0 返信 最新の回答 日時: Feb 7, 2014 4:58 PM ユーザー:Nonchan

    フォルダの同期等のXMP関連(メタデータの更新)の操作をするとメモリを大量消費する問題

    Nonchan

      サポートの問い合わせページからこちらに誘導されたので

      コミュニティーを初めて使用させていただきます。

       

      環境はWindows7/64bit、メモリはスクリーンショットにあるように16GB実装

       

      1つのカタログ上に5万枚程度で顕著になりはじめ、10万枚近い現状ではフォルダ同期は実質できない状況です。

       

      根っこのフォルダで右クリック→フォルダの同期→メタデータの更新をスキャンにチェック→同期

      1時間ほどスキャンした段階(90%から始まり95%の表示)で、スクリーンショットのような状態になります。

      lightroomが仮想メモリ26GB使用/物理もメモリ13~14GB専有してしまい、

      大量のスワップイン・スワップアウトが発生し、Lightroomは殆ど動いていない状況、

      同時にWindowsそのものの操作すら困難な状況になります。

      (気長に数時間~数日待てば動くとは思いますが・・・。)

      Photoshopのようなメモリ使用量の制限等もできない為、

      Lightroomが無限大にメモリを確保しようとするのを抑止できません。

       

      通常の編集操作では多くてもせいぜい4GB~6GBなので特に問題は起きないのですが、

      読み込みやXMPの同期だけはどうしてもこのような状況になります。

      ファイル100枚程の選択でのメタデータ読み込み/同期/保存でもかなりのメモリを消費するので、

      メタデータ操作関連に何か不具合があるのか、もともとそういう仕様なのでしょうか。

       

      lightroom3、4、5と使用していますが、最新の5.3に至るまで解決されていないようなので、

      何か対策か、修正を希望します。

       

      lr5.jpg