1 返信 最新の回答 日時: Dec 12, 2012 9:07 PM ユーザー:j_amaike

    カタログインデックスファイルの更新バッチの作り方

    j_amaike

      お世話になります。

       

      Windows 上で Acrobat X Proを使用しております。

      大量のPDF文書から目的のファイルを探し出すためカタログインデックスファイル(.PDX)の

      活用を考えております。

       

      Acrobatを起動し、手動にてPDXファイルを作成するところまではできたのですが、

      不定期に増える文書を反映するため、PDXファイルの再作成をスケジュール登録

      しようとしております。

       

      ヘルプによると.BPDXの拡張子を持つテキストファイルを作成し、タスクスケジューラにて

      Acrobat.exeのパラメータとして実行すればよいだけのようですが、

      うんともすんとも言ってくれません。

       

      ためしに作成したBPDXファイルをダブルクリックしてもAcrobatが起動するだけで

      手動で作成した時のようにカタログのダイアログすら開きませんでした。

       

      BPDXの作成方法が間違っているのか、それともそのほか見落としている要因があるのか

      お知恵を拝借したく投稿いたします。

       

      参考:

      http://kb2.adobe.com/jp/cps/233/233424.html

       

      動作環境:

      Windows2008Server SP2

      Acrobat X Pro

       

      フォルダ構成(サンプル):

      Dドライブ:

      └文書フォルダ                                   //←PDX,BPDXともに格納

      ├文書1フォルダ                         //PDFファイルの実格納先

      ├文書2フォルダ

      ├文書3フォルダ

      ├・・・

      └文書nフォルダ

       

      BPDXファイル(サンプル):

      index_re.bpdx:

      -----------------------------------------------------------------------------------------

      d:\文書フォルダ\文書index.PDX /rebuild

      -----------------------------------------------------------------------------------------

       

      タスク(サンプル)

      "c:\adobe\acrobat.exe" "d:\文書フォルダ\index_re.bpdx"

        • 1. Re: カタログインデックスファイルの更新バッチの作り方
          j_amaike Level 1

          自己レスです。

           

          結論からいいますと日本語を含めないファイル名、フォルダ名にすることで動くようになりました。

           

          動作可能な環境例を下記に示します。

           

          Dドライブ:

          └Docs                                   //←PDX,BPDXを格納する場所の名前を英字8文字以内に変更

          ├文書1フォルダ             //PDFファイルの実格納先のフォルダ名は日本語のままでOK

          ├文書2フォルダ

          ├文書3フォルダ

          ├・・・

          └文書nフォルダ

           

          BPDXファイル(サンプル): PDXファイルも英字8文字以内に修正

          index_re.bpdx:

          ----------------------------------------------------------------------

          d:\docs\DocIndex.PDX /rebuild

          ----------------------------------------------------------------------

           

          注意事項にMacでバックスラッシュやマルチバイト文字はだめだと書いてありましたが、Windwos系も同じだったようです。

          原文から翻訳するときに本来別々の文章が一文に混ざってしまったのかもしれませんね。