わせてお知らせする機能をご用意いたしました。場所はEnterprise Dashboard / ID / <Federated ID> / イベントログです。image001.png

    2016/11/20

    アップデート情報(製品): Adobe Premiere Pro CC 2017.0.1 (11.0.1)及びAfter Effects CC 2017.0.1 (14.0.1) 、Prelude CC 2017.0.1 (6.0.1)マイナーアップデートがリリースされました。

    Adobe Premiere Pro CC 2017.0.1 (11.0.1)

    このアップデートの修正点は、南アジア言語モードでタイトル作成時に強制終了する問題や、メディアブラウザパネルでのプレビュー操作時の不安定の改善になります。

    After Effects CC 2017.0.1 (14.0.1)

    このアップデートの主な修正点は、PDFファイル読み込み時に強制終了する問題や、プレビューのリアルタイム再生時に、タイムラインパネルの再表示の影響を受けてしまう問題等です。詳しくは以下のページ(英文)をご参照ください。

    https://blogs.adobe.com/creativecloud/after-effects-cc-november-2017-bug-fix-update-is-now -available/

    Prelude CC 2017.0.1 (6.0.1)

    このアップデートの主な修正点は、メディアに複数のタグ(それぞれにタグカラーを設定)を適用後、タイムラインから閉じて再度開きなおすと、同一の色になってしまう問題等です。

     

    2016/11/15

    一時的にEnterprise Dashboardのユーザーグループからユーザーの削除が出来なくなっております。明日にはこの問題を修正する予定ですが、皆様にはそれまでのご辛抱、ご迷惑をおかけすることになり、大変 申し訳ございません。

     

    2016/11/14

    Enterprise Dashboardからのお問い合わせの際、電話番号の入力が必要になりました。お急ぎの場合は正しい番号をご入力ください。

     

    2016/11/04

    US 時間 11/3  Acrobat  オプションアップデート(不具合修正)が公開されました対象製品 / トラック / 公開バージョン名は以下のとおりです。Acrobat DC Pro / Standard (Continuous)       :15.020.20042Acrobat DC Pro / Standard (Classic)              :15.006.30244Release Note:Overview — Acrobat and Adobe Reader Release Notes

     

    2016/11/04

    Creative Cloud 2017を発表いたしました。Creative Cloudのバージョンは古い順からCC(2013)、CC2014、CC2015、CC2017となります。

    Creative Cloud 2017の必要システム構成を製品ごとにご覧ください。

    必要システム構成 | Adobe Creative Cloud

    * Mac OS X 10.9以下に対応しておりません。Mac OS X 10.10以上が必要です。

    重要:ライセンスファイルを利用してCreative Cloudアプリ(Photoshop、Illustratorなど)を体験版から製品版(シリアル番号ライセンス)へ変更されている皆様へお知らせいたします。CC2017をご利用になら れる場合には新しいライセンスファイルをご用意ください。

    古いライセンスファイルではCC2017を製品版へ変更できません。

    ライセンスファイルの更新について | Creative Cloud エンタープライズ版

    Adobe Creative Cloud ライセンスファイルの作成

    Creative CloudデスクトップアプリケーションからCC2017のインストールするには、インストールまたはアップデートボタンを押します。アップデートボタンを押すとダイアログが表示されます。 詳細オプションでは、「以前の設定および環境設定を読み込む」と「以前のバージョンを削除」が選択されています。CC2015などの以前のバージョンをそのままにされたい方は「以前のバージョ ンを削除」からチェックマークを外してください。cc2017update.png

    日本時間の11月6日(日)午後4時から21時までの間、Enterprise Dashboardのメンテナンスが行われます。サポートへのお問い合わせ、および過去案件、エキスパートサービスの申し込みができなくなります。ご不便をおかけいたします。

     

    2016/11/02

    システム障害:本日12時頃から13時15分頃までにAdobe ID、Enterprise ID、Federated IDによるログインができませんでした。このため、Creative Cloudデスクトップアプリケーションの利用やCreative Cloud、Document Cloud、Adobe Sign、Typekit、Adobe Stockなどのサービスができない場合がありました。現在は、障害は解消しておりますが、お客様にはご迷惑をおかけすることになり大変申し訳ございません。

     

    2016/11/01

    アカウント設定画面の右上に保存ボタン(フロッピーアイコン)が表示されるようになりました。これまでは右下に表示されているためにお気づきにならない方がいらっしゃいましたので位置を変更しました。現在、保存ボタンは[アクセス と権限]を変更した場合に有効となります。Enterprise IDやFederated IDでユーザーの詳細を変更しても保存はできません。近日中にこの機能をご提供いたしますのでお待ちください。用語の変更について:製品管理者をこれからは製品構成管理者と呼称を変更いたします。製品は、Creative Cloud コンプリートプランやCreative Cloud単体プランなどを指します。構成は、製品に対してライセンス(数)と有効化されたサービスを追加したものです。構成に対してユーザーを追加することから製品構成管理者としました。

     

    2016/10/31

    製品構成のユーザーにあるグループより下に表示されているユーザーが「構成ユーザーの書き出し」に含まれません。

    https://helpx.adobe.com/jp/x-productkb/policy-pricing/cq10260250.html

     

    2016/10/29

    Creative Cloud デスクトップアプリケーション バージョン3.9.1.335 がリリースされました。

    Adobe Creative Cloud デスクトップアプリケーションのリリースノート

    MacOSX 10.8 以下のバージョンOSではこのアップデートは対象外となります。

    Mac OS X における Creative Cloud デスクトップアプリケーションのサポート

     

    2016/10/27

    「ユーザーを一括で追加」機能を一新いたしましたが、残念なことにBOM付きのCSVファイルでは読み込みが失敗することが分かりました。この問題は、年内には修正をできると思いますが、それ まではBOM付きではないCSVファイルをご利用ください。

    スクリーンショット 2016-10-27 8.51.11.png

    BOM付きではないCSVファイルを作成するにはメモ帳でCSVファイルを開き、ANSI形式で別名保存します。

    Creative Cloud Packager バージョン 1.10 がリリースされました。

    デフォルト設定では、Creative Cloud Packagerを起動した際に自動でアップデートが実行されます。

    アップデート内容については以下リリースノートをご参考ください。

    Creative Cloudヘルプ | Creative Cloud Packager リリースノート

     

    2016/10/26【法人向けシステム管理者向けセミナーのご案内 】アドビ製品のライセンス管理とアップデートおよびバージョン管理について紹介します。詳細およびお申込みはこちらから:https://adobe-system-admin-20161122.attendease.com/

     

    2016/10/25

    Creative Cloudデスクトップアプリケーション 3.9.0.334アップデートを公開を一時的に中止いたします。現在、サーバーの不調が確認されており、お客様にご迷惑をおかけしないための判断です。ご了承いただければ幸いです。

     

    2016/10/24

    Creative Cloudデスクトップアプリケーション 3.9.0.334アップデートを公開いたしました。環境設定にある[Creative Cloudデスクトップを常に最新に保つ]を選択されている方は自動でアップデートが行われます。

    お詫び:10月21日(金曜日)の夜8時から土曜日の早朝までに幾つかのサービスが利用できなくなっておりました。原因はDNSサービスを狙ったDDoS攻撃です。弊社ではこの攻撃に対して全 力で対応いたしましたが解決までに時間がかかってしまいました。原因の詳細については、ニュースにもなっておりますのでご一読ください。ニュース - DNSサービスの「Dyn」に大規模DDoS攻撃、Twitterなどが影響受けダウン:ITpro

     

    2016/10/18

    Enterprise Dashboardのユーザーにある「ユーザーを一括で追加」機能が新しくなりました。CSVファイルを利用してユーザーを製品プランのグループに追加する場合にフォーマットに変更点があり ます。実サンプルは以下のようになっております。

    Adobe IDIdentity Type,Username,Domain,Email,First Name,Last Name,Country Code,Product Configurations,Admin Roles,Product Configurations AdministeredAdobe ID,,,nnakamur+1018@adobetest.com,Alice,Alison,US,制作部(クリエイティブ) - Complete plan,,

    Enterprise IDIdentity Type,Username,Domain,Email,First Name,Last Name,Country Code,Product Configurations,Admin Roles,Product Configurations AdministeredEnterprise ID,,,nnakamur+1018a@domain10.info,Bob,Becker,FR,制作部(クリエイティブ) - Complete plan,,

    Federated IDIdentity Type,Username,Domain,Email,First Name,Last Name,Country Code,Product Configurations,Admin Roles,Product Configurations AdministeredFederated ID,nnakamur+1018b,domain8.us,nnakamur+1018b@domain8.us,

    Bob,Becker,US,アドビデザイングループ,,それぞれの項目の説明は以下のようになっております。

    Identity Typeには次のいずれかの値を入力します。この項目は必須です。Adobe IDEnterprise IDFederated ID

    UsernameにはFederated IDの場合にユーザー名(adobetaro@adobetest.comの場合にはadobetaroがユーザー名になります)を入力します。Federated IDの場合にはこの項目は必須です。

    DomainにはFederated IDの場合にメールのドメイン(adobetaro@adobetest.comの場合にはadobetest.comがドメインになります)を入力します。Federated IDの場合にはこの項目は必須です。

    Emailにはメールアドレスを入力します。この項目は必須です。

    First Nameには名前を入力します。

    Last Nameには名字を入力します。

    Country Codeには国コード(日本はJP、米国はUS)を入力します。Federated IDの場合にはこの項目は必須です。

    Product Configurationsには製品プランのグループ名を入力します。

    Admin Roles     システム管理者に登録する場合にはSystemと入力します。     デプロイメント管理者に登録する場合にはDeploymentと入力します。

    Product Configurations Administeredは空欄にします。

     

     

    2016/10/13

    Adobe Flash Player に関するセキュリティアップデート公開 Adobe セキュリティ情報Adobe Acrobat および Reader に関するセキュリティアップデート公開 Adobe セキュリティ情報Creative Cloud デスクトップアプリケーション用のセキュリティアップデート公開 Adobe セキュリティ情報

     

    2016/10/11

    Enterprise DashboardでFederatedIDのユーザーを登録できない事象が確認されています。

    ユーザー登録時にロードリングの回り続け、完了しない挙動となります。

    • (10時26分)この問題は既にエンジニアが修正に取り組んでいます。皆様には修正までの間、ご不便をおかけいたします事、お詫び申し上げます。
    • (11時54分)この問題は修正されました。皆様にはご不便をおかけいたしましたこと、改めましてお詫び申し上げます。

    Acrobat 定期アップデート(機能追加 / 不具合修正)が公開されました対象製品 / トラック / 公開バージョン名は以下のとおりです。Acrobat DC Pro / Standard Continuous)       15.020.20039Acrobat DC Pro / Standard Classic)              15.006.30243Acrobat XI Pro / Standard                                    11.0.18新機能概要:https://helpx.adobe.com/acrobat/using/whats-new.htmlRelease Notehttp://www.adobe.com/devnet-docs/acrobatetk/tools/ReleaseNotes/index.html

     

    2016/10/05

    日本時間の10月8日(土)午前11時から10日(月)5時までの間、Enterprise Dashboardのメンテナンスが行われます。サポートへのお問い合わせ、および過去案件の閲覧ができなくなります。ご不便をおかけいたします。(メンテナンス時間に変更があった場合は改めてお知らせいたします)Adobe Spark が Enterprise ID で利用可能となりました。https://spark.adobe.com/

     

    2016/10/04

    Adobe Flash Playerの配布(Webページ)に問題があります。日を改めてお試しください。

    http://www.adobe.com/products/players/flash-player-distribution.html

    http://www.adobe.com/products/players/flash-player-distribution5.html

     

    2016/09/30

    macOS Sierra 10.12で、Creative Cloudデスクトップアプリケーションが真っ白なウィンドウで表示される問題をお客様より複数のご報告をいただきました。すでにエンジニアチームは、調査を開始しておりますが、皆様には今 しばらくご不便をおかけすることになります。申し訳ございません。

     

    2016/09/28補足: CSVファイルで複数のユーザーを一括でAdmin Console に追加する不具合報告:Enterprise Dashboardの製品にてライセンス許容量を変更し、保存ボタンを押すと処理がいつまでたっても完了しないという問題が発生しています。この問題の画面から抜けるにはログアウトが必要で す。再ログイン後にライセンス許容量を確認すると変更されていません。現在、弊社エンジニアが修正作業に入っております。補足:ライセンス許容量はライセンスを配布画面で行います。電卓アイコ ンをクリックするとライセンスを配布画面に移行します。2016/09/26不具合報告:Adobe ID(個人用)で使われているメールアドレスをEnterprise IDで登録すると、パスワードの設定およびリセットが出来ません。パスワードをリセットするとAdobe IDの方でリセットされます。回避方法は、Adobe IDのメールアドレスを一時的に変更します。参考手順はこちらになります。ユーザー登録の内容を変更するにはどうすればよいですか?09/29 修正いたしました。不具合報告:製品プランのグループ名が変更できません。「正常に更新されませんでした。」と表示されます。現在、弊社エンジニアが修正作業に入っております。09/29 修正いたしました。

     

    2016/09/21システム障害:Federated IDを利用したサインインが成功しない(404エラーなど)が発生しています。すでにサインイン済みのお客様には問題がありません。すでにエンジニアは原因を突き詰めており、問題解決に向か って前進しています。http://status.adobe.com/creative_cloud_desktop09/21 午後4時頃 問題が発生09/21 午後5:34 問題の原因を発見09/21 午後7:00 対策の有効性について調査中。09/21 午後7:40 問題の発生は、断続的です。問題に遭遇された方は数分の間を置いてからサインインをお試しください。404エラーが発生した場合には、画面中央付近のボタンを押すことでサインイン画面が表示 されることがあります。表示されましたらサインインをお試しください。09/22 午前3:16 問題の修正を確認しました。原因は、弊社がIDPとの接続に利用しているOKTA社のサービスが、リダイレクト用のURLの取り扱い用コードに不具合があったためです。修正までに12時間と 長時間になってしまいましたが、これは修正に慎重を期したためです。皆様にはご不便をおかけして申し訳ございませんでした。こちらのメンテナンスは来月に延期となりました。【重要】日本時間の25日(日)午前4時~26日(月)10時まではEnterprise Dashboardのサポートからお問い合わせができなくなります。これはお問い合わせのバックボーンシステムのアップグレードのための計画的なメンテナンスのためです。

    【重要】LightroomとmacOS Sierra 10.12についてhttps://forums.adobe.com/docs/DOC-7731Photoshop CC のパフォーマンスを最適化する遅いと感じたらお試しください。Enterprise Dashboardのユーザー/保留中の招待でAdobe IDで招待をした方(招待案内を送信した人)が表示されるようになりました。

    Adobe_Enterprise_Dashboard.png

     

    2016/09/16Creative CloudとLightroom CCのMac OS X 10.10以降への対応に関するお知らせCreative CloudとLightroom、Adobe Camera Rawのデスクトップアプリケーションの次期メジャーリリースではMac OS X 10.10以降のバージョンが必要となります。Creative CloudとLightroom CCのMac OS X 10.10以降への対応に関するお知らせ | Adobe Creative Station2016/09/09(09/12 修正)Creative Cloud Packager に「管理者特権」機能が加わりました。Creative Cloud Packager > パッケージの詳細から「管理者特権」を選べるようになりました。この機能を利用して作成されたインストーラーパッケージに含まれているCreative Cloudデスクトップアプリケーションでは、パソコンの管理者権限がないユーザーでもアプリケーションのインストール・アンインストールやアップデート行うことができるようになります。こ れはユーザーライセンス、シリアル番号ライセンスともにご利用いただけます。ぜひご活用ください。スクリーンショット 2016-09-09 18.59.07.png2016/09/09ユーザーリストの一覧をCSVファイルで書き出せるようになりました。Adobe_Enterprise_Dashboard.png書き出し項目:

    • Identity Type = IDのタイプ(Adobe ID, Enterprise ID, Federated ID)
    • Username = アカウントのユーザー名
    • Domain = Enterprise IDまたはFederated IDの場合のクレーム済みドメイン
    • Email = メールアドレス
    • First Name = 名前
    • Last Name = 姓
    • Country Code = 国
    • Product Configurations = 製品グループ名
    • Admin Roles = 与えられている管理者権限(シスム管理者、デプロイメント管理者)
    • Product Configurations Administered(製品管理者として登録されている製品グループ名)

     

    注意点:

    Safariではusers.csvファイルを直接ダウンロードできません。最初にWebページにCSVファイルの内容が表示されます。ファイルメニューの書き出しをご利用ください。

    CSVファイルをMS Excelで開くと日本語が読めない文字(一般的にはこの現象を文字化けと呼んでいます)になります。これはExcelのCSV読み込みに問題があるために発生しています。ファイルメニュー /インポートでテキストファイルとして読み込んでください。

     

    2016/09/04

    ETLA契約の皆様はFederated IDをご利用いただけます。下記の2つの文書は、SSO環境を構成するための手引きになっていれば幸いです。

    Adobe SSO で使用する Microsoft Azure の構成 https://helpx.adobe.com/jp/creative-cloud/Configure_Microsoft_Azure_for_use_with_Adobe_SSO .html

    Adobe SSO で使用する Microsoft AD FS の構成 https://helpx.adobe.com/jp/creative-cloud/Configure_Microsoft_AD_FS_for_use_with_Adobe_SSO .html

     

    2016/09/03

    「Mac OS Xの10.10.3~10.10.5」でCreative Cloud デスクトップアプリケーションでアップデート中に「エラー1002」が発生する方からのご連絡が増えています。しょうさいについてはこちら < 2016年8月リリースのCreative Cloudデスクトップアプリケーションについて > をご覧ください。

     

    2016/08/29

    Adobe ID によるサインインをブロックする方法 | Creative Cloud エンタープライズ版

    https://helpx.adobe.com/jp/creative-cloud/kb/cq08250749.html

     

    Enterprise Dashboard: 「読み込み結果」の保持期間を90日間に変更いたします。開始は10月1日からになります。レポートには個人情報が含まれているために期間を限定することにしました。システム管理者の皆様にはAdobe Enterprise data retantion updateという件名でメールを差し上げておりますが、英語のためにお気づきになられていない方もいらっしゃると思います。90日間以上の保持が必要な場合にはレポートのダウンロードをお 願いします。

    スクリーンショット 2016-08-29 8.41.44.png

     

    2016/08/26

    ※本件は8/26日14:30にて修正されました。

    皆様にはご迷惑をおかけいたしました事、深くお詫び申し上げます。

    EnterpriseダッシュボードのDeploymentスナップインからCreative Cloudを選ぶと、ページが正しく表示されない現象を確認致しました。

    deploymentsnapinerror.png

    この問題は現在エンジニアが修正に取り組んでいます。ご不便をおかけいたしまして誠に申し訳ございません。

    修正まで暫くお待ちくださいますようお願い申し上げます。

     

    2016/08/25

    InDesign CC 2015 アップデート (11.4.1.102)

    このアップデートでは、Adobe InDesign CC (2015.4) リリース後に見つかったバグとクラッシュの問題が修正されました。

     

    2016/08/24

    シリアル番号の変更 / 更新を確認する方法 | Creative Cloud エンタープライズ版

    https://helpx.adobe.com/jp/creative-cloud/kb/cq08230041.html

     

    2016/08/17

    Experience Design CC(プレビュー版)v. 0.5.16 アップデートが提供されました。

    Adobe Experience Design CCの新機能 | Experience Design CCのダウンロード

     

    Adobe Animate CC 2015.2 アップデートが提供されました。

    Adobe Animate CC Release Notes 2015.2

     

    Adobe After Effects CC (2015.3) (WIN64) (13.8.1) では、重要な修正と、新たにサポートされたネイティブ QuickTime 形式 (Windows 版) が提供されます。 After Effects CC 2015.3 (2016 年 6 月)リリースの新機能

     

    Premiere Pro CC (2015.3) (MAC) (10.4.0) では、重要な修正と、新たにサポートされたネイティブ QuickTime 形式 (Windows 版) が提供されます。ご注意: https://forums.adobe.com/docs/DOC-7403

     

    2016/08/12

    Creative Cloud Packager 1.9.6 ビルド56のアップデートが提供されました。

    アップデート内容については、リリースノートをご参考ください。

     

    Creative Cloudヘルプ | Creative Cloud Packager リリースノート

     

    以下はCreative Cloud Packagerの挙動についてのトラブルシュートです。問題が起きた際はご参考ください。

     

    2016/08/09

    Photoshop CC 2015.5.1アップデートを公開しました。https://forums.adobe.com/docs/DOC-7582

    デュアルモニターを搭載した Mac OS X で Adobe Bridge CC がクラッシュするhttps://helpx.adobe.com/jp/bridge/kb/bridge-crashing-ELCapitan.html*お問い合わせが増えてまいりましたのでお知らせいたします。

     

    2016/08/09

    エンタープライズのお客様へ

    昨日(8月8日)早朝より弊社システムの障害によりEnterprise Dashboardよりお問い合わせができないという問題が発生しました。お客様にはご迷惑をおかけしまして、大変申し訳ございませんでした。現在、システムは復旧しEnterprise Dashboardは通常通りご利用いただけます。今後このような事を繰り返さないよう、障害の原因究明と対策、そして一層のシステム強化に努めてまいります。

    今後ともエンタープライズサポートをよろしくお願いいたします。

    アドビシステムズエンタープライズサポート2016/08/08

    < エラー 恐れながら、サポートデーターベースにアカウントが見つかりません。カスタマーサポートにお電話でお問い合わせください。 >日本時間の午前8時前後より、Enterprise Dashboardのサポートからお問い合わせ及びお問い合わせ履歴を表示に問題が発生しております。この問題は11時を目標に解決予定です。皆様にはご迷惑をおかけいたします。更新:11時 - 残念ながら現在も復旧しておりません。次のお知らせは、30分後に行います。更新:11時30分 - 非常に時間がかかっておりますが、徐々に回復しております。次のお知らせは、30分後に行います。更新:12時 - 非常に時間がかかっておりますが、徐々に回復しております。次のお知らせは、30分後に行います。更新:12時30分 - 非常に時間がかかっておりますが、徐々に回復しております。次のお知らせは、30分後に行います。更新:13時 - 非常に時間がかかっておりますが、徐々に回復しております。次のお知らせは、2時間後に行います。更新:15時 - 大変申し訳ございません。未だ完全に回復しておりません。次のお知らせは、2時間後に行います。更新:15時30分 - 考えられるすべての点検が完了し、サーバーの再起動を開始いたしました。しかし、完全復旧は3時間以上が必要と考えられます。更新:18時30分 - 順次サーバーの再起動、並びにテストが行われておりますが、完全回復しておりません。次のお知らせは、2時間後に行います。更新:20時45分 - ご迷惑をおかけしており誠に申し訳ございません。回復作業が難航しております。状況に進展があり次第、お知らせいたします。

    更新:8月9日7時30分 - ほぼ全面回復いたしました。約24時間の長期に渡りまして皆様にご迷惑をおかけいたしましたとこをお詫びいたします。

     


    2016/08/4

    アップデート情報(製品): Adobe Premiere Pro 及び Media Encoder 2015.3 (10.4) 、Audition CC 2015.2 (9.2.1)マイナーアップデートがリリースされました。

    各種バグフィックスの他、QuickTime For Windows問題への対策としてアニメーションコーデック movファイルの読み込み及び書き出しへのネイティブ対応(ただし、アニメーションコーデックでの書き出し時のオーディオは非圧縮のみ)、PNGコーデック movファイルのネイティブ読み込み対応、AACオーディオコーデックの読み込みネイティブ対応が機能追加されました。詳しくは以下のページをご参照ください。

    Adobe Premiere Pro and Media Encoder 2015.3 (10.4) Updates | Creative Cloud blog by Adobe

    Audition CC 2015 Patch Update Now Available | Creative Cloud blog by Adobe

     

    アップデート情報(製品): After Effects CC 2015.3 (13.8.1) マイナーアップデートがリリースされました。

    各種バグフィックスの他、QuickTime For Windows問題への対策としてアニメーションコーデック movファイルの読み込み及び書き出しへのネイティブ対応(ただし、アニメーションコーデックでの書き出し時のオーディオは非圧縮のみ)、PNGコーデック movファイルのネイティブ読み込み対応、AACオーディオコーデックの読み込みネイティブ対応が機能追加されました。詳細は以下のページをご参照ください

    After Effects CC 2015.3 (13.8.1) Bug-Fix Update Is Now Available | Creative Cloud blog by Adobe

     

    CCアセットページのExtractサービスが再開されました。

    CC アセット、および Brackets からの Extract サービスの終了

     

    2016/07/28

    障害情報概要:2016年7月27日、Creative Cloudエンタープライズ版をご利用の一部のユーザー様が製品に正しくログインできず、体験版モードで表示されるという障害が発生しました。またユーザー様が製品へサインインした際、「サ ブスクリプションが見つかりません。」というエラーが表示されました。発生日時:2016年7月26日 17:00頃から2016年7月27日 7:00頃(日本時間)原因:Enterprise Dashboardからのデータアップロードが大量に発生し、その結果、一時的にシステムのメッセージ送信対応に遅延が発生し、権利付与を行うサーバーが正常に処理できない状態が発生いたし ました。対処:システムを再起動した結果、サーバーのデータ処理が正常に再開されました。今後、障害の詳細な根本原因の調査を行った後、再発防止策を実施する予定です。2016/07/22

    Enterprise Dashboardを開くと「契約応答日」が表示される皆様へお知らせです。Enterprise Dashboardでは一時的にバリューインセンティブプログラム(VIP)でご購入をいただきましたCreative Cloudグループ版が表示されております。Creative Cloudエンタープライズ版をご利用になられる場合には下記の手順で切り替えをお願いします。

    1. 画面右上の人アイコンをクリックします。2. Creative Cloudエンタープライズ版で利用している組織名を選択します。

     

    2016/07/21

    問題:Enterprise Dashboardのシステム管理者の登録が一時的にできなくなっています。エラーメッセージ「指定したグループは無効です。」が表示されます。回避方法は以下となっております。お手数をお かけいたしますがご対応をお願いいたします。

     

    2016/07/22 問題を修正いたしました。

    1. 既存のシステム管理者がユーザーを新規追加します。その際に製品および管理権限は選択しません。
    2. ユーザーへ招待のメールが数分で届きます。ユーザーはメールにあるリンクをクリックして招待を承認します。
    3. 既存のシステム管理者はEnterprise Dashboardのツール / 管理者権限 へ移動します。
    4. 追加ボタン(+)をクリツクして、ユーザーを管理者に追加します。CAUIP-347
    アップデート情報1. Photoshop Camera Raw 9.6.1(CC) アップデート

    Photoshop CC に同梱されている Camera Raw プラグインに更新します。 新しいカメラモデル対応の Raw サポートが追加されます。

    2. Experience Design CC (Preview) (MAC) (0.5.10)

    Adobe Experience Design CC (Preview) アップデート : 各リリースでは、お客様のフィードバックに基づいて、新機能の追加や、既存の機能の調整により Adobe XD を強化します。製品を引き続きご利用いただくため、アップデートは 30 日以内にインストールする必要があります。このアップデートは、英語版、フランス語版、ドイツ語版、日本語版のみご利用いただけます。2016/07/19回避方法がない問題を2つご紹介します。

    1. 文字に適用したオブジェクト効果が PDF/X-4 形式で保存すると失われる(InDesign CS6/CC) https://helpx.adobe.com/jp/indesign/kb/cq07150205.html
    2. Creative Cloud デスクトップアプリケーションの「Apps」タブに Premiere Pro CS6 が表示される(32 ビット版 Windows) https://helpx.adobe.com/jp/creative-cloud/kb/cq07150447.html

     

    2016/07/13

    お問い合わせが増えている問題をご紹介します。

    エラー: api-ms-win-crt-runtime-l1-1-0.dll が見つかりません https://helpx.adobe.com/jp/creative-cloud/kb/error_on_launch.html

    Flash Playerのセキュリティーアップデートが公開されましたAPSB16-25 – Security updates available for Adobe Flash Playerhttp://helpx.adobe.com/security/products/flash-player/apsb16-25.html

    Adobe Creative Cloud 製品におけるプロキシサポート https://helpx.adobe.com/jp/creative-cloud/kb/proxy-authentication-support-creative-cloud.h tmlサポートされるプロキシ設定のタイプにケルベロス認証が追加されました。Creative Cloud ライブラリおよび Creative Cloud デスクトップアプリケーションでサポートされています。ただし、Creative Cloud 2015 製品ではサポートされていません。

     

    2016/07/12

    Acrobat / Reader アップデーターが公開されました

    対象製品 / 対象 OS / バージョンAcrobatReader DC Classic                (WIN / MAC)      / 15.006.30198AcrobatReader DC Continuous         (WIN / MAC)      / 15.017.20050AcrobatReader XI                               (WIN / MAC)      / 11.0.17

    Acrobat DC 新機能(詳細については Acrobat の新機能 および Release Note をご覧ください)

    • Office 2016 for Mac Word のリボンメニューにアドイン追加
    • Mobile Link の機能の廃止

    Adobe Photoshop を最新に保つhttps://helpx.adobe.com/jp/photoshop/kb/uptodate.html

    *新しい情報です。Photoshop CC2015.5をダウンロードできます。

     

    2016/07/07

    CC2015 - 6月リリースにて2つの問題がありましたのでお知らせします。

    EPS ファイルがリンク配置された AI ファイルを開くと Illustrator が強制終了するhttps://helpx.adobe.com/jp/illustrator/kb/cq07040741.html

    Muse から書き出した HTML ファイルを Dreamweaver からアップロードすると正しく表示されないhttps://helpx.adobe.com/jp/muse/kb/cq07050726.html

     

    シリアル番号ライセンスをおご利用の皆様へお知らせです。

    ライセンスファイルの再作成のお願い | Creative Cloud エンタープライズ版https://helpx.adobe.com/jp/creative-cloud/kb/cq07060815.html

     

    2016/07/05

    Creative Cloud Packager 1.9.5の新機能と不具合をお知らせです。Creative Cloud Help | Creative Cloud Packager リリースノート をご覧ください。

    新機能(詳細についてリリースノートをご覧ください。)

    • 最新の Creative Cloud アプリケーションのアップデートをパッケージ化して、そのアプリケーションがインストールされていないシステムにもインストールできるようになりました。
    • Creative Cloud Packager でサポートされる言語が 2 つ追加されました。簡体字中国語と繁体字中国語の 2 つです。
    • コマンドラインを使用して個々の製品をアンインストールできるようになりました。
    • すべての Creative Cloud アプリケーションを 1 つのインストーラーとしてダウンロードできるようになりました。
    • デプロイメントダッシュボードが最適化されて、カスタマイズの所要時間が 40%短縮されました。

    不具合(回避方法についてはリリースノートをご覧ください。)

    • オーバーライドファイルをアップデートしても、Adobe Creative Cloud デスクトップアプリケーションでオーバーライドファイルのアップデートされたリダイレクト URL が取得されず、ダウンロードエラーが表示される。
    • パッケージを使用してインストールした Creative Cloud アプリケーションを起動すると、「お使いのコンピューターに api-ms-win-crt-runtime-l1-1-0.dll が見つからないため、プログラムを起動できません。この問題を解決するためプログラムを再インストールしてください」というエラーが表示されることがある。
    • Adobe Creative Cloud デスクトップアプリケーションがインストールされていない場合や、コンピューターでアプリケーションパネルが無効になっている場合に、一部のアプリケーションの最新バージョンのアップデート をヘルプメニューの「アップデート」コマンドで適用できない。

     

    2016/06/30

    【重要】Creative Cloud 2016年6月リリース関連の問題について |Adobe Community

    https://forums.adobe.com/docs/DOC-7405

     

    新しいサポート文書:Creative Cloud デスクトップアプリケーションに「Apps」が表示されない場合の対処方法

    https://helpx.adobe.com/jp/creative-cloud/kb/cq06290219.html

     

    2016/06/28

    使用上のご注意

    Enterprise Dashboardのユーザー(スナップイン)で登録したユーザーがCreative Cloudアプリ(Photohsopなど)を利用できるようになるまでに約2時間の遅れが発生しています。

     

    2016年7月21日 07:58 コピー : START

    アップデート情報(CC2016 6月リリース)

     

    2016/06/29

    【重要】Creative Cloud 2016年6月リリース関連の問題について

    2016年6月リリースのCreative Cloud製品について、現在確認されている問題点をピックアップしています。

     

    2016/06/27

    Adobe Creative Station - アドビの製品情報やクリエイティブに関する情報発信ブログ

    Ustreamを利用した放送の録画でCreative Cloud製品の役立つ使い方などなどをご紹介しております。

     


    2016/06/28

    製品情報(Enterprise Dashboard / 招待メール)

    2016/06/27

    招待したユーザーが Adobe サイトにサインインしようとすると「権限がない」と表示される

    https://helpx.adobe.com/jp/creative-cloud/kb/cq06270521.html

     


    アップデート情報(ライセンスファイル / Creative Cloud Enterprise)

    2016/06/23

    ライセンスファイルをお使いでCreative Cloud をシリアル番号ライセンス認証している場合は、Creative Cloud Packagerで新しく作成したライセンスファイルをお使いいただく事で、6月アップデートの製品をご利用いただけます。

     


    アップデート情報(Enterprise Dashboard)

    2016/06/21

    お客様からのご指摘を受け、ダッシュボードからのお問合せを頂く際のタブ表記を以下のように変更させていただきました。

     

    "ケースを開く"→ "お問い合わせ"

    "ケースを表示" → "お問い合わせ一覧"

     

    WS000036.png

     

    改善のためのご意見頂き、誠にありがとうございました。

     


    アップデート情報(製品)

    2016/06/21

    Adobe Creative Cloudアプリケーションの一部をアップデートしました。

    最新のCreative Cloudバージョン | Adobe Creative Cloud機能 http://www.adobe.com/jp/creativecloud/features.html?promoid=KQQQVBVY&mv=other

     

    2016/06/21

    Adobe Creative Cloud Packager 1.9.5 ビルド141

    2016/6/16日に、Creative Cloud Packagerのアップデートが提供されました。内容については下記リリースノートをご参考ください。

    Creative Cloud Help | Creative Cloud Packager リリースノート

     

    ※ 既知の問題 : Creative Cloud Packagerを使って最新の製品をインストールした場合、その製品を起動した際に以下のエラーが発生する事があります。

     

    「お使いのコンピューターに api-ms-win-crt-runtime-l1-1-0.dll が見つからないため、プログラムを起動できません。この問題を解決するためプログラムを再インストールしてください」

     

    この問題は Windows Update を行うことで解消します。詳しくは下記文書をご参考ください。

    エラー: api-ms-win-crt-runtime-l1-1-0.dll が見つかりません

     

     

    2016/06/17

    弊社は利用条件の更新を行いました。内容をご確認の上、同意をいただければ幸いです。

    2016_06_17_9_04.png

     

    2016/06/16

    Lightroom CC / 6 アップデート – 2016 年 6 月 (WIN) (6.6)

    今回の Lightroom CC のアップデートでは、Upright を使用して写真の角度の補正したり修正する新しい方法として、ガイド付きUpright を提供します。ガイド付き Upright は Creative Cloud メンバーのみ使用できます。このアップデートでは、バグの解消、新しいカメラとレンズのサポートにも対応しています。

     

    Photoshop Camera Raw 9.6(CC) アップデート (MAC) (9.6.126)

    Photoshop CC に同梱されている Camera Raw プラグインに更新します。 新しいカメラモデル対応の Raw サポートが追加されます。

     

    Photoshop Camera Raw 9.6(CC) アップデート (WIN) (9.6.126)

    Photoshop CC に同梱されている Camera Raw プラグインに更新します。 新しいカメラモデル対応の Raw サポートが追加されます。

     

    Lightroom CC / 6 アップデート – 2016 年 6 月 (MAC) (6.6)

    今回の Lightroom CC のアップデートでは、Upright を使用して写真の角度の補正したり修正する新しい方法として、ガイド付きUpright を提供します。ガイド付き Upright は Creative Cloud メンバーのみ使用できます。このアップデートでは、バグの解消、新しいカメラとレンズのサポートにも対応しています。

     

     

    2016/06/13

    Adobe Creative Cloudデスクトップアプリケーション 3.7.0.272

    主なアップデート項目:

    1. 今後公開するサービスに対応するための機能追加(他のサービスとの連携)

    2. アクセス制限エラーを解決するための機能追加(Hostsファイルの修正など)

    3. アプリのダウンロードなどの機能強化

     

    2016/06/9

    Adobe Dreamweaver CC 2015.3 (WIN) (機能)

    Windows 版 Dreamweaver をご利用の皆様からのフィードバックにお応えしました。このアップデートにより、Dreamweaver CC 2015.1 の使用中に Windows システムが「スリープ」モードに移行されないという問題が解決されます。

    Adobe Lightroom 2015.6

    新機能の説明はこちら https://helpx.adobe.com/jp/lightroom/help/whats-new.html

     


    セキュリティアップデート(製品)

    2016/06/15

    5つの製品について脆弱性への対応を行いした。詳細はリンクをご覧ください。日本語版については本日の夕方に公開いたします。

    APSA16-03 Security Advisory for Adobe Flash Player (事前告知)

    APSB16-19 Security Updates available for Adobe DNG SDK

    APSB16-20 Security Updates available for Adobe Brackets

    APSB16-22 Security Updates: Hotfixes available for ColdFusion

    APSB16-21 Security Updates available for Adobe Creative Cloud Desktop Application

     

    Adobe Creative Cloudデスクトップアプリケーション(Windows)をご利用の皆様へ。対策を行った脆弱性のセキュリティ緊急度は優先度3です。この優先度のアップデートは、過去に攻撃者の標的にな ったことのない脆弱性を解決します。この優先度のアップデートは、システム管理者が判断したタイミングで適用することを推奨します。

    対象バージョンは3.6.0.248です。

    最新バージョンは3.7.0.272です。自動アップデートは今週の月曜日から開始しており、すでに多くの皆様がアップデートを完了されております。

     

    バージョンの確認方法:

    Creative Cloudデスクトップアプリケーションの歯車アイコンから環境設定...を選択します。全般(タブ)にあるアプリケーションのバージョンをご覧ください。

     

    手動バージョンアップの方法:

    2つの方法があります。

    • Creative Cloudデスクトップアプリケーションからサインアウトを行います。すぐにサインインします。少しお待ち頂くとCreative Cloudデスクトップアプリケーションが再起動し、アップデートの確認画面が表示されます。
    • Creative Cloudデスクトップアプリケーションが表示されている状態で Ctrl + Alt + R キー(Windows)を押します。少しお待ち頂くとCreative Cloudデスクトップアプリケーションが再起動し、アップデートの確認画面が表示されます。

    自動アップデートを利用して常に最新版を利用すには:Creative Cloudデスクトップアプリケーションの歯車アイコンから環境設定...を選択します。全般(タブ)にあるCreative Cloud デスクトップを常に最新に保つを選択します。


    アップデート(不具合修正)

    2016/06/02

    Acrobat にて 以下の問題の修正を含んだアップデーターが配信されました。
    • Macintosh 環境で Acrobat Distiller の環境設定を開こうとするとクラッシュする

    • MacBook のトラックパックでズームを行うとフォームフィールドが表示されない

    そのほかの修正情報については Release Note をご参照ください。

     

    リリースノート :https://helpx.adobe.com/acrobat/release-note/release-notes-acrobat-reader.html

    *英語情報(現在、翻訳を行っています)

     

    製品名:更新後のバージョン:プラットフォーム

    Adobe Acrobat DC / Adobe Acrobat Reader DC(Continuous):15.016.20045:Windows

    Adobe Acrobat DC / Adobe Acrobat Reader DC(Continuous):15.016.20045:Macintosh

     

    Adobe Acrobat DC / Adobe Acrobat Reader DC(Classic)      :15.006.30174:Windows

    Adobe Acrobat DC / Adobe Acrobat Reader DC(Classic)      :15.006.30174:Macintosh

     

    スタンドアロンアップデーターの入手先:http://www.adobe.com/devnet-docs/acrobatetk/tools/ReleaseNotes/index.html

     

    御不便をおかけし誠に申し訳ございません。該当トラブルが発生しているお客様はアップデートの適用をお願いいたします。

    アップデートの適用方法:メニューのヘルプより「アップデーターの有無をチェック」から確認、

    自動アップデートを抑止した設定をご利用の場合はスタンドアロンアップデーターをダウンロードし適用してください。

     


    Acrobat / ReaderMobile Link 機能の廃止(サービス)

     

    2016/06/01

     

    2016712日をもって Adobe AcrobatAcrobat Reader に含まれるMobile Link機能については終了いたします。

     

    Mobile Link 機能はデスクトップ・モバイル上で開いた PDF を自動的にオンライン上に保存する機能ですが、

    ご利用実績が少ないことを受け、本機能の提供を終了させていただくことになりました。

    Mobile Link 機能をご利用のユーザー様については、本日、本機能の停止に関するお知らせメールを配信しております。

    また 2016 年 7 月のアップデートでユーザーインターフェイスから Moble Linki 機能の有効化 / 無効化のボタンも削除を予定しています。

     

    詳細については以下文書よりご参照ください。

     

    重要なお知らせ:Mobile Linkは2016年7月12日に終了します。

    http://m.info.adobesystems.com/nl/jsp/m.jsp?c=%40YY9itN4F12AfscrYQ6OSIllQq8Tmotyr1NIG75xBD 64%3D

     

     

    FAQ Mobile Link の廃止 | Acrobat and Reader

    https://helpx.adobe.com/jp/acrobat/kb/mobile-link-discontinued.html?trackingid=A117021&mv= email&mv=email

     

    Mobile Link 機能とは?:Mobile Link:一度開けば、どこからでも読める

    https://helpx.adobe.com/jp/acrobat/using/mobile-link.html

     


    トラブル情報(製品)

    ユーザー管理:製品プランのグループに追加したユーザーがCreative Cloudアプリケーションを起動すると体験版になる

    2016/05/25

    以下の事象について修正に着手しております。

    Enterprise Dashboardのユーザー(スナップイン)でユーザーを登録しました。そのユーザーがCreative Cloudデスクトップアプリケーションにサインインをし、Photoshop CC2015などのアプリケーションを起動すると体験版として起動します。Creative CloudデスクトップアプリケーションのAppsパネルでもボタンが体験版と表示されています。ユーザーには「<プラン名> へのアクセス権が取り消されました。」と書かれたメールが届く場合があります。

     

    Acrobat DC:Mac OS Xで環境設定を開くとAcrobat Distillerが強制終了する

    2016/05/25

    以下の事象について修正に着手しております。

    Acrobat DC:Mac OS Xで環境設定を開くとAcrobat Distillerが強制終了する:Macintosh10.11.4×Distiller が強制終了する

    現在までのところ7月までの修正を目処に問題の修正を行っております。

    問題が修正され次第、以下のURLにて修正アップデーターを配布いたします。

     

    リリースノート | Adobe Acrobat、Reader

     

    ◆追記:2016/06/02

    本事象についての修正を含んだアップデーターが配信されました。

    詳細は同記事内 6/2 更新分の「アップデート(不具合修正)」をご参照ください。

     

    御不便をおかけいたしますが、修正まで今しばらくお待ちくださいますようお願いいたします。

     


    アップデート(不具合修正)

    2016/05/19

    以下の問題の修正を含んだアップデーターが配信されました。

     

    Acrobat DC:Macintoshでプリントダイアログが表示されない:Macintoshでプリントダイアログが表示されない

     

    製品名:更新後のバージョン:プラットフォーム

    Adobe Acrobat DC / Adobe Acrobat Reader DCContinuous):15.016.20041Windows

    Adobe Acrobat DC / Adobe Acrobat Reader DCContinuous):15.016.20041Macintosh

     

    Adobe Acrobat DC / Adobe Acrobat Reader DCClassic) :15.006.30173Windows

    Adob

    e Acrobat DC / Adobe Acrobat Reader DCClassic) :15.006.30173Macintosh

     

    リリースノート :https://helpx.adobe.com/jp/acrobat/release-note/release-notes-acrobat-reader.html

    スタンドアロンアップデーターの入手先:http://www.adobe.com/devnet-docs/acrobatetk/tools/ReleaseNotes/index.html

     

    御不便をおかけいたしますが、該当トラブルが発生しているお客様はアップデートの適用をお願いいたします。

    アップデートの適用方法:メニューのヘルプより「アップデーターの有無をチェック」から確認、

    自動アップデートを抑止した設定をご利用の場合はスタンドアロンアップデーターをダウンロードし適用してください。

     


    アップデート(サービス)

    adobe.comの検索(サーチ)機能を一新しました。

    2016/05/17

    こちらの検索ページではadobe.comに含まれているコンテンツ、フォーラムの投稿、サポートからの技術情報などに絞って検索が可能です。従来よりも早くて正確な検索が可能です。ぜひご利 用ください。

    アドビサポート

     

    例:Creative Cloudに関係するヘルプを新着順で検索するにはこのようにします。

    検索結果

    2016年7月21日 07:58 コピー : END

     

     

    2016年5月26日 07:20 コピー : START

    トラブル情報(製品)

    2016/05/25

    以下の事象について修正に着手しております。

     

         Acrobat DC:Mac OS Xで環境設定を開くとAcrobat Distillerが強制終了する:Macintosh10.11.4×Distiller が強制終了する

     

         現在までのところ7月までの修正を目処に問題の修正を行っております。

         問題が修正され次第、以下のURLにて修正アップデーターを配布いたします。

     

          リリースノート | Adobe Acrobat、Reader

     

         御不便をおかけいたしますが、修正まで今しばらくお待ちくださいますようお願いいたします。

     


    アップデート(不具合修正)

    2016/05/19

    以下の問題の修正を含んだアップデーターが配信されました。

     

    Acrobat DC:Macintoshでプリントダイアログが表示されない:Macintoshでプリントダイアログが表示されない

     

    製品名:更新後のバージョン:プラットフォーム

    Adobe Acrobat DC / Adobe Acrobat Reader DCContinuous):15.016.20041Windows

    Adobe Acrobat DC / Adobe Acrobat Reader DCContinuous):15.016.20041Macintosh

     

    Adobe Acrobat DC / Adobe Acrobat Reader DCClassic) :15.006.30173Windows

    Adobe Acrobat DC / Adobe Acrobat Reader DCClassic) :15.006.30173Macintosh

     

    リリースノート :https://helpx.adobe.com/jp/acrobat/release-note/release-notes-acrobat-reader.html

    スタンドアロンアップデーターの入手先:http://www.adobe.com/devnet-docs/acrobatetk/tools/ReleaseNotes/index.html

     

    御不便をおかけいたしますが、該当トラブルが発生しているお客様はアップデートの適用をお願いいたします。

    アップデートの適用方法:メニューのヘルプより「アップデーターの有無をチェック」から確認、

    自動アップデートを抑止した設定をご利用の場合はスタンドアロンアップデーターをダウンロードし適用してください。

     


    アップデート(サービス)

    adobe.comの検索(サーチ)機能を一新しました。

    2016/05/17

    こちらの検索ページではadobe.comに含まれているコンテンツ、フォーラムの投稿、サポートからの技術情報などに絞って検索が可能です。従来よりも早くて正確な検索が可能です。ぜひご利 用ください。

    アドビサポート

     

    例:Creative Cloudに関係するヘルプを新着順で検索するにはこのようにします。

    検索結果

     

    CSV読み込みの結果をダウンロートできるようになりました。

    2016/05/09

    「レポートを表示」をクリックして読み込み操作の詳細レポートを表示のみができましたが、本日からはレポートは、ダウンロードしてオフラインで表示することも、記録として残しておくこともでき ます。 https://helpx.adobe.com/jp/enterprise/help/users.html

     


    トラブル情報(サービス)

     

    Acrobat 製品のダウンロード(Webページ)でインストーラーがダウンロードできない

    2016/05/09

    現在、日本のダウンロード用ページのリンクが全て HTTPS となっているためにWebブラウザによってダウンロードがブロックされます。

    この問題は一時的なものです。現在修正に着手しています。

     

    AcrobatDC,およびXIのインストーラは、英語、日本語共通のものですので、下記USのページからダウンロードしてご利用ください。

    ※継続トラック版は下記になります。

     

    ストレージが0GBプランのIDでCreative Cloud デスクトップアプリケーションにサインインすると、Appsタブに「以前のバージョン」が表示されない

    2016/03/22本件は弊社でも把握しており、修正に取り組んでいる次第でございます。この件につきまして、皆様にご不便をおかけしております点、まずはお詫び申し上げます。回避方法としまして、WEB上から直接製品をダウンロードする方法を提案させていただいております。

    上記サイトより各製品をダウンロードできますので、ご不便をおかけいたしますがこちらをご利用ください。

    インストール時にシリアル番号入力画面が出るようでしたら、「体験版」もしくは「試用」でインストールして下さい。その後、ユーザー様のIDでサインインしなおすことでご利用いただけます。

     

    2016/04/08

    追加情報:この問題の修正を5月末までの完了を目指しています。

     

    2016/05/15

    追加情報:問題を修正いたしました。問題が発生していたお客様のCreative Cloud デスクトップアプリケーションを読み込み直すことで、Appsタブから「以前のバージョン」を表示できるようになっています。

    読み込み直すには、Creative Cloud デスクトップアプリケーションの右上歯車マークから「アプリケーションのアップデートを確認」をクリックします。

     


    アップデート(製品)

    2016/05/10

    Adobe Acrobat / Adobe Acrobat Reader

    新機能の追加 / セキュリティが含まれたアップデートが公開されました。

     

     

    製品名:更新後のバージョン:プラットフォーム

    Adobe Acrobat DC / Adobe Acrobat Reader DCContinuous):15.016.20039Windows

    Adobe Acrobat DC / Adobe Acrobat Reader DCContinuous):15.016.20039Macintosh

     

    Adobe Acrobat DC / Adobe Acrobat Reader DCClassic) :15.006.30172Windows

    Adobe Acrobat DC / Adobe Acrobat Reader DCClassic) :15.006.30172Macintosh

     

    Adobe AcrobatXI / Adobe Reader XI : 11.0.16 Windows

    Adobe AcrobatXI / Adobe Reader XI : 11.0.16 Macintosh

     

    新機能の概要

    https://helpx.adobe.com/jp/acrobat/using/whats-new.html

     

    リリースノート :https://helpx.adobe.com/jp/acrobat/release-note/release-notes-acrobat-reader.html

    スタンドアロンアップデーターの入手先:http://www.adobe.com/devnet-docs/acrobatetk/tools/ReleaseNotes/index.html


    セキュリティーアップデート(脆弱性)

    Security Updates Available for Adobe Acrobat and Reader Release date: May 5, 2016 Last Updated: May 10,2016 Vulnerability identifier: APSB16-14 Priority: 2

     

    Security Update: Hotfixes available for ColdFusion Release date: May 10, 2016 Vulnerability identifier: APSB16-16 Priority: 2 CVE numbers: CVE-2016-1113, CVE-2016-1114, CVE-2016-1115 Platforms: All

     

    Security Advisory for Adobe Flash Player Release date: May 10, 2016 Vulnerability identifier: APSA16-02 CVE number: CVE-2016-4117 Platforms: Windows, Macintosh, Linux and Chrome OS

     


    アップデート(製品)

    今週リリースされた Creative Cloud 製品のアップデートは次のとおりです。

    2016/05/05  

    Lightroom CC/6 アップデート – 2016 年 4 月 (MAC) (バグ修正)   

    Lightroom アップデートでは、各種バグを修正し、新しいカメラ 2 機種のサポートを追加しました。   

    Photoshop Camera Raw 9.5.1(CC) アップデート (WIN) (バグ修正)   

    Photoshop CC に同梱されている Camera Raw プラグインに更新します。 新しいカメラモデル対応の Raw サポートが追加されます。   

    Lightroom CC/6 アップデート – 2016 年 4 月 (WIN) (バグ修正)   

    Lightroom アップデートでは、各種バグを修正し、新しいカメラ 2 機種のサポートを追加しました。   

    Photoshop Camera Raw 9.5.1(CC) アップデート (MAC) (バグ修正)   

    Photoshop CC に同梱されている Camera Raw プラグインに更新します。 新しいカメラモデル対応の Raw サポートが追加されます。    アップデートをデプロイするための複数のオプションが用意されています。詳しくは、ヘルプページ < http://www.adobe.com/go/learn_cc_update_overview_jp >を参照してください。


    情報(製品)

    QuickTime Windows版のサポート終了について

    2016/04/18

    アップル社によるQuickTime Windows版のセキュリティアップデート提供終了に伴う、合衆国コンピューター緊急事態対策チームによるアンインストール推奨情報、およびその影響について、英語版ブログで記事が公開されました。

    QuickTime Windows版のサポート終了について | Adobe Creative Station

     


     


    2016年5月26日 07:20 コピー :END

     

     

     

     

    2016年5月6日 16:00 コピー:START

    アップデート(製品)

    今週リリースされた Creative Cloud 製品のアップデートは次のとおりです。

    2016/05/05 

    Lightroom CC/6 アップデート – 2016 年 4 月 (MAC) (バグ修正)  

    Lightroom アップデートでは、各種バグを修正し、新しいカメラ 2 機種のサポートを追加しました。  

    Photoshop Camera Raw 9.5.1(CC) アップデート (WIN) (バグ修正)  

    Photoshop CC に同梱されている Camera Raw プラグインに更新します。 新しいカメラモデル対応の Raw サポートが追加されます。  

    Lightroom CC/6 アップデート – 2016 年 4 月 (WIN) (バグ修正)  

    Lightroom アップデートでは、各種バグを修正し、新しいカメラ 2 機種のサポートを追加しました。  

    Photoshop Camera Raw 9.5.1(CC) アップデート (MAC) (バグ修正)  

    Photoshop CC に同梱されている Camera Raw プラグインに更新します。 新しいカメラモデル対応の Raw サポートが追加されます。    アップデートをデプロイするための複数のオプションが用意されています。詳しくは、ヘルプページ <http://www.adobe.com/go/learn_cc_update_overview_jp >を参照してください。

    Creative Cloud Assets(ファイル、モバイル、ライブラリ)に検索機能を追加

    2016/04/27

     

    Creative Cloudデスクトップアプリケーション(3.6.0.248)のアップデート

    2016/04/12

    このアップデートではについてはニュースリリースをご確認ください。 Creative Cloud ヘルプ | Adobe Creative Cloud デスクトップアプリケーションのリリースノート

    アップデート中にエラーが発生した場合には以下の手順をお試しください。

    A. キャンセルボタンを押して、もう一度アップデートを行います。アップデートはサインアウト〜サインインで開始されます。

    B. サインアウト〜サインインを何度か試してもアップデートが成功しない場合にはパソコンを再起動します。

    ccda1001.png

     

    Adobe After Effects CC 2015.2(13.7.2)のアップデート (MAC)

    2016/04/06

    このアップデートでは、多数のバグ修正といくつかの新機能を提供しています。詳細については、http://adobe.ly/DVA_updates を参照してください。


    トラブル情報(サービス)

    Enterprise Dashboardのユーザースナップインが表示されない(エラーBad Request)

    2016/04/27

    Enterprise Dashboardのユーザー(スナップイン)を表示しようとするとBad Requestエラーが表示されることがあります。この問題は最新のGoogle Chromeをご利用の場合に発生する割合が高いようです。エンジニアは調査を開始しておりますが、解決に至っておりません。問題が発生した場合には下記の一時的な回避方法(いずれか)をお 試しください。

    1. Webブラウザーのキャッシュをクリアします。

    2. 他のWebブラウザーを利用します。

     

    ストレージが0GBプランのIDでCreative Cloud デスクトップアプリケーションにサインインすると、Appsタブに「以前のバージョン」が表示されない

    2016/03/22

    本件は弊社でも把握しており、修正に取り組んでいる次第でございます。この件につきまして、皆様にご不便をおかけしております点、まずはお詫び申し上げます。

    回避方法としまして、WEB上から直接製品をダウンロードする方法を提案させていただいております。

    上記サイトより各製品をダウンロードできますので、ご不便をおかけいたしますがこちらをご利用ください。インストール時にシリアル番号入力画面が出るようでしたら、「体験版」もしくは「試用」でインストールして下さい。その後、ユーザー様のIDでサインインしなおすことでご利用いただけます。2016/04/08追加情報:この問題の修正を5月末までの完了を目指しています。


    情報(製品)

    QuickTime Windows版のサポート終了について

    2016/04/18アップル社によるQuickTime Windows版のセキュリティアップデート提供終了に伴う、合衆国コンピューター緊急事態対策チームによるアンインストール推奨情報、およびその影響について、英語版ブログで記事が公開されました。QuickTime Windows版のサポート終了について | Adobe Creative Station

    出力の手引き 2016.1

    2016/04/14印刷に関係する皆様に今年の1月にAdobe Creative Stationで公開された記事をご紹介します。安全なデータ運用と出力のための情報、2016年版です。 出力の手引き 2016.1 | Adobe Creative Station 主な内容:

     


     

    最近公開または更新した文書 | Enterprise Support Japan

    2016/04/153月分を掲載しました。https://helpx.adobe.com/jp/creative-cloud/kb/cq03010506.html


    セキュリティアップデート

     

    Creative Cloudデスクトップアプリケーション

    2016/04/13

    脆弱性が発見されたため、アドビでは緊急の対応を行い、アップデートを配信いたします。Creative Cloud をご利用されているユーザーの皆様にて最新バージョンへのアップデートが必要となりますので、管理者各位には大変お手数をおかけいたしますが、ユーザーの皆様へ告知、ご対応をお願いいたしま す。

    なお、アップデートは昨日の夕方より自動的に開始しております。すでに足新バージョンへの更新が完了しているユーザーの方が多数いらっしゃいます。

    最新バージョン:3.6.0.248(バージョンはCreative Cloud デスクトップアプリの「環境設定」で確認できます)

    今回の脆弱性の優先度 = 2今回の脆弱性の緊急度 = 重要詳細はこちらをご参照ください。

    セキュリティ緊急度

    https://helpx.adobe.com/jp/security/severity-ratings.html

     

    お客様にご不便をおかけしますが、なにとぞご理解いただきますようお願い申し上げます。

    追加情報:自動的に最新バージョンへアップデートには環境設定で「Creative Cloud デスクトップを常に最新に保つ」をお選びください。

    脆弱性や新機能、不具合の修正に対応した最新バージョンを常にご利用いただけます。

    https://helpx.adobe.com/jp/creative-cloud/help/manage-apps-services-desktop.html#topic-10

    Security updates available for Adobe Flash Player

    Release date: April 7, 2016Vulnerability identifier: APSB16-10Adobe Security Bulletin


    アンケートメール送信のお知らせ

    2016/04/11

    • 名称: 教育者向けコミュニティーに関するアンケート
    • 実施期間: 2016年4月11日(月)から4月16日(土)午前2時まで(予定)
    • 使用するドメイン: https://jp.surveymonkey.com/

    弊社製品をご登録いただいているお客様の中の一部の皆様へご協力依頼のメールを直接お送りしております。

    このアンケートに関する詳しい情報は、別途お送りしたご協力依頼のメールをご参照願います。

    お時間がございましたらご協力を賜りますようお願い申し上げます。

     


    アップデート(サービス)

    Enterprise DashboardのURLを変更

    2016/04/08

    これまでのURL( https://aedash.adobe.com )を https://adminconsole.adobe.com/enterprise に変更いたします。今後はこちらのURLへのアクセスも必要となりますのでセキュアなネットワークを構築されております皆様にはお手数ではありますがホワイトリストへの追加をお願いいたしま す。

     

    A new service entitlement is now available in the Adobe Enterprise Dashboard

    2016/04/05

    本日、Enterprise Dashboardのシステム管理者の皆様へ上記のタイトルでメールを送信させていただきました。内容について補足させていただきます。新しく追加となったサービスはAdobe Experience Design CC(Preview)で利用可能なShared Onlineサービスです。この度、コンプリートプラン - 2GB(英語表記はAll Apps plan - 2 GB)をご利用のユーザーの方がEnterprise IDまたはFederated IDでも利用可能になったことをお知らせする目的で送信いたしました。

    お詫び:製品プランがコンプリートプラン - 2GB以外の方はまだShared Onlineサービスが利用できませんが、誤ってご利用中の全てのプランについてのお知らせをメールしてしまいました。訂正してお詫びいたします。0GBプラン、単体プラン、マネージドサー ビスプランでは引き続きご不便をおかけします。

    Screen Shot 2016-04-05 at 10.15.46.png

    Screen Shot 2016-04-05 at 10.17.31.png

    2016年5月6日 16:00 コピー:END

     

    2016年4月07日 9:00 コピー:START

    アップデート

    A new service entitlement is now available in the Adobe Enterprise Dashboard

    2016/04/05

    本日、Enterprise Dashboardのシステム管理者の皆様へ上記のタイトルでメールを送信させていただきました。内容について補足させていただきます。新しく追加となったサービスはAdobe Experience Design CC(Preview)で利用可能なShared Onlineサービスです。この度、コンプリートプラン - 2GB(英語表記はAll Apps plan - 2 GB)をご利用のユーザーの方がEnterprise IDまたはFederated IDでも利用可能になったことをお知らせする目的で送信いたしました。

    お詫び:製品プランがコンプリートプラン - 2GB以外の方はまだShared Onlineサービスが利用できませんが、誤ってご利用中の全てのプランについてのお知らせをメールしてしまいました。訂正してお詫びいたします。0GBプラン、単体プラン、マネージドサー ビスプランでは引き続きご不便をおかけします。

    Screen Shot 2016-04-05 at 10.15.46.png

    Screen Shot 2016-04-05 at 10.17.31.png

    After Effects CC 2015 13.7.1

    2016/3/31

    <Mac環境でRED素材をご利用の皆様へご注意>

     

    After Effects CC 2015 13.7.1アップデートの不具合により、Mac環境でアップデート適用後にRED素材(R3Dファイル)の読み込みができない、既存のプロジェクトで読み込まれていたR3Dファイルがリン ク切れするなどの問題が発生しています。13.6からのアップデート適用前に、以下の手順をご実行いただきますよう、お願いいたします。

     

    1. 13.7.1アップデート適用前に、アプリケーションフォルダ内のAfter Effects CC 2015/ After EffetsCC 2015の実行ファイルをControlキーを押しながらクリックし、「パッケージの内容を表示」を選択します。

     

    2. 以下の二つのファイルを、コピーし、デスクトップ等の別の場所に保存しておきます。

        /Contents/ImporterREDServer.app

        /Contents/Plug-Ins/(MediaCore)/ImporterRED.bundle

     

    3. After Effects CC 2015 13.7.1のアップデートを適用します。

     

    4. 13.7.1 アップデート適用後に、アプリケーションフォルダ内のAfter Effects CC 2015/ After EffetsCC 2015の実行ファイルをControlキーを押しながらクリックし、「パッケージの内容を表示」を選択します。

     

    5. 「ImporterREDServer.app」および「ImporterRED.bundle」を、それぞれ元と同じ場所に(上書き)ペーストします。

     

    この問題は、MacOSX環境でのみ、発生します。

    RED素材をご使用にならない場合は、必ずしも上記手順を行う必要はありません。

     

    2016/03/27

    この13.7.1マイナーアップデートでは、以下の点が修正されています。

    • Mac OSX 10.11(El Capitan)で、タイムラインパネル上のタイムインジケーターを表示されているとキャッシュプレビューのリアルタイム再生が遅くなる問題が解消されました。
    • ACES用プロファイル、ARRI Wide Color Gamut などがインストールされることで、13.6アップデートによってこれらのカラープロファイルが削除されてしまう問題が解消されました。
    • Mac OSX 10.10.0および、10.10.1環境でAfter Effectsを起動すると、クラッシュする前にMac OSX 10.10.5にアップデートするよう警告を出すようになりました。クラッシュを避けるには、Mac OSX を10.10.5にアップデートしてください。

    また、以下の新機能が追加されています。

    • 静止画シーケンスの読み込み(特にネットワークドライブからの読み込み)がより速くなりました。環境設定/読み込み設定で、静止画シーケンス読み込みのオプションに「個々のファイルを確認(低 速)」が加わり、これがオフの時、静止画シーケンス読み込みの際に個々の静止画ファイルの二次確認を行わないため、読み込みが速くなります(デフォルトではオフになっています)。

    製品トラブル情報

    「暗号化キーの作成中にエラーが発生しました。」により暗号化キーを有効にできない

    2016/03/25 10:30Enterprise DashboardのID(スナップイン)にある暗号化キーの管理で「暗号化キーを有効にする」ボタンをクリックしてもエラーにより有効にできません。この問題を解決するためにエンジニアは 既に対応を開始しております。

    ストレージが0GBプランのIDでCreative Cloud デスクトップアプリケーションにサインインすると、Appsタブに「以前のバージョン」が表示されない

    2016/03/22本件は弊社でも把握しており、修正に取り組んでいる次第でございます。この件につきまして、皆様にご不便をおかけしております点、まずはお詫び申し上げます。回避方法としまして、WEB上から直接製品をダウンロードする方法を提案させていただいております。

    上記サイトより各製品をダウンロードできますので、ご不便をおかけいたしますがこちらをご利用ください。インストール時にシリアル番号入力画面が出るようでしたら、「体験版」もしくは「試用」でインストールして下さい。その後、ユーザー様のIDでサインインしなおすことでご利用いただけます。

     

    Enterprise ID でサインインしているCreative Cloud のCS6製品が、体験版として起動する

    2016/03/15

    この問題について、至急調査を始めております。状況がわかり次第、本文書を更新致します。

     

    2016/03/15 16:22

    一時的な回避方法として「CS6アプリケーションの起動は、アプリケーションのアイコンまたはWindowsのアプリケーション一覧から行ってください。」または Mac OSの場合には何度か繰り返してサインインを行うことでCS6アプリが利用できることがあります。3-5回位のサインインをお試しください。

     

    2016/03/15 17:30

    Mac OSについて:問題を修正いたしました。弊社サーバーに登録されているCS6情報を修正いたしました。お客様にはお手数をおかけしますがCreative Cloudデスクトップアプリケーションからサインアウトとサインインをお願い致します。

    Windowsについて:問題を修正いたしましたが、CS6を起動するときにサインイン画面が表示されます。サインインボタンを押して頂ければCS6アプリケーションはきちんと利用できます。お客様にはお手数をおかけしますがCreative Cloudデスクトップアプリケーションからサインアウトとサインインをお願い致します。


    アップデート

    Dreamweaver CC 2015.2

    2016/03/23

    このアップデートでは、DOM パネル、CC Libraries などが機能強化されます。DOM パネルで、パネル内の複数の HTML エレメントを同時に操作(コピー、ペースト、移動、折り返し、削除)したり、Add または Edit タグを操作したりできるようになりました。CC Libraries の使用時に、Web に最適化された Illustrator から SVG ファイルにアクセスして使用できます。新規ドキュメントダイアログで使用できるようになった新しい電子メールスターターテンプレートを利用して、HTML 電子メールのデザインにすばやく取りかかれます。

    また、Dreamweaver と最新の CEF との統合により、ライブビューでのレンダリングがより正確になりました。

     

    Photoshop Camera Raw 9.5(CC) アップデート

    2016/03/23

    Photoshop CC に同梱されている Camera Raw プラグインに更新します。 新しいカメラモデル対応の Raw サポートが追加されます。

     

    Lightroom CC/6 アップデート – 2016 年 3 月

    2016/03/23

    12 台の新しいカメラと 75 を超える新しいレンズの Raw ファイルをサポート。 センサーダストが写真の様々な場所に写ってしまい、すばらしいパノラマ写真が台無しになってしまうと心配していますか?心配ありません。1 画像に写るセンサーダストを除去してからパノラマ結合が行われます。 後続処理もすべて Lightroom で行えます。 多くのバグを解消して、境界線ワープがさらに改善されました。 「自動」投影オプションを撤廃しました。その結果、同じ投影モードが常に選択されます。 同期に関する様々なエラーを解消しました。LightroomiOS アプリと Android アプリの同期がより速くなりました。 ルーペ表示の画像間をマウスでスクロールする機能を復元しました(大変失礼しました。こちらを最初にお伝えすべきでした。 スライドショーを高解像度で表示する機能を復元しました。スライドショーが予想よりも低い解像度で表示されるバグを解消しました。参照用のブックを作成します。ブックモジュールでより速く参 照できるように、スクロールバーを復元しました。

    Lightroom CC 2015.5

    2016/03/17Lightroom CC 2015.5 now available

     

    Adobe Dreamweaver CC 2015.2(2016 年 3 月リリース)

    2016/03/17Dreamweaver CC の最新リリース(2015.1)の新機能。


    最近公開した文書 | Acrobat をデプロイメントする

    2016/03/23Acrobat ヘルプ | Acrobat をデプロイメントするための準備Customization Wizard を使用して、デプロイメント用の Acrobat パッケージを作成することができます。Customization Wizard の入手方法や基本的な使用方法については、以下の文書を参照してください。

    Customization Wizard は非常に多機能なツールで、Acrobat に関する様々な設定をカスタマイズできます。より詳細な設定方法については、以下の各文書を参照してください。


     

    最近公開した文書 | Enterprise Support Japan

    2016/03/23

    https://helpx.adobe.com/jp/creative-cloud/kb/cq03010506.html


     

    お知らせ

    Creative Cloudアプリケーションのアップデート情報を管理者へ送信

    3月18日

    製品プランのグループの管理者に登録されている方へメールでCreative Cloudアプリケーションのアップデート情報を送信するようにいたします。ご不要の方は通知の設定をオフに設定していただけると助かります。

    スクリーンショット 2016-03-18 10.05.26.png


     

    アップデート

    Dreamweaver CC 2015.2

    2016/03/23

    このアップデートでは、DOM パネル、CC Libraries などが機能強化されます。DOM パネルで、パネル内の複数の HTML エレメントを同時に操作(コピー、ペースト、移動、折り返し、削除)したり、Add または Edit タグを操作したりできるようになりました。CC Libraries の使用時に、Web に最適化された Illustrator から SVG ファイルにアクセスして使用できます。新規ドキュメントダイアログで使用できるようになった新しい電子メールスターターテンプレートを利用して、HTML 電子メールのデザインにすばやく取りかかれます。また、Dreamweaver と最新の CEF との統合により、ライブビューでのレンダリングがより正確になりました。

     

    Photoshop Camera Raw 9.5(CC) アップデート

    2016/03/23

    Photoshop CC に同梱されている Camera Raw プラグインに更新します。 新しいカメラモデル対応の Raw サポートが追加されます。  

     

    Lightroom CC/6 アップデート – 2016 年 3 月

    2016/03/23

    12 台の新しいカメラと 75 を超える新しいレンズの Raw ファイルをサポート。 センサーダストが写真の様々な場所に写ってしまい、すばらしいパノラマ写真が台無しになってしまうと心配していますか?心配ありません。1 画像に写るセンサーダストを除去してからパノラマ結合が行われます。 後続処理もすべて Lightroom で行えます。 多くのバグを解消して、境界線ワープがさらに改善されました。 「自動」投影オプションを撤廃しました。その結果、同じ投影モードが常に選択されます。 同期に関する様々なエラーを解消しました。Lightroom

    iOS アプリと Android アプリの同期がより速くなりました。 ルーペ表示の画像間をマウスでスクロールする機能を復元しました(大変失礼しました。こちらを最初にお伝えすべきでした。 スライドショーを高解像度で表示する機能を復元しました。スライドショーが予想よりも低い解像度で表示されるバグを解消しました。参照用のブックを作成します。ブックモジュールでより速く参 照できるように、スクロールバーを復元しました。

    Lightroom CC 2015.5

    2016/03/17

    Lightroom CC 2015.5 now available

     

    Adobe Dreamweaver CC 2015.2(2016 年 3 月リリース)

    2016/03/17

    Dreamweaver CC の最新リリース(2015.1)の新機能。


     

    新製品情報

    Adobe Experience Design CC (Preview 1)

    2016/03/16

    アドビの新しいUXデザインツール、Adobe XD (Preview 1) 登場!使い方をクイックに解説

    Adobe Creative Station https://blogs.adobe.com/creativestation/web-how-to-play-with-adobe-xd


     

    セキュリティアップデート

    Adobe Flash Player

    2016/03/11

    Vulnerability identifier: APSB16-08

    Adobe Security Bulletin

     

    Adobe Acrobat / Adobe Acrobat Reader

    製品名:更新後のバージョン:プラットフォーム

    2016/03/08

    Adobe Acrobat DC / Adobe Acrobat Reader DCContinuous):15.010.20060Windows

    Adobe Acrobat DC / Adobe Acrobat Reader DCContinuous):15.010.20060Macintosh

     

    Adobe Acrobat DC / Adobe Acrobat Reader DCClassic):15.006.30121Windows

    Adobe Acrobat DC / Adobe Acrobat Reader DCClassic):15.006.30121Macintosh

     

    Adobe AcrobatXI / Adobe Reader XI : 11.0.15 :Windows

    Adobe AcrobatXI / Adobe Reader XI : 11.0.15 :Macintosh

     

    リリースノート:Release Notes | Adobe Acrobat, Reader https://helpx.adobe.com/acrobat/release-note/release-notes-acrobat-reader.html

    アップデートの入手先:http://www.adobe.com/devnet-docs/acrobatetk/tools/ReleaseNotes/index.html

     

     

    2016年3月18日 9:00 コピー:START

     

    アップデート

    Lightroom CC 2015.5

    2016/03/17

    Lightroom CC 2015.5 now available

     

    Adobe Dreamweaver CC 2015.2(2016 年 3 月リリース)

    2016/03/17

    Dreamweaver CC の最新リリース(2015.1)の新機能。

     

    Prelude CC (2015.3)

    2016/03/16

    このリリースでは、オーディオチャンネル出力の環境設定が追加されています。

     

    InDesign CC 2015

    2016/03/16

    内容:このアップデートには、スタイルオーバーライドハイライト機能、Publish Onlineの拡張機能、書き出したPDF(印刷用)の言語を指定するオプションなどが含まれています。

    2016/02/23

    内容:Adobe InDesign CC 2015 用 Adobe Experience Manager Mobile Desktop Tools : Adobe InDesign CC 2015 用の Adobe Experience Manager Mobile Desktop Tools をアップデートします。

     

    Adobe Animate CC2015.1|2016年3月

    2016/03/09

    HTML5キャンバステンプレートとAIRアンドロイドの新しいアイコンについての機能強化。不具合の修正。詳細情報は現在英語のみとなっております。現在、翻訳中です。お待ちください。

    New features summary for Adobe Animate CC

     

    Creative Cloudデスクトップアプリケーション

    バージョン 3.5.1.209

    2016/02/11

    Creative Cloud デスクトップアプリケーションのアップデート情報


     

    新製品情報

    Adobe Experience Design CC (Preview 1)

    2016/03/16

    アドビの新しいUXデザインツール、Adobe XD (Preview 1) 登場!使い方をクイックに解説

    Adobe Creative Station https://blogs.adobe.com/creativestation/web-how-to-play-with-adobe-xd


     

    製品トラブル情報

    Enterprise ID でサインインしているCreative Cloud のCS6製品が、体験版として起動する

    2016/03/15

    この問題について、至急調査を始めております。状況がわかり次第、本文書を更新致します。

    2016/03/15 16:22

    一時的な回避方法として「CS6アプリケーションの起動は、アプリケーションのアイコンまたはWindowsのアプリケーション一覧から行ってください。」または Mac OSの場合には何度か繰り返してサインインを行うことでCS6アプリが利用できることがあります。3-5回位のサインインをお試しください。

    2016/03/15 17:30

    Mac OSについて:問題を修正いたしました。弊社サーバーに登録されているCS6情報を修正いたしました。お客様にはお手数をおかけしますがCreative Cloudデスクトップアプリケーションからサインアウトとサインインをお願い致します。

    Windowsについて:問題を修正いたしましたが、CS6を起動するときにサインイン画面が表示されます。サインインボタンを押して頂ければCS6アプリケーションはきちんと利用できます。お客様にはお手数をおかけしますがCreative Cloudデスクトップアプリケーションからサインアウトとサインインをお願い致します。

     

    シリアル番号でライセンス認証された InDesign CC 2015 を起動すると、最初の画面に「0日で有効期限切れ」と表示される。

    2016/03/02

    この問題は今後のアップデートにて修正される予定となっております。

    この問題は InDesign CC 2015 の表示のみの不具合となっており、製品利用に関しましては問題なくご利用いただけます。

    (同一のマシン上の他の Creative Cloud 製品が正常にシリアル番号ライセンスで認証されていることをご確認ください。)

     

    「以前のバージョンを表示」が表示されない

    2016/03/02

    ここ数日で複数のお客様よりCreative CloudデスクトップアプリケーションのAppsパネルで「以前のバージョンを表示」が表示されないとのご連絡をいただきました。この現象の原因については優先度を高くして調査を行ってお ります。原因、解決方法などの有効な情報についてはわかり次第お伝えいたします。今しばらくお待ちください。

    以前のバージョンを表示についてはこちらの文書をご覧ください https://helpx.adobe.com/jp/creative-cloud/kb/cq03010506.html

     

    Creative Cloud Packager のバージョン1.9.2、またはそれ以前のバージョンは利用できなくなります。

    2016/03/03

    古いバージョンのCCP(Creative Cloud Packager)へのログイン認証に使用する弊社の認証サーバーが3月15日を持って終了いたします。

    このため、CCP 1.9.2またはそれ以前のバージョンをお使いのお客様は、この日以降CCPを利用できなくなります。

     

    CCP1.9.2またはそれ以前のバージョンで作成したインストール用パッケージについては、新しいバージョンのCCPで編集することはできませんが、3月15日以降もパッケージ本体は問題な くご利用いただけます。

     

    Creative Cloud Packager「パッケージの編集」について

    2016/02/12

    バージョン 1.9.3 より発生している既知の問題点は、現行の1.9.4 でも発生することを確認致しました。

    問題:CCP のバージョンが 1.9.3 より前のものを使ってパッケージを作成した後、CCP 1.9.3 を使って変更しようとすると、パッケージの変更が失敗する。

    詳しくは下記文書の「パッケージの編集について」をご参考ください。

    Creative Cloud Packager


     

    お知らせ

    メンテナンスのお知らせ:User Management SDK/ API Key

    3月14日(月)17時から15日(火)16時までの間はメンテナンスのためにUser Management SDKで新しいAPIキーの作成ができません。それ以外の作業は通常通りに可能です。

     

    Adobe Master Term Of Use(アドビ一般利用条件)の更新について

    2016/03/11

    アドビ一般利用条件を更新いたしました。皆様が弊社のサービスをご利用になられる際に「Adobe ID 利用条件」などのタイトルで表示されます。内容をご確認の上、同意(Accept)をお願いいたします。


     

    セキュリティアップデート

    Adobe Flash Player

    2016/03/11

    Vulnerability identifier: APSB16-08

    Adobe Security Bulletin

     

    Adobe Acrobat / Adobe Acrobat Reader

    製品名:更新後のバージョン:プラットフォーム

    2016/03/08

    Adobe Acrobat DC / Adobe Acrobat Reader DCContinuous):15.010.20060Windows

    Adobe Acrobat DC / Adobe Acrobat Reader DCContinuous):15.010.20060Macintosh

     

    Adobe Acrobat DC / Adobe Acrobat Reader DCClassic):15.006.30121Windows

    Adobe Acrobat DC / Adobe Acrobat Reader DCClassic):15.006.30121Macintosh

     

    Adobe AcrobatXI / Adobe Reader XI : 11.0.15 :Windows

    Adobe AcrobatXI / Adobe Reader XI : 11.0.15 :Macintosh

     

    リリースノート:Release Notes | Adobe Acrobat, Reader https://helpx.adobe.com/acrobat/release-note/release-notes-acrobat-reader.html

    アップデートの入手先:http://www.adobe.com/devnet-docs/acrobatetk/tools/ReleaseNotes/index.html


     

    Enterprise Support Japan | 最近公開した文書について

    2016/03/01

    https://helpx.adobe.com/jp/creative-cloud/kb/cq03010506.html


     

    デジタルアーツ社のよくある質問:FAQ_ID:3297:i-Filter

    2016/02/23

    デジタルアーツ社様のご協力により高度標的型攻撃にも対応したWebフィルタリングソフト「i-FILTER」を利用したネットワーク環境でCreative CloudならびにDocument Cloudを利用するための方法を公開していただきました。

    よくある質問(FAQ検索) | お客様サポート | デジタルアーツ http://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=3297

     

    2016年3月18日 9:00 コピー:END


    自動作成されたパッケージが一時的に利用できなくなっています 2016/02/24(2016/02/25 11:00現在、解決)

     

    この問題を修正と同時に自動作成されるパッケージの種類を増やしました。All Apps(コンプリートプラン)をご契約頂きました皆様には以下の自動作成パッケージをご用意いたしました。

    All Apps, Design, Adobe Illustrator, Adobe Flash Professional, Adobe Muse, Adobe Dreamweaver, Adobe Premiere Pro, Adobe Fireworks, Adobe Audition, Adobe After Effects, Video, Web, Adobe InCopy, Adobe photoshop, Adobe Prelude

     

    発生した問題:

    Enterprise Dashboardのデプロイメント(スナップイン)には自動作成されたパッケージがあります。これはお客様とのご契約に合わせてご用意させていただいたインストールパッケージですが、9: 42現在で表示されておりません。これは弊社がEnterprise Dashboardのバックエンドでのコード変更を行った影響です。エンジニアリングチームはすでに修正に着手しており早期の解決を目指しております。

     

    CCPでシリアル番号ライセンスでのインストールパッケージが作成できません 2016/02/24(17:00現在、解決)

     

    Creative Cloud Packager : エラー「このライセンスキーを検証できませんでした。」が表示されます。すでに修正に着手しており早期の解決を目指しております。