1 返信 最新の回答 日時: May 7, 2015 6:28 PM ユーザー:yukinyaa

    lightroom  macbook  デスクトップ 色補正等の同期

    junmai

      質問させてもらいます。

      仕事でlightroomを使っています。

      普段は自宅でデスクトップのimacを使っています。

      出張の時はmacbook proを使うんですが、

      macbook proのlightroomで設定した色補正等、レンズ補正、歪み補正などを

      自宅に戻ってからimacに同期する方法はあるのでしょうか。

       

      よろしくお願いいたします。

        • 1. Re: lightroom  macbook  デスクトップ 色補正等の同期
          yukinyaa Level 4

          出張先で撮影したデータをMacBookProに読み込んで作業、帰ってからそれらのデータをiMacに同期させたいということでよろしいでしょうか?

           

          出張中のデータをMacBookPro本体に読み込んでいるか、リムーバブルデバイスに読み込んでいるかでワークフローのバリエーションが変わりますが、ここではMacBookPro本体に読 み込んであるものとします。

           

          出張から戻ったら、まずはMacBookProをiMacと接続します。

          ネットワーク接続でもターゲットモードでも構いません。

          通信速度が速いほうが良いと思います。

           

          次にiMacのLightroomを開き、ファイルメニューから「別のカタログから読み込み」をクリックします。

          カタログを探すダイアログが出ますから、MacBookPro内のカタログファイル(青地に白でLrと書いてある拡張子.lrcatファイル)を選択します。

           

          カタログから読み込みのダイアログが開きますから、コピーしたいフォルダーあるいはファイルと、読み込み方法を選択します。

          MacBookPro側のカタログには、今回以外の写真も出てくるかも知れませんが、不要な場合はチェックを外して読み込みから除外します。

           

          ファイル管理のスリップダウンメニューで、「新しい写真を新しい場所にコピーして読み込み」を選び、コピー先のiMacのフォルダを新設するか、既存のフォルダを指定します。

          元のフォルダ名や読み込みダイアログの日付分類などのように、自動でフォルダ名は設定されません。

           

          その下に「変更した既存の写真」と出ますが、(なし)になっている場合は、読み込み先のカタログにはまだそれらの写真が読み込まれていないということです。
          もし出張前にiMacに保存されていた写真をMacBookProにコピーして持ち出し、それを編集したのであればメタデータが変更された枚数が表示され、どのように同期させるかを選ぶことが 出来ます。(前述のコピーの欄も内容が変わってきます。)

           

          設定後、読み込みボタンを押すと、MacBookProからiMacのカタログに新しい写真がコピーされ、同時にメタデータや現像設定のパラメータなども反映されます。

          MacBookProのほうで、コレクションを作成していた場合は、コレクションのデータもiMacのカタログに設定されます。

           

           

          コレクション等を設定していないのであれば、もっと簡単に新しい写真だけを読み込んで、現像設定などを同期させることも出来ます。

          その場合は、MacBookProのLightroomで、これからコピーするファイルを全選択し、ライブラリモジュールのメタデータメニューから「メタデータをファイルに保存」(コマンド+S)を行います。

          そうするとRAWの場合はXMPサイドカーファイルが作成され、JPEGの場合はファイル内にメタデータが書き込まれます。

           

          帰宅後、iMacとMacBookProを接続。

          MacBookProのデータをiMacが管理している任意の場所にコピー。
          iMacのLightroomを起動し、新しいファイルの読み込みを行う。

          そしてまたライブラリモジュールで読み込んだファイルを全選択し、メタデータメニューから、「メタデータをファイルから読み込む」を実行します。

          そうするとMacBookProで作業した現像設定が同期されます。

           

           

          あと、すでにiMacに保存してあるデータを持ち出して出張先で作業を続けたい場合は、カタログの書き出しスマートプレビューを使うと便利ですが、今回のご質問はそういうことではないだろうと思い、割愛させていただきます。