0 返信 最新の回答 日時: Jun 20, 2013 3:03 AM ユーザー:ビデオたぬき

    【参考文書】Flash Professional CCで削除された機能の一覧

    JapanEmployeeModerator

      弊社製品をご愛顧いただき、ありがとうございます。

      以下の項目は Flash Professional CC で、削除された機能の一覧になります。

      ご参考ください!

       

       

      - ActionScript 1 および 2 のサポート

      - TLF テキスト:以前のバージョンの Flash Professional で作成された FLA に TLF テキストが含まれている場合

      - HellCat ではその FLA ファイルを開く際に自動的にクラシックテキストに変換されます。

      - モーションエディター:モーションパスは保持されます。

      - プロジェクトパネル

      - 起動と編集(Photoshop の起動と編集は動作します)

      - プリント

      - インバースキネマティック/ボーンツール

      - ストリングパネル

      - ビヘイビアーパネル

      - パターン描画ツール

      - オブジェクトレベルで取り消し

      - スペルチェックパネル

      - ムービーエクスプローラー

      - プロファイラー

      - FXG の読込み/書き出し

      - アクションツールボックス

      - CSXS

      - Kuler パネル

      - スクリーンを共有

      - JSFL 用コードヒント

      - ビデオのキューポイント

      - クローズドキャプション

      - ステージ上でのビデオ再生

      - Device Central

      - カスタマイズ可能なツールパネル

      - ステージからライブラリまたは他のアプリケーションへのドラッグ&ドロップ

      - ビットマップ形式(BMP、TIFF、AutoCad)の読込み

      - サウンド形式(AIFF、Sound Designer、Around AU、Adobe サウンドドキュメント)の読込み

      - ファイル情報(XMP メタデータ)

      - プロジェクター

      - Fireworks PNG 読み込み

      - ポストプロセッサー

      - データバインディング

      - データソース

      - スクリプトアシスト

      - FreeHand インポーター

      - PicWhip

      - 自動保存

      - 条件付きコンパイルのユーザーインターフェイス

      - AIRN Adobe AIR for Digital Home