0 返信 最新の回答 日時: Apr 15, 2015 1:51 AM ユーザー:hoshuhoshu

    セキュリティ更新プログラム適用後に通信トラフィックの増加を検知

    hoshuhoshu

      AdobeFlashPlayerのセキュリティ更新プログラム(APSB15-05)について、確認したい事があります。

       

      【質問背景1】
      各現地拠点に設置されている端末について、以下の流れでパッチの適用を行っている。

       

      センター側に設置されている資源配布サーバから、各現地拠点に設置されている共通サーバにパッチを配布する。
      各現地拠点に設置されている共通サーバから、各現地拠点に設置されている端末が資源をダウンロードし、パッチ適用する。

       

       

      【質問背景2】
      以下の日程でAdobeFlashPlayerのセキュリティ更新プログラム適用を実施したところ、トラフィックの増大を検知した。

       

      3月25日の22時に現地共通サーバに資源配布した。
      3月26日に職員端末起動時に共通サーバから資源をダウンロードし、セキュリティ更新プログラム適用を実施した。
      3月26日のAM8:15ぐらいに現地とセンター間の下りのトラフィック量が最大値(約750Mbps)を記録した。

       

      現地端末にセキュリティパッチを適用直後に現地とセンター間の回線トラフィックが一時的に増加し、それ以後は同様の事象は発生していません。
      何の通信によりトラフィックが増加したのかを調査しています。

       


      【質問内容】
      以下のセキュリティ更新プログラムに、外部サイト等に対する通信の発生有無、発生する場合はその内容を教えて下さい。


        ・APSB15-05 バージョン 17.0.0.134

       

      セキュリティ更新プログラムを適用した、OS、IEは以下です。

       

        ・WindowsVista ServicePack2  InternetExplorer 7

        ・Windows7 ServicePack1  InternetExplorer 9

       

       

      以上、ご回答の程宜しくお願い致します。