1 返信 最新の回答 日時: Jul 25, 2014 5:44 PM ユーザー:kennchan

    Muse CC2014でライトボックスを使用したコンポーネントWidgetで閉じるボタンがレイアウトできない、他

    Kanianthi

      初めまして。すでに数ヶ月Adobe Museでwebサイトの制作を業務として行っております。

       

      当初はMuseによるHTMLはあくまでプロトタイプとして捉え、クライアントによる承認を得た後はコードをDreamweaverなどで置き換える工程を計画していましたが、

      予想以上にMuseサイトの安定性が高く、また、更新管理が容易であるため、現在は最終版一歩手前までMuseで出力し、どうしても足りないJavascriptなどを

      手作業で書き加えるなどして対応しております。

       

      しかしながら、このようなワークフローの如何に関わらず、Museが発展途上であることを好意的に考慮してもなお、ここだけは問題であろう、という不具合は

      多々散見されるように思います。その最たるものが、表題であるライトボックス表示で「閉じるボタン」が意図した位置に配置できない問題です。

       

      現象としては、Windows7ならびに8でMuse CC2014を使用し、複数の制作PCで同様の問題を再現しておりますので、恐らくバグのひとつであろう、という認識です。

       

      1:空白コンポーネントなどでターゲットをライトボックス表示に設定

      2:「閉じるボタン」オプションをonに→閉じるボタンが出現

      3:ライトボックス内部のコンテンツをデザイン/レイアウト、閉じるボタンを目的の体裁にデザイン、意図した位置に配置

      4:他のレイアウトの邪魔になるので「編集中にライトボックスを表示」オプションをoff

      5:サイトをブラウザでプレビュー、HTMLとして出力などを行うと、意図しない位置に閉じるボタンが出現

      6:対策としては「編集中にライトボックスを表示」の状態のままにしておくと、閉じるボタンの「迷子現象」が回避できる

      ※同様の問題として、何かの拍子にコンポーネントのデフォルト表示(本来は最初に作成したエレメントのはず)が狂うことがある

      ※小さな不具合として、ステートボタンを使用したとき、1~2ピクセル分、ステートボタンを置いたより下のレイアウトに対してhover動作で上下のレイアウトずれ(ぴょこぴょこ動く)が発生

      ※コンポーネントとライトボックスについては、ある程度レイアウトが込み入ってくると、ターゲット内にエレメントを挿入できなくなる不具合も発生しています。

      ※↑上記に対しては、いったん「同じ場所にペースト」を利用して空白ページを作成し、そこでターゲット(ライトボックス)を修正する対処が可能ですが、当然のことながら

       コピペによって出力されるuidが変動してしまうので、高機能サイトを制作する場合には厄介な問題です。

       

      以上になりますが、せっかくのモーダル状表示が、これでは制作作業で活かすことができず、大変困っております。

      Museの出力をじっくり読んだところ「閉じる」動作はclass設定によって行っているようなので、Widgetで作成できる閉じるボタンは使わないようにして

      通常のステートボタンを配置してライトボックス表示を閉じ、その後HTML出力ファイルを直接編集してclass設定を貼り付けて対処しておりますが

      多数のコンポーネントを利用したサイトを作成した場合、更新のたびに上記の作業を行わなければならず、人為的ミスを起こしやすいので大変リスキーです。

       

      願わくば、早急なFixをお願いしたく、問題提起させていただきます。