2 返信 最新の回答 日時: Aug 17, 2014 8:21 PM ユーザー:kiaa

    Muse CC2014 デスクトップで作っていますが同じサーバーにアップしてもタブレットやスマホでも正しく見られますか?

    kiaa

      今、Museでデスクトップ用のサイトを構築中ですが、

      タブレットやスマホでも作れるとあります。

      しかし、同じサーバー同じアドレスにアップしても、それぞれに正しく見ることが出来るのでしょうか?

      3種類のデーターがアップされて、閲覧するタイプによってそれぞれに見ることができる。

      ということですか?

      当方、タブレットやスマホは持ち合わせていませんので確認ができません。(涙)

      また、タブレットやスマホは横で見たり縦で見たりできますが、

      そのあたり製作側として如何に考えるべきか?

       

      タブレットやスマホを買った方が早い??

       

      よろしくお願いいたします。

       

      MAC 109.4

      Muse 2014

        • 1. Re: デスクトップで作っていますが同じサーバーにアップしてもタブレットやスマホでも正しく見られますか?
          harmoniamundi Level 4

          実際に3種類のページを作成してhtmlに出力してみると

          タブレット用、スマホ用のデータがそれぞれ専用の別フォルダに作成されます。

          これをそのままFTPでアップロードし、

          タブレットやスマホでサイトのURL(デスクトップのindex.html)をたたくと

          それぞれに用意されたタブレット用、スマホ用のページが表示される仕組みです。

          なので

          3種類のデーターがアップされて、閲覧するタイプによってそれぞれに見ることができる。

          が正解です。

           

          縦横の向きでいうと、おそらく通常は縦を基本に考えます。

          Museでいうところの「可変幅」でデザインをすることが前提条件ですが

          縦向きにしたときの横幅で不自由なく表示と操作ができれば

          縦スクロールが増えるくらいで、横向きで問題は起きないでしょう。

          横向きにすると、縦横比の分だけ拡大されることになりますから。

           

          わかりやすく雑な数字でいうと、縦向きで300×500の画面は横向きで500×300。

          縦向きに合わせてデザインした300×700(200分スクロール)のページは

          横向きにすると拡大されて500×約1167(867分スクロール)で表示されます。

           

          ・・・とはいえ、これは実機で見ないと実感できないかもしれないですね。

          タブレットやスマホの主な機種はMuseにプレビューが用意されていますが、

          実際に確認するには、やはり実機か、最低限エミュレータ(シミュレータ)が必要です。

          ・・・テストパブリッシュして誰かに見てもらうとか。

          • 2. Re: デスクトップで作っていますが同じサーバーにアップしてもタブレットやスマホでも正しく見られますか?
            kiaa Level 1

            ご返信ありがとうございます。

            実はこのお盆休みに現在進行中のwebサイトの依頼主宅で

            タブレット・スマホで確認しました。

            実際ちゃんと見えていたのには感動ものでした。

            Museのプレビューとは違い、

            表示の大きさとかレイアウトや

            フォントが違うとか右に余白できてしまうとか

            細かい不都合はありますが、縦にしたり、横にしたりで、

            二人で、わォ〜!お〜!なんて言いながらその場で確認しながら修正アップを行いました。

            ただ機種やバージョンによって表示が異なるのは、

            webの特徴でしょう。

            この問題は永遠に解決できない不動の不都合?

            しかしこの辺りの差をどのようにして進めるかは

            webの楽しさでもあると感じています。

             

            ありがとうございました。

            今後ともよろしくです。

            なので今回も「正解」です!