0 返信 最新の回答 日時: Oct 5, 2014 5:53 PM ユーザー:cozy_2014

    【お知らせ】Prelude CC 2014 Octoberアップデートの概要

    cozy_2014 JapanEmployeeModerator

      Prelude の開発スタッフのブログでは、Prelude CC 2014 の次期アップデートについて紹介しています。

      Adobe Prelude CC 2014 Update | AdobePrelude

       

      以下はその要約です。(正式リリース版で機能の一部が変更されることがあります。予めご了承ください)

       

      Preludeのラフカット機能は、手作業での編集をする時間がない場合の送信用の高速ターンアラウンドに最適化されました。

      プロジェクトパネル上での各クリップのイン・アウト点のサムネール表示機能の追加により、ラフカットへのつなぎ編集が素早く行えるようになりました。一度ラフカットをつないでしまえば、新機能 の「トランジション追加」ボタンでカット間に基本的なビデオトランジションやオーディオトランジションを簡単に追加できます。

      さらにオーディオトラック追加機能でBGMやボイスオーバー録音、その他音声ファイルを使用してサウンドも付けることで、ラフカットながらも完成形に近い状態にすることができます。

      これらのトラック機能強化に加えて、ラフカットのタイムラインの開始タイムコードを指定できるようになりました。カスタムのタイムコードか、タイムライン上の最初のクリップの開始タイムコードのいずれかをベースにすることができます。

       

       

      長いトランスコード時間に苦しめられることなく、もっと簡単に素材の管理するために。

      OP1a MXFファイルへのリラップを可能にするために、Prelude開発チームはMedia Encoderの開発チームとともに開発を進めてきました。メディアやクリップは、可能な限りトランスコード、あるいはレンダリングすることなくインジェストできようになりました。インジェ ストダイアログに設置されたトランスコードに関するオプションのマッチソースプリセットを使用することで、Media Encoderが XDCAM HD, XDCAM EX, AVC-Intra,XAVC,  DNX HDなどのようなフォーマットのフォルダからメディアを、一つのシンプルなMXFファイルに抽出します。ラフカットシーケンスの書き出しでマッチソースプリセットを使用すれば、レンダリング やトランスコードすることなくクリップをリラップします。狙いはアセット管理をより簡単にしながら、時間節約することです。

       

       

      次期リリースに向けて、Prelude開発チームとしては、6月のリリースで初めて紹介されたタグテンプレート機能についてのワークフローについても改良したい点でした。キーボード操作でのロ ギング作業をより速く効率的にするためにタグテンプレートのタグ付けをキーボードショートカット割り当てできるようになり、またタグボタンを設定した際に指定した色と同じカラーで表示されるようになったため、タイムライン上でどのタグ付けされたマーカーであるかを簡単に識別できるようになりました

       

       

      さらに、アドビの全DVA製品はインターフェースを一新し、すでに対応しているApple環境でのHiDPIディスプレイモニター対応に加えて、Windows環境でも対応しました。