9 Replies Latest reply: Sep 2, 2012 12:13 AM by foreverbeginner RSS

    複数のpremiere Proのプロジェクトファイルから一つのEncoreのプロジェクトに送信するには

    foreverbeginner Community Member

      表題の通りなのですが、複数のファイルを立ち上げて、Premiere CS4で動画編集をしています。

      これをEncore を利用して一枚のブルーレイにしたいのですが、Adobe Dynamic Linkを使おうとすると、

      新規でEncoreファイルを作らされ、既存のEncoreファイルに取り込めないような感じなのです。

      これはつまり、複数のEncoreファイルをまとめるもう一つのEncoreファイルを作れ、ということなのでしょうか。

        • 1. Re: 複数のpremiereから一つのEncoreへ
          150kw MVP

          私が知る限りでは、Adobe Dynamic Linkでは、出来ないですよね。

          Adobe Dynamic Linkを使用しない方法なら、Encoreで複数のプロジェクトを1枚のブルーレイディスクに書き出せます。もしforeverbeginnerさんがご存じなければ書き込みしますが・・ ・・・。

          • 2. Re: 複数のpremiereから一つのEncoreへ
            foreverbeginner Community Member

            150kwさま、さっそく教えていただき、ありがとうございます。

            やはり、できないといういことですね。

             

            Adobe Dyanamic Linkを使わず、複数のプロジェクトを一枚のブルーレイに書き出す方法を教えていただければ、助かります。ぜひともお願いします。

            Media Encoodaを使って、ファイルに書き出したものをタイムラインとして読み込む、ということなのでしょうか?

            これをすると、ブルーレイ向けにエンコーダしたものが、音声ファイルと画像ファイルで別々になってしまい、どうしていいのか困っております。

            • 3. Re: 複数のpremiereから一つのEncoreへ
              150kw MVP

              ムービーファイルとオーディオファイルが分割されるとタイムラインの整理がちょっと難しいので、ここでは、両ファイルが分割されない方法で説明します。Prの「書出し設定」でマルチプレクサー を「TS」に設定すると分割されません。分割が必要なニーズもあるそうです。

              以下の説明は、CS5です。CS4と一部合わない個所があるかも知れません。検証しながら文面を作成しましたので、大きな誤りはないと思いますが。あったらご容赦を。

               

              ◆Prからエンコードファイルを書き出す

              ①Prで、書き出すシーケンスを選択し、メニューの「ファイル」→「書き出し」→「メディア」を選択します。

              ②「書き出し設定」ウインドウで、形式はMPEG2 Blu-rayを選択(するのが無難)、プリセットはForeverbigginerさんの設定に合わせた内容を選択、出力名で保存先とファイル名を入力します。マルチプレクサータブで「T S」を、オーディオタブで「Dolby Digital」を選択し、他は初期値のままにします。設定終了後、「書き出し」ボタンをクリックします。

              ③エンコードが始まり終了するとウインドウが閉じ、ファイル(拡張子.m2t、.m2t.xmpses、.xmp)が保存されます。

              ④Prの他のプロジェクトも同様に行います。

               

              ◆Enでエンコードファイルを読み込む(以降の作業はEnです)

              ①Enを起動して、「新規プロジェクト」ウインドウで、名前と場所を入力し、オーサリングモードは「Blu-ray」を選択し、「OK」ボタンをクリックします(「トランスコードの初期設定」 はそのまま)。

              ②メニューの「ファイル」→「読み込み」→「タイムライン」を選択し、対象のファイル(ここでは、.m2tファイルのみ表示されているので、.m2tファイル全て)を読み込みます。

              ③プロジェクトパネルにファイルが読み込まれ、タイムラインパネルの各シーケンスにはムービーファイルとオーディオファイルが配置されます。オーディオファイルの長さは約85%に短くなってい ますが、Blu-rayディスクには最後まで音声が入るので、このままで問題ありません。

               

              ◆メニューを作成する

              ①ライブラリパネルで、例えばセットで「スポーツ」を選択し、「メニュー表示の切り替え」ボタンをクリックして、次に「エクストリームサブメニューHD」をダブルクリックします。次に、上中央 のメニュー画面のタブをクリックすると、メニュー画面が表示されます。

               この例では、メニューボタンボタン4個とMAIN MENU、PREVIOUS、NEXTボタンが各1個表示されています。メニューボタンが不足なら、コピー&ペーストで追加し、余分なら削除します。MAIN MENU、PREVIOUS、NEXTボタンは不要なので削除します。この作業は、誤りがあると後でエラーが出るので確実に行います。

               ボタンはサイズ変更、位置移動、更に名前変更ができます。

               慣れてきたらいろんなメニュ画面を試すと良いでしょう。またメニュー画面には自分のオリジナル画像やBGMも入れられます。勉強してみてください。

              ②プロジェクトパネルの各シーケンス名をメニュー画面のそれぞれ対応するボタンにドラッグ&ドロップします。

              ③ファーストプレイの設定を行います。フローチャートタブを開き、ディスクアイコン上で右クリックし、開いたメニューから「リンクの指定」を選択します。「リンクの指定」ウインドウで「エクス トリームサブメニューHD」を選択し、「OK」ボタンをクリックします。するとディスクアイコンとエクストリームサブメニューHDアイコンが右向きの矢印で結ばれます。

               更に、エクストリームサブメニューHDアイコンとその右側にシーケンス名アイコンが複数表示され、同じくそれぞれ右向きの矢印結ばれます。

               ①と②が正しく行われていれば、上記のようになっているはずです。なっていなければ、Enを一旦閉じ、最初からやり直すのが良いでしょう。

              ④エンドアクションの(再生が終了したら、メニューに戻る)設定を行います。右側の各シーケンス名アイコンをエクストリームサブメニューHDアイコンへドラッグ&ドロップします。

               すると、更に右側にシーケンス名アイコン毎にエクストリームサブメニューHDアイコンができ、矢印で結ばれます。

               

              ◆「プロジェクトをチェック」を行う。

              ①ビルドタブを開き、形式はBlu-ray、出力は「Blu-rayディスク」を選択し、「プロジェクトをチェック」ボタンをクリックします。「プロジェクトをチェック」ウインドウで「開始」 ボタンをクリック、下端に「該当項目はありませんでした。」と表示されれば、OKです。×でウインドウを閉じます。

               該当項目が表示されたら、ファーストプレイ、エンドアクション等を見直し、再度「プロジェクトをチェック」を行って下さい。

               どうしてもだめなら、また書き込みをして下さい。

               

              ◆オーサリングのナビゲーション確認を行う

              ①メニューの「ファイル」→「プレビュー」を選択し、開いた「プロジェクトプレビュー」ウインドウでナビゲーションが正しく動くか確認します。動かない場合は修正を行います。確認が終了したら 、×でウインドウを閉じます。

               

              ◆Blu-rayディスクを作成する

              ①ビルドタブに戻り、Blu-rayディスクをドライブにセットして、「ビルド」ボタンをクリックします。

              ②ビルドが始まり、「ビルドの進行状況」ウインドウが表示されます。

              ③しばらくして、完了と表示されるので、「OK」ボタンをクリックして、ウインドウを閉じ、ディスクを取り出します。

               

              -------------------------------

              ◆ご参考

              たいていの編集ソフトで作成するBlu-rayディスクはBDMV形式で、ブルーレイレコーダーで再生はできますが、HDDにはコピーできません。HDDにコピーするには、BDAV形式で書き 出す必要があります。

              BDAV形式で書き出すには(私の方法です)

              ①Prから.m2tで書き出す(本記載と同方法)。

              ②Enの代わりにCorel MovieWriter付属のCorel DiscRecorderを使用して、blu-rayディスクを作成します。操作方法はEnに比較し、簡単です。

               

              1枚のBlu-rayディスクの中に、メニューは作成せず、単に複数プロジェクトを入れる場合は、Corel DiscRecorderでBD-REディスクに1個ずつ書き出して、ブルーレイレコーダーのHDDにコピーし、次にブルーレイレコーダーでBD-Rディスクに複数個書き込んでいます。

               

               

              • 4. Re: 複数のpremiereから一つのEncoreへ
                foreverbeginner Community Member

                申請丁寧に解説してくださり、ありがとうございました。さっと読んだだけですが、なんとかできそうです。何度かじっくり読んで、作業にかかりたいと思います。ありがとうございました。

                • 5. Re: 複数のpremiereから一つのEncoreへ
                  foreverbeginner Community Member

                  たびたび失礼します。

                  ご教授くださった通りやってみましたところ、メニュー作成とm2tファイルをタイムラインに読み込むところまではできたのですが、

                  プレビューしても、音声が流れません。さらに、元は5分足らずの映像のはずが、音声のみで10時間以上の長さになっています。

                  50GBぐらいの容量になってます。したがって、ブルーレイにも焼くことができません。重ねての質問ばかりで恐縮ですが、

                  これはどうしたらよろしいのでしょうか。

                  • 6. Re: 複数のpremiereから一つのEncoreへ
                    150kw MVP

                    こんばんは、悪戦苦闘のご様子、頑張りましょう。

                    音声のみで10時間・・・・なんかおかしいですね。

                     

                    まず確認をしましょう。

                    ①Prからの書き出し設定を、もう一度確認して出力してみてください。1個のプロジェクトから3個のファイルができていますね。

                     

                    ②Enへの読み込みを行います。Enは「新規プロジェクト」で立ち上げます(名前は現在使用しているものでもOKです)。中身が空のEnが立ちあがったと思います。

                    次にPrから出力した.m2t(複数個)を「ファイル」→「読み込み」→「タイムライン」を選択して読み込みます。

                    読み込んだ後、Enは次のようになっているか確認願います。

                     

                    <プロジェクトパネル>   AAA、BBBはPrのプロジェクト名

                    AAA     タイムライン  ・・・・・・・・・・・

                    AAA.m2t  MPEGビデオ ・・・・・・・・・・・

                    BBB     タイムライン  ・・・・・・・・・・・

                    BBB.m2t  MPEGビデオ ・・・・・・・・・・・

                    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                     

                    <タイムラインパネル>

                    シーケンスがAAA、BBB、・・・・・というように複数個でき、それぞれにムービーファイルとオーディオファイルが配置されている。私の場合、オーディオファイルの長さはムービーファイルの 約85%位になっています。

                     

                    <タイムラインの再生>

                    ここで、モニターパネルで正しく再生できるか確認してみてください。ムービーファイルの長さが約85%と短くなっている場合はそこで音声が途切れてもOKです。

                     

                    ここでタイムラインが正しく再生できれば、メニュー作成に進みましょう。

                     

                    以上、良く確認しながら進めてみてください。(私は30日は終日不在です)

                    • 7. Re: 複数のpremiereから一つのEncoreへ
                      foreverbeginner Community Member

                      エンコーダーによるエンコード、Enでの読み込みについては、何度やっても5.の通りの同じ結果になってしまうのですが、

                      別口の解決らしいものが見つかりかけています。

                       

                      Adobe Dynamic Linkを使って、Prから送るのではなく、Enでシーケンスを受け取るというやり方にすれば、

                      複数のファイル、シーケンスが一つのEnファイルで操作できるようです。

                       

                      ただ、こちらに関して別の疑問が出てきてしまったので、改めてEnのほうで投稿させていただこうと思います。

                       

                       

                      150kw様には何度もご親切なご教授をいただき、感謝の言葉は言い表せません。

                      本当にここまでご親切にしていただき、ありがとうございました。

                      • 8. Re: 複数のpremiereから一つのEncoreへ
                        kio1947 Community Member

                        >これをすると、ブルーレイ向けにエンコーダしたものが、音声ファイルと画像ファイルで別々になってしまい、どうしていいのか困っております。

                         

                        このファイルを取り込むには2つくらい方法があります。

                        Encoreを開いてから

                        1、「ファイル」→「読み込み」→「アセット」で映像、音声を別々に取り込みます。

                        このファイルをドラグ&ドロップで映像はビデオに、又、音声はオーディオのタイムラインに入れればOKです。

                         

                        2、「ファイル」→「読み込み」→「タイムライン」で映像、音声を同時に指定して取り込めばOKです。

                        • 9. Re: 複数のpremiereから一つのEncoreへ
                          foreverbeginner Community Member

                          kio1947様、ご回答ありがとうございます。

                           

                          おっしゃる通りの方法でやってみたのですが、なぜか5.と同じ現象が起こり、困っています。

                          今のところは、adobe dynamic linkを使う方向で対応しています。