3 返信 最新の回答 日時: Aug 21, 2014 3:40 AM ユーザー:a novice

    ターミナルサービス(XenApp)環境におけるAdobe Readerの制約について

    a novice

      現在、ターミナルサービス(Citrix XenApp)の環境に「Adobe Reader XI」を導入して利用しています。

       

      XenApp環境にはサーバ1台あたり60人程度がログインできるように構築しておりますが、実際の利用者からはPDFファイルを開いたり、スクロールするのに時間がかかるという声が多く聞こ えておりますが、利用者が少ない時間帯(夜間や休日)はストレスなく利用できているという声も聞こえてきます。また、PDFファイル以外はそれほど遅いという声が出ていない状況です。

       

      サーバの負荷(CPUやメモリのリソース)を確認すると、CPUは60%~70%程度、メモリは50%前後の負荷がかかっているように見られるため、本事象の原因がCPUやメモリのリソースに よるものではないのではないかと考えております。そこで、対処としてネット上によく情報が書かれている「保護モード」の解除を試してみたところ、多少動作に改善が見られました。

       

      ただし、保護モードを外すこと以外に対応が打てるのであれば、そちらを対応としたいと考えているのですが、何か考えられる要因があれば教えていただきたく、投稿させていただいた次第です。

       

      動作環境

      Windows Server 2008 R2 (64bit)

      Citrix XenApp 6.0

      Adobe Reader XI (32bit)

      ※その他、必要な情報があれば記載いたします。

       

      尚、現在私のほうで考えている点としましては、以下になります。

      ・Adobe Reader XIの64bit版を導入することで動作が速くならないか。

       

      もし、何かご存じの方がいらっしゃいましたらご教示お願いできますでしょうか。

       

      以上

      よろしくお願いいたします