4 返信 最新の回答 日時: Mar 5, 2015 11:51 PM ユーザー:Cofirmations 1

    画像の拡大時に生ずる倍率色収差により生じる色のにじみを補正したい。

    Cofirmations 1 Level 1

       

      画像を拡大したときに現れる色ずれ、「倍率色収差」がレンズによっては生じますが、この倍率色収差により生じる色のにじみをLightroom 5で補正出来るでしょうか。

       

      カメラメーカ付属のソフトには自動倍率色収差補正機能が「自動倍率色収差補正ボタンや補正用のスライダーなど」で補正ができるものがありますが。

       

      アドバイスを宜しくお願いします。

       

        • 1. Re: 画像の拡大時に生ずる倍率色収差により生じる色のにじみを補正したい。
          yukinyaa Level 4

          あります。

           

          ヘルプ記事のリンクを貼っておきます。

           

          Lightroom ヘルプ | 写真のレタッチ

           

          その中に同じリンクもありますが、こちらも。

           

          New Color Fringe Correction Controls

          • 2. Re: 画像の拡大時に生ずる倍率色収差により生じる色のにじみを補正したい。
            Cofirmations 1 Level 1

            早速のアドバイス大変ありがとうございました。

             

             

             

            アドバイス頂いたヘルプを参考に、画像を拡大した時に現れる「赤色」を除去してみましたが、初めての使用でまだコツを掴んでいない状態です。

             

             

             

            「レンズ補正」の所の「基本」で、「プロファイル補正を使用」と「収差を除去」にチエックを入れ、「カラー」を選択し「色収差を除去」のフリンジ軽減の所でグリーンの「適用量」を調整すること により、赤色を取り除くことが出来ました。

             

             

             

            この「適用量」の値を大きく取りすぎると画像全体の色が変化しまいますので、収差による色がやっと消える程度に抑えることがコツのようですが、それでも若干ですがon/offしてみると画像全 体の色が変化しますが、仕方がないのでしょうか。

            • 3. Re: 画像の拡大時に生ずる倍率色収差により生じる色のにじみを補正したい。
              yukinyaa Level 4

              Lightroomでレンズの色収差を補正する方法は何通りかあります。
              それぞれ試してみました。
              (各スクリーンショットはクリックすると拡大されて文字がはっきりします。)

               

               

              1.レンズ補正パネルの「色収差を除去」にチェックを入れる

              LightroomScreenSnapz001.jpg

              チェックするだけで、かなりの色のにじみが補正されます。

               

              2.フリンジカラーセレクターを使ってフリンジ軽減をする。

              LightroomScreenSnapz002.jpg

              フリンジ軽減の横にあるスポイト(フリンジカラーセレクター)をクリックします。

              LightroomScreenSnapz003.jpg

              画像上のフリンジカラーの部分にスポイトを当て、クリックします。

              LightroomScreenSnapz004.jpg

              選ばれたフリンジカラーが軽減されます。

              パープルを選んだので、まだグリーンのフリンジは残っています。
              (画面をキャプチャーした時に、別の場所をクリックしてしまいました。すみません。この画像でもパープルフリンジを選択しています。)

              LightroomScreenSnapz005.jpg

              グリーンのカラーに対しても同様の作業を行います。

              LightroomScreenSnapz006.jpg

              グリーンのフリンジも軽減されました。

               

              フリンジ軽減を行う場合は、スライダーを直接動かす前に、このスポイトを使った方が良いです。

              クリックすると、適用量と適用される色相が自動的に設定されます。

              ただ、ご指摘のようにほかのカラーにも影響することがありますので、その場合は適用量と色相の範囲を調整する必要があります。

               

              ここでは分かりやすいように「色収差を除去」のチェックを外していますが、通常はチェックを入れた上で、なおかつ除去されないフリンジに対して、フリンジ軽減を行うと良いと思います。

               

              3.補正ブラシフリンジ軽減を使う

              LightroomScreenSnapz009.jpg
              (画像がやや見にくくてすみません。クリックして頂くとはっきりすると思います。)

              補正ブラシにもフリンジ軽減スライダがあります。
              適用量を上げてフリンジが出ている部分をなぞると、フリンジカラーが軽減されます。
              画像では中央の桟を上から下になぞっています。

               

               

              色収差の補正は、上記1,2,3の順で使えば良いかと思います。
              ただ、それでも除去仕切れない場合もあります。

              それはLightroomで補正できる限界なので、仕方ありません。

               

              なお、レンズプロファイルによる補正ですが、レンズプロファイルではゆがみと周辺光量補正が主に行われるようで、ここで試した画像に対しては、色収差の補正には効果はありませんでした。
              (逆にゆがみ補正が適当でなく、過補正になってます。笑)

              LightroomScreenSnapz007.jpg

              • 4. Re: 画像の拡大時に生ずる倍率色収差により生じる色のにじみを補正したい。
                Cofirmations 1 Level 1

                こんにちわ。

                 

                懇切丁寧なご説明大変ありがとうございました。使い方が良く解りました。

                 

                ・スポイトを選択した時に「フリンジカラーを選択」が表示されますが、この表示はスポイトの周辺のカラーを表示していると言うことですか、何か使い方が他に有るのでしょうか。

                 

                 

                 

                ・ご指摘のように色収差除去によりほかのカラーにも影響することがありますが、その場合は「適用量と色相の範囲を調整する必要がある」とのこと了解しました。

                 

                 

                 

                ・それでもフリンジによる影響を受けている場合は、補正ブラシの「フリンジ軽減スライダを+100」にし、補正ブラシはフリンジ軽減により色が変化しては困る部分に合わせることにより軽減でき ると言うことですね。

                 

                 

                 

                ・「レンズプロファイル」による補正は、色収差の補正には効果が無いとのこと、了解です。