4 返信 最新の回答 日時: Mar 9, 2015 10:13 AM ユーザー:kousakuo94232452

    CS6 グレースケールの画像を配置。同じ色でも、統合データと、透明があるデータでは濃さが違って見える。

    kousakuo94232452

      はじめまして、otaと申します。

      ご相談に乗って頂きたい事があります。

      InDesign CS6を使用して、グレースケールの印刷物を作っています。

       

      ==============================

      作業スペースに、画像_グレースケール「統合したもの」を配置します。

      その隣に、同じ画像_グレースケールの透明部分がある切り抜き画像「レイヤーの状態」を配置します。

      そうすると、モニター上で、最初の「統合したもの」の濃さが変わってしまいます。

      薄くなり、「レイヤーの状態」のものと同じ濃さになります。

      「統合したもの」と「「レイヤーの状態」はPhotoshop 上では同じ色です。

      また、InDesign上でスポイトで色を取ってみると、同じ数値です。

      見た目が変わるのです。

      ちなみに、「レイヤーの状態」の物だけ配置しても薄い状態です。(ですが、この濃度はPhotoshop 上で見るものと近いです)

       

      それで、見つけた解決策は一応ありまして。

      編集→透明ブレンドの領域の設定→ここを「ドキュメントのCMYK領域を使用」から

      「ドキュメントのRGB領域を使用」に変更すると、

      「統合したもの」の隣に「「レイヤーの状態」を配置しても、濃い状態を保てます。

      「レイヤーの状態」の物だけ配置しても濃い状態です。

      ==============================


      ですが、印刷を念頭に置いた時は、どの設定にしておくのがベストなのか分からず、お尋ねした次第であります。

      どうか解決策をご教授頂ければ幸いです。宜しくお願い致します。


      ■作業環境

      Windows 7 Professional

      Adobe InDesign CS6

      カラー設定は、InDesignとPhotoshopともに「一般用-日本2」に設定しています。