5 返信 最新の回答 日時: May 12, 2018 7:48 PM ユーザー:yoshinor10

    IE11 にて、「変換」キーが効かない問題について

    vuducmanh Level 1

      既に変換されている漢字を変換しなおしたいときは、一般的には、変換したい文字を選択し、キーボード「変換」キーを押すと、
      変換候補一覧が表示され、再度感じの変換が行えます。しかし、IE11の場合は、候補一覧が表示されていません。
      どうすれば、「変換」キーを押すことで変換候補一覧が表示されますか。

      ※Windows10 においてだけはできません

       

      使用環境

      ・IE11

      ・FlashPlayer 28.0.0.161

      ・Windows10 1607

      ・Microsoft IME

        • 1. Re: IE11 にて、「変換」キーが効かない問題について
          assause Adobe Community Professional & MVP

          Internet Explorerの話であれば、MSコミュニティのほうが適していると思いますがどうでしょうか。

          Windows 10の場合、IEおよびEdge用のFlash PlayerもWindows Updateで提供されるものになっています。

          • 2. Re: IE11 にて、「変換」キーが効かない問題について
            vuducmanh Level 1

            ご意見ありがとうございます。

            今回の事象では、FlashPlayerを使った場合のみが再現されます。
            HTMLの場合は普通に変換キーが効いていますので、原因はFlashPlayer側にある可能性が高いと思います。

            1 人が役に立つと言っています
            • 3. Re: IE11 にて、「変換」キーが効かない問題について
              ふみふみぃ Most Valuable Participant

              こんにちは

               

              Flash上で動いている何らかのアプリで変換キーが効かないのですね。

              assauseさんの回答の通り残念ながらIE11のFlashPlayerはMicrosoft社が組み込みを行っています

              また同様にIE11もIMEもMS社の製品ですので、MS社へ問い合わせた方が良いと思います。

              (Adobe側ではその組み合わせでの相性確認などはやってないと思われます)

              • 4. Re: IE11 にて、「変換」キーが効かない問題について
                assause Adobe Community Professional & MVP

                もしFlash Playerが原因と断言できるとした場合、IE以外のブラウザでも発生することが条件になってくると思います。

                ですから、IEだけではなくEdgeでも確認は必要ですし、別にFlash Playerが内包されているChrome、

                Adobeサイトから入手するFlash Playerを必要とするFirefox、少なくともすべての確認が必要になってきますし、

                あわせて日本語入力に対応する多くのサイトで起きるかどうかの情報も必要になってきます。

                 

                それがもし、IEしか発生しないとした場合であれば、これは完全にIEのみとしての、MS側への確認しかなくなります。

                • 5. Re: IE11 にて、「変換」キーが効かない問題について
                  yoshinor10 Level 1

                  こんにちは

                   

                  まだ解決していないようでしたので、調べてみたところ、おっしゃる通り、Flash コンテンツのみ、IE11で「変換」キーが効かないようです。

                  (HTML のテキストボックスでは発生しません。)

                  詳しく調べてみたところ、次のような結果になりました。

                   

                  【確認方法】

                  1.Animate CC 2017 で「テキストボックスを貼り付けたflash コンテンツ」を作成する。

                  2.IE, Edge, Chrome の各ブラウザでflash コンテンツを開き、「変換」キーを押して再変換できるか調べる。

                    (ブラウザは最新版、IMEはMSIME)

                   

                  【確認結果】

                  Windows 8.1 以降のIE, Edge で発生します。

                  最新のWindows10 1803 でも同様です。

                  Windows 7 の IE11では発生しません。

                  Chromeでも確認しましたが、どのOSでも発生しませんでした。

                   

                  OSIEEdgeChrome

                  Windows 10 1803

                  ××
                  Windows 10 1703××
                  Windows 8.1×-
                  Windows 7-

                   

                  この状況から、Flash Player と Webブラウザの相性による不具合の可能性が高いと思われます。

                  もし Creative Cloud をお持ちであれば、ご自分でも試した上で、 Adobe に直接 電話やチャット で連絡した方がよいと思います。

                   

                   

                  エンドユーザーとしては、次のような回避策があります。

                  ・Google Chromeを使う

                  ・もし、IEでないといけないのであれば、Windows 7 のPCで使用する

                   

                   

                   

                  以上、ご報告いたします。

                  1 人が役に立つと言っています