4 返信 最新の回答 日時: Jun 15, 2018 1:15 AM ユーザー:arisa12111

    設定について

    arisa12111 Level 1

      Premiere Pro初心者です。

       

      <使用してるもの>

      ・macOS High Sierra バージョン10.13.5

      ・Premiere Pro CC2018

       

      <質問>

      Premiereを使用していくつかの動画ファイル(mov/mp4)を編集、書き出し、encoreでDVDに焼く作業をしています。

      動画ファイルをタイムライン上に配置し動画ファイルを繋げるなどの作業はできるのですが、

      「プロジェクト設定、シーケンス設定、書き出し設定」がそれぞれどの設定にすればDVDデッキで再生できるファイルと

      なるのかがわかりません。

      動画編集の知識もほとんどありません。

       

      例えば、下記のようにどの選択すべきなのか教えていただけると助かります。

       

      プロジェクト設定のビデオ表示形式:タイムコード

       

       

      また、タイムラインに配置すると元の画質より粗くなってしまう現象が起きているのですが解決策はありますでしょうか?

      プログラムの右下にある画質設定は「フル画質」になっています。

       

      よろしくお願いいたします。

        • 1. Re: 設定について
          150kw Most Valuable Participant

          こんばんは、arisa12111さん

           

          >Premiereを使用していくつかの動画ファイル(mov/mp4)を編集、

          まずは基本的なことを教えてください。

          動画ファイルのシーケンスサイズ(1920×1080、または3840×2160)、インターレースかプログレッシブか、フレームレート(29.97fps、または59.94fps)を教えて ください。

           

          または、上記が分からなければ、下記スクリーンショットの提示をお願いします。

          「プロジェクト」パネルで映像素材(movとmp4の両方)の上で右クリックし、開いたコンテキストメニューから「プロパティ」を選択し、さらに開いた「プロパティ:・・・・・・・」ウィンド ウのスクリーンショット(例;下図)。

          さらに、メニューの「シーケンス」→「シーケンス設定」を選択し、開いた「シーケンス設定」ウィンドウのスクリーンショット(例;下図)。

          >encoreでDVDに焼く作業をしています。

          Blu-rayディスクではなく、DVDですよね。念のための確認です。

          1 人が役に立つと言っています
          • 2. Re: 設定について
            arisa12111 Level 1

            150kwさん

             

            ご返信ありがとうございます。

             

            ①動画ファイルのシーケンスサイズ(1920×1080、または3840×2160)、インターレースかプログレッシブか、フレームレート(29.97fps、または59.94fps)を教え て ください。

             

            ・シーケンスサイズ→1920×1080

            ・プログレッシブ

            ・フレームレート→29.97fps

            これらの設定はpremiereを教えてくださった方にこれら3つを選択するように言われました。

            あってますでしょうか?

             

            ②encoreでDVDに焼く作業をしています。

            Blu-rayディスクではなく、DVDですよね。念のための確認です。

            →DVDです。

             

            ③シーケンス設定のスクリーンショットです。

            シーケンス.png

             

            お手数でなければ簡単にカテゴリごとになぜそれらを選択するのかも合わせて教えていただけると

            助かります。

             

            これらの設定で一通りDVDに焼き、自宅、会社のデッキなどで再生できることまでは確認できているのですが、

            根本的なしくみを理解していない状況です。

            また、今週末に地方で使用するため、当日会場のデッキで再生できないなどのトラブルにならないか不安です。

             

            よろしくお願いいたします。

            • 3. Re: 設定について
              150kw Most Valuable Participant

              こんばんは

               

              情報提供有難うございます。

               

              編集は、映像素材の仕様に合わせて、器を作成しその中で行います。その器を作成することを「シーケンス設定」と言い、最近のソフトは映像素材に合わせて自動的に作成されるのが多いです。

              私も1920×1080、30pの映像素材を自動でシーケンス設定したところ、提示頂いた「シーケンス設定」ウィンドウと同じになりました。

              従って、シーケンス設定は自動で行ったと思いますので、問題ないと思います。

               

              既に、DVDの作成が終わっているとのことですが、参考のため、下記リンクからダウンロード出来る愚策マニュアル(Excelファイル)をご覧ください(ダウンロード期限;2018/6/20 )。

               

              Premiere Pro CCの書出設定とEncoreでのディスク作成

              Premiere Pro CCの書出設定 マニュアルの 1 . 2)項をご覧ください。

              Encoreでのディスク作成         マニュアルの 1 . 3)~ 7)項をご覧ください。

              Adobe Creative Cloud

               

              ◆ディスク書出CC2018

              Premiere Pro CCの書出設定の詳細説明 マニュアルの 1 . 1)~ 7) 項をご覧ください。

              Adobe Creative Cloud

               

              ※ハイビジョン編集したコンテンツをDVDに焼いた場合、大変高画質のDVDが作成されると思いがちですが、実際には文字の輪郭などはギザギザが発生し、映像品質の低下が発生します。これは1 920×1080のフレームサイズをDVDの720×480に変換するトランスコーダーの性能によるところが大きいそうです。

               

              極力映像品質劣化を防ぐには

              ①「最高レンダリング品質を使用」にチェックを入れます。私の感じではほんの少々良くなるかなくらいの程度です。その代わり書き出し時間が環境によっては数倍以上かかります。

               

              ②シーケンス設定を「DV - NTSC ワイドスクリーン 48kHz」(下図赤枠部)に手動設定して編集します。

              このシーケンスに、ハイビジョンシーケンスのクリップを全てコピー&ペーストした後、タイトルクリップを全て作成し直します。

              この方法は、今回は間に合わないと思いますので、あとで試してみてください。

               

              >自宅、会社のデッキなどで再生できることまでは確認できているのですが、

              自宅、会社のデッキなどで再生出来れば、会場のデッキでも大丈夫です。

              DVDの場合は、コンテンツを書き込んだ後、「ファイナライズ処理」をすれば、他のプレーヤー、レコーダーやデッキで再生出来ます。Encoreから書き出せば、この「ファイナライズ処理」が 自動的に行われます。

               

              ※DVDではなく、Blu-rayディスクを作成すれば、綺麗な高画質映像で視聴出来ます。Blu-ray作成&視聴環境が必要ですが。

               

              ※DVD作成では、「DVD-RW」ディスクを1~2枚用意しておくことをお勧めします。とかく慣れない頃は、DVD作成は失敗がつきものです。「DVD-R」ディスクは1回しか使用出来ませ んが、「DVD-RW」ディスクは何回でも使用出来ますので経済的です。Blu-rayディスクの場合は、「BD-RE」ディスクです。

              1 人が役に立つと言っています
              • 4. Re: 設定について
                arisa12111 Level 1

                150kwさん

                 

                こんにちは。

                とてもわかりやすくたくさん教えていただき本当にありがとうございました。

                以前よりも映像編集への理解が深まりました。

                わけわからない中で作業しなくてはならなかったためとても助かりました。

                 

                教えていただいた情報を元になんとか自分で作成できる最善のDVDができたと思います。

                 

                ①「最高レンダリング品質を使用」にチェックを入れます。私の感じではほんの少々良くなるかなくらいの程度です。その代わり書き出し時間が環境によっては数倍以上かかります。

                →書き出しまでに3時間程かかりましたが、編集データの中にもともと画質の悪いSDデータがあり普通に書き出したところさらに画質が粗れていたのですが、「最高レンダリング品質を使用」を適用したところ多少画質の粗さを抑えられました。

                 

                ※ハイビジョン編集したコンテンツをDVDに焼いた場合、大変高画質のDVDが作成されると思いがちですが、実際には文字の輪郭などはギザギザが発生し、映像品質の低下が発生します。これは1 920×1080のフレームサイズをDVDの720×480に変換するトランスコーダーの性能によるところが大きいそうです。

                →こちらも認識間違いをしていたので非常に助かりました。

                シーケンスでフレームサイズを1920×1080にしているのに、書き出し設定の際出力のところが720×480の固定で変更できなかったのでなぜ勝手にサイズ変更されるのか不思議でした。

                初歩的なことも知らずお恥ずかしいですが、DVDのフレームが720×480なのですね。

                 

                ※DVD作成では、「DVD-RW」ディスクを1~2枚用意しておくことをお勧めします。とかく慣れない頃は、DVD作成は失敗がつきものです。「DVD-R」ディスクは1回しか使用出来ませ んが、「DVD-RW」ディスクは何回でも使用出来ますので経済的です。Blu-rayディスクの場合は、「BD-RE」ディスクです。

                →大量にDVD-Rを消費していたので、次回以降DVD-RWを購入し練習しようと思います。

                 

                他にもExcelファイルを添付してくださったり、ご丁寧に説明していただき本当にありがとうございました。

                よく読み勉強します。

                 

                また質問させていただくことがあると思いますので、その際はどうぞよろしくお願いいたします。

                 

                本当にありがとうございました!!