6 返信 最新の回答 日時: Jan 28, 2015 3:23 AM ユーザー:horaiye

    エレメンツ12のエンドロールのストップの仕方を教えてください

    horaiye Level 1

      エンドロールは、文字が流れて消えてしまいますが、消える前にストップできないでしょうか。

      この様に使いたいのです。

      ①タイトルが画面の下から現れる

      ②タイトルが中央で止まる

       

      アドバイスをお願いします。

        • 1. Re: エレメンツ12のエンドロールのストップの仕方を教えてください
          150kw Most Valuable Participant

          horaiyeさん、こんばんは。

           

          わたしは、Elements12で作成してみました。

          クリップマーカーを打ってフレームの保持を設定し、これに不透明度を組み合わせて作成します。

          途中で、キーフレームの設定がありますが、分からなければ、ネットで「Premiere Elements キーフレームの作成」等のキーワードで調べてみて下さい。それでも分からなければ、ここで質問してください。ご存知でしたらごめんなさい。うまくできますように。

           

          ①ビデオ1トラックに背景画像または背景映像クリップを、ビデオ2トラックにロールタイトルクリップを配置します。

          ビデオ3トラックには、ビデオ2トラックのクリップをコピー&ペーストし、時間軸を同じにして配置します。

          名1.jpg

          ②時間インジケーターをロールタイトルをストップする時間に移動し、ビデオ3トラックのクリップを選択して、メニューの「クリップ」→「クリップマーカーを設定」から「番号付きマーカーの設定 」ウインドウで「マーカー番号;0」を入力して「OK」をクリックします。

          ⇒ビデオ2と3トラックのクリップにマーカーが設定されます。

          名2.jpg

          ③ビデオ3トラックのクリップを選択し、メニューの「クリップ」→「ビデオオプション」→「フレームの保持」を選択して、「フレームの保持オプション」ウインドウで「保持するフレーム」にチェ ックを入れ、「マーカー0」を選択して「OK」をクリックします。

          ⇒ビデオ3トラックのクリップはロールタイトルがストップした状態になります。

           

          ④ビデオ2トラックのクリップに不透明度を設定します。

          ビデオ2トラックのクリップを選択し、メニューの「ウインドウ」→「適用されたエフェクト」を選択して、開いた「適用されたエフェクト」パネルの「不透明度」を展開し下図のようにキーフレーム を打ちます。

          名3.jpg

          ⑤同様に、ビデオ3トラックのクリップに不透明度を、下図のように設定します。

          名4.jpg

          ⑥すると、「クリップマーカー0」の時間より前は、ビデオ2トラックのクリップのロールタイトル映像が表示され、

          名5.jpg

          ⑦「クリップマーカー0」の時間より後ろは、ビデオ3トラックのクリップのロールタイトルがストップした映像が表示されます。

          名6.jpg

          • 2. Re: エレメンツ12のエンドロールのストップの仕方を教えてください
            horaiye Level 1

            150kw様

             

            又、又お世話になりました。

            お礼が遅れて申し訳ありませんでした。

            今日、実行してみました。うまく行きました。大変ありがとうございました。

             

             写真入りで大変わかりやすかったです。

            それにしても、度々の事ですが、150kw さんの技術力、さらには発想力には敬服いたします。

             

             少しわからない所がありますので、教えていただけないでしょうか。

             ④と⑤の箇所です。

              1フレーム手前の時間100%

                  クリップマーカー0の時間、0.0% と書いていらっしゃいますが、

              1フレーム手前にするには、どうしたら良いでしょう。

             

              私は、適当に感でしてみました。

              基本的にうまく行ったのですが、ロールからストップになる時、若干、ショックがある気がしました。しかしほとんど違和感はありません。

              

            コツもしくは技術があったら教えてください。

             

             確認ですが、時間インジケーターを置き、「不透明度」の〇をマウスで-や+にするだけで、◇型のマーカーは出るのですよね。


             今後ともよろしくお願いいたします。有難うございました。

            • 3. Re: エレメンツ12のエンドロールのストップの仕方を教えてください
              150kw Most Valuable Participant

              こんにちは。

               

              ビデオ編集は意外と工夫が大切ですね。今回の案件は私は初めてでしたので、いろいろ案を考え、一番簡単だったのを記載しました。

               

              >1フレーム手前にするには、どうしたら良いでしょう。

               

              わずかな時間を動かす時は、右上のスライダーを右一杯に寄せて時間軸目盛りを拡大するとやりやすいです。

              下のほうにあるプレビュー関係のボタンのうち、「前のフレーム(Left)」ボタンを押すと、時間インジケーターが 1フレーム前へ移動します。逆に後ろへ移動する場合は「次のフレーム(Right)ボタンを押します。

              3.jpg

               

              >時間インジケーターを置き、「不透明度」の〇をマウスで-や+にするだけで、◇型のマーカーは出るのですよね。

               

              スライダは単に値を入力する手段です。

              では、「スケール」パラメーターを使用して、キーフレームを打ち方説明します。何回も行なって慣れて下さい。キーフレームが自在に打てるようになれば、新しい世界が開けてきます。ホントです。

               

              ①最初のキーフレームを打つ場合は、キーフレームを打つ位置(変化が生じる位置)へ時間インジケーターを移動します。

              ②「スケール」の値をキー入力、スクラブ入力またはスライダ入力で入力します。ここでは「110.0」と入力。

              ③スケールの文字の左にある「ストップウォッチ(アニメーションのオン/オフ)」ボタンを押します。

              ⇒キーフレームが打たれます。

              77.jpg

               

              ④2点目以降を打つ場合は、まずキーフレームを打つ位置へ時間インジケーターを移動します。

              ⑤「スケール」の値をキー入力、スクラブ入力またはスライダ入力で入力します。ここでは「70.0」と入力。

              ⇒すると、今度はキーフレームが自動的に打たれます。

               

              7.jpg

               

              ⑥値の変化なしで打つ場合は、キーフレームを打つ位置へ時間インジケーターを移動します。

              ⑦「キーフレームの追加/削除」ボタンを押します。

              ⇒キーフレームが打たれます。

              8.jpg

               

              ⑧キーフレームを削除する場合は

              キーフレームの上で右クリックし、開いたコンテキストメニューから「消去」を選択します。または、削除するキーフレームに時間インジケーターを合わせ、「キーフレームの追加/削除」ボタンを押 します。

               

              ⑨時間インジケータをキーフレームのある位置へ素早く移動するには

              「前のキーフレームに移動」または「次のキーフレームに移動」ボタンを押します。

              9.jpg

              • 4. Re: エレメンツ12のエンドロールのストップの仕方を教えてください
                horaiye Level 1

                150kw様

                 

                今回はキーフレームについて教えていただき有難うございました。

                ご指導の通りしました所、極めてうまく行きました。

                150kwさんには、もう足を向けて寝られません。

                しかし、どちらの方向に足を向けなければ良いのかが分かりません。

                エレメンツの質問になじまないので、コミニティーフォーラムに質問できないのが残念です。

                 

                しかし2点だけ、ご指導と違うところがありました。

                ②「スケール」の値をキー入力、スクラブ入力またはスライダ入力で入力します。ここでは「110.0と入力。

                が「100」でうまく行きました。

                 

                ③スケールの文字の左にある「ストップウォッチ(アニメーションのオン/オフ)」ボタンを押します

                ストップウオッチを押すと「警告 この処理を行うと、既存のキーフレームが削除されます。実行しますか」と表示されました。

                言葉だけのおどしと思い、軽い気持ちで「実行」したら、本当に「削除」されました。

                  

                  

                どうやら、スケールの〇がスイッチになっている様で、スケールをクリックして動かすとうまく行きました。

                 

                 

                 キーフレームが自在に打てるようになれば、新しい世界が開けてきますホントです。

                とおっしゃっていましたが、ホントに其の通りです。有難うございました。

                • 5. Re: エレメンツ12のエンドロールのストップの仕方を教えてください
                  150kw Most Valuable Participant

                  こんにちは。うまくできて良かったですね。

                  私は関東のほうですけれど、足を向けて寝られても結構ですよ。気にしないでくださ~い。(笑)

                   

                  ②スケールの値

                  値は例として110.0としただけです。

                  100   →   元のサイズと同じです。

                  100以上 → 元のサイズより拡大します。

                  100以下 → 元のサイズより縮小します。

                   

                  ③ストップウォッチ

                  既にキーフレームが設定されている状態で、ストップウォッチを押すと設定されているキーフレームが削除されます。

                   

                  ※「位置」パラメーターの2個の数値を変化させ、どうなるかみて下さい。

                  ※キーフレームを右クリックして表示されるコンテキストメニューの下半分くらいにあるコマンドの意味が分かるようになってください。インターネット検索するとたくさんヒットします。

                  • 6. Re: エレメンツ12のエンドロールのストップの仕方を教えてください
                    horaiye Level 1

                    150kw様

                      

                    ご親切に、またもやご返事を頂き有難うございました。

                    「パラメーター」や「コンテキストメニュー」等、初めて聞く用語を説明を頂いた事も有難かったのですが、

                    一番役に立つ「情報」は「足を向けて寝てはいけない方向」が分かった事です。

                    有難うございました。今後ともよろしくお願いします。