4 返信 最新の回答 日時: Dec 15, 2014 3:39 AM ユーザー:JohnTa

    Flash Player 16へのアップデートでmms.cfgの設定が無効になる

    JohnTa

      お世話になります。

       

      Windows 7 Ultimateの1台のPCにてFlash Playerを導入しています。

      PCには管理者権限ユーザー1つと、家族用に一般権限のユーザーが

      2つあります。

       

      私が管理者アカウントを用い、家族がユーザーアカウントを利用している

      のですが、最近私がPCをあまり利用していないため、Flash Playerが

      長い間更新されていないことがありました。

       

      そのため、以前(バージョン13?)にサポートサイトを見てmms.cfgを利用

      する方法を試したところ、うまくバージョンアップされていたようなので安心

      していたのですが、先日確認したところ最新のバージョンへアップデート

      されていないことがわかりました。

       

      現在、Flash Playerは「15,0,0,246」ですが、投稿時点での最新版は

      「16.0.0.235」と紹介されています。

      mms.cfgには「AutoUpdateDisable=0」「SilentAutoUpdateEnable=1」

      と記述しています。

       

      「13?」から「15,0,0,246」になるまでは問題なくアップデートされて

      いたようですが、どうして今回バージョン16にならないのでしょうか?

      理由がわかれば教えていただけますとありがたいです。

       

      なお、普通に管理者ユーザーで、WEBサイトからアップデートしたところ

      問題なく16には上がっています。

      ・・・ですが、ちょっと悔しかったのでWEBサイトで配布されている

      アンインストールツールでアンインストールして、再度アーカイブを

      ダウンロードし15をインストールして、mms.cfgを設定してみましたが、

      やはりうまく16になってくれませんでした。

       

      切実・・・ではないのですが、皆様に教えて頂けますと幸いです。

      よろしくお願いいたします。

        • 1. Re: Flash Player 16へのアップデートでmms.cfgの設定が無効になる
          kennchan Level 4

          Flash Playerのデプロイメントについて非常に役立つご質問をありがとうございます。

           

          この件につきましてはbugbaseに詳細があります。

          Bug#3673004 - Flash Player Prompts for Updates with 'Never Check for Updates' Enabled in Flash Player Settings Manager.

           

          Flash PlayerのプロダクトマネージャであるChris Campbellが以下のように回答しています。

           

          "The workaround for this issue is to deploy the mms.cfg file to both the System32\macromed\flash directory *and* the SysWOW64\macromed\flash directory.

          I apologize for the hassle, we're going to get this bug fixed. Until then, this workaround has been reported to be successful by multiple customers."

           

          mms.cfgを以下の2箇所のディレクトリへ配置することでこの問題を回避できるとのことです。

          System32\macromed\flash

          SysWOW64\macromed\flash

           

          12/8付けでこの問題について修正中であることが記されております。

          重ねて重要な不具合のご報告をいただき、ありがとうございました。

           

          ただし、通常のユーザ様はメジャーアップデートにおいてはダウンロードセンターでのみアップデートが可能になっていますことをご理解ください。

           

          他のユーザの方にも参考になるよう、ご質問のタイトルを変更させていただきました。どうぞご了承ください。

          • 2. Re: Flash Player 16へのアップデートでmms.cfgの設定が無効になる
            JohnTa Level 1

            返信ありがとうございます。

             

            製品のバグとのことですが、回避策としてご紹介いただいている

            ・System32\Macromed\Flash

            ・SysWOW64\Macromed\Flash

            の両方のディレクトリへはすでに同じmms.cfgをコピーする形で配置

            しておりました。

             

            念のためmms.cfgを再度UTF-8で作成配置し、数日間様子を伺って

            おりましたが「15,0,0,246」以降にアップデートする気配がありませんでした。

             

            念のため、FlashInstall.logを取得できる設定にしてみたところ

            以下のようなInfoメッセージが記録されております。

             

            ■アップデートして、「15.0.0.246」になったときと思われる個所

            =O====== M/15.0.0.246 2014-12-12+11-18-03.631 ========

            0000 [I] 00000010 FlashPlayerInstaller.exe -install -iv 9

            0001 [I] 00000011 1

            0002 [I] 00000020 C:\windows\SysWOW64\FlashPlayerCPLApp.cpl

            0003 [W] 00001036 Software\Mozilla\Firefox\extensions/Plugins 2

            0004 [W] 00001036 Software\Mozilla\Mozilla Firefox\extensions/Plugins 2

            0005 [W] 00001036 Software\Mozilla\Mozilla Firefox ESR\extensions/Plugins 2

            0006 [W] 00001036 Software\Opera Software/Last CommandLine 2

            0007 [W] 00001036 Software\Opera Software/Last CommandLine 2

            0008 [W] 00001036 Software\Opera Software/Plugin Path 2

            0009 [W] 00001036 Software\Opera Software/Plugin Path 2

            0010 [I] 00000014

            0011 [I] 00000015 C:\windows\SysWOW64\Macromed\Flash\FlashUtil32_15_0_0_246_Plugin.exe

            0012 [I] 00000024 C:\windows\SysWOW64\Macromed\Flash\plugin.vch

            0013 [I] 00000017 C:\windows\SysWOW64\Macromed\Flash

            0014 [I] 00000022 C:\windows\SysWOW64\Macromed\Flash\FlashPlayerPlugin_15_0_0_246.exe

            0015 [I] 00000019 C:\windows\SysWOW64\FlashPlayerCPLApp.cpl

            0016 [W] 00001024 C:\windows\SysWOW64\FlashPlayerCPLApp.cpl 183

            0017 [W] 00001024 C:\windows\SysWOW64\FlashPlayerApp.exe 183

            0018 [I] 00000021 C:\windows\SysWOW64\Macromed\Flash\FlashPlayerUpdateService.exe

            0019 [W] 00001106

            0020 [W] 00001106

            0021 [W] 00001024 C:\windows\SysWOW64\Macromed\Flash\FlashPlayerUpdateService.exe 183

            0022 [I] 00000012

            =X====== M/15.0.0.246 2014-12-12+11-18-09.185 ========

             

            ■ここ最近、出力を繰り返している個所

             

            2014-12-14+14-18-0.283 [info] 1614

            2014-12-14+14-18-0.299 [info] 1615

            2014-12-14+14-18-0.299 [info] 1618

            2014-12-14+14-18-0.299 [info] 1619 1063

            2014-12-14+14-18-0.299 [info] 1614

            2014-12-14+14-18-0.299 [info] 1615

            2014-12-14+14-18-0.299 [info] 1618

            2014-12-14+14-18-0.299 [info] 1604

            2014-12-14+14-18-0.299 [info] 1608

            2014-12-14+14-18-0.330 [info] 1631 /pub/flashplayer/update/current/sau/currentmajor.xml

            2014-12-14+14-18-0.471 [info] 1630 /pub/flashplayer/update/current/sau/15/xml/version.xml

            2014-12-14+14-18-0.471 [info] 1612

            2014-12-14+14-18-0.471 [info] 1620

             

            他のmms.cfgを利用してアップデートを行っている方は、みなさん無事に

            最新へサイレントアップデートができているのでしょうか。

             

            本件はバグ情報から察するに、修正を待ってからmms.cfgを設定をし

            今のうちは手動で最新版にしたほうがよいのでしょうか。

            (もしくは、16以降にしてからなら、mms.cfgのサイレントアップデートが

            使用できるようになりますでしょうか?)

             

            よろしくお願いします。

            • 3. Re: Flash Player 16へのアップデートでmms.cfgの設定が無効になる
              kennchan Level 4

              大変失礼いたしました。この件についてはポリシー変更により以下のような運用方法になっています。

               

              ・2014年11月19日を境にエンタープライズ向けディストリビューションライセンスについての方針が変更になり、再配布用ライセンスの再取得が必要になったことに加え、これまでアクセスし ていたアップデート用ホスティングページが変更されました。

              ・さらに、Flash Playerのメジャーアップデートは例外なく製品ダウンロードセンターにてインストールする必要があります。

              ・また、アーカイブページには最新バージョンのダウンロードリンクを掲載しません。

               

              ただし、Windows 8 以降のInternet ExplorerはMicrosoftによるWindows Updateで自動的に組み込まれます。

              Google Chromeについても同様にGoogleより自動アップデートが提供されます。

               

              mms.cfgを一般ユーザが利用する場合は、配信用のサーバーによる企業内イントラネットでの展開と異なり、各端末のメジャーバージョンアップの際は製品ダウンロードセンターでのインストー ルが必須となっています。

              バージョン16上におけるサイレントアップデートは可能なはずです。

               

              かなりお詳しいとお見受けしますが、mms.cfgによるアップデート制御は一般ユーザ向けに提供している機能ではないこと、Flash Playerはインストールベースが膨大なため、これからもセキュリティ強化につながるアップデートに関しては特に慎重にコントロールせざるを得ないということをご理解いただきますようお願 いいたします。

              • 4. Re: Flash Player 16へのアップデートでmms.cfgの設定が無効になる
                JohnTa Level 1

                ご連絡ありがとうございます。

                 

                ポリシー変更についてのご案内を頂きまして、なるほどと納得しました。

                 

                再配布用ライセンス?については少々理解が足りないのですが、おそらく

                企業の管理者さん向けの話なのかなと推察しております。

                (mms.cfgによる管理自体が、企業さんむけなのは重々承知しています)

                 

                Windows8以降ではWindows Updateに組み込まれているとのことで

                こちらは非常に羨ましい機能ですね。とはいえOSバージョンアップまでは

                我が家では難しいなと感じています。

                 

                > mms.cfgを一般ユーザが利用する場合は、配信用のサーバーによる

                > 企業内イントラネットでの展開と異なり、各端末のメジャーバージョンアップの

                > 際は製品ダウンロードセンターでのインストー ルが必須となっています。

                > バージョン16上におけるサイレントアップデートは可能なはずです。

                 

                この情報で疑問が一遍に晴れまして、救われた気分です。

                Flash Playerのダウンロードサイトから16へバージョンアップし、その後の

                アップデートはmms.cfgを設定して様子を見たいと思います。

                 

                企業さんではありませんが、セキュリティに敏感な家庭は我が家以外にも

                多くあると思っています。まだ子供には管理者アカウントを渡したくないなと

                思っておりますので、Flash Playerなどのセキュリティに直結する製品に

                つきましては、今後ユーザーアカウントでも自動的にアップデートしてくれる

                仕組みになってくれたらよいなと考えております。

                (もちろん、権限を分けるくらいであれば、責任を持って親がきちんとアップ

                 デートしてやるべきだと言われればその通りだと思います・・・)

                 

                今回はいろいろ情報をご提供くださり、非常に感謝しております。

                本件に類似した疑問をお持ちの他の皆様にも参考になる部分があれば

                よいなと思います。

                 

                どうもありがとうございました。