1 返信 最新の回答 日時: Jul 28, 2015 12:49 AM ユーザー:150kw

    Premiere Elements11にて動画再生中、カクカク映像が飛び飛びになる事象改善方法について。

    31101040

      1920×1080dpiのフルHD動画をトリミングカットの編集後、希望通りになっているかテスト再生したところ映像がカクカク飛んでしまい、音と映像が全く合いません。

       

      上記事象が高画質なHD動画を再生した際にPCに一時的に高い負荷が掛かり続けたことで生じる現象によく似ていたため、PCの状態を確認するためタスクマネージャーを起動し、パフォーマンス画 面を確認しました。しかしCPU稼働率や稼働メモリの状態を確認するも共に使用率は30~50%程度で問題が無い模様。

       

      念のため電源再起動をしても改善しません。
      PCに関する情報は参考までに記載しますので何か心当たりのある方、改善方法をご存じの方がいらっしゃいましたら教えていただけると助かります。

       

      無題.png

       

      ◆製品:SONY製VAIO Duo13(型式:SVD1322A1J)
      ◆Windows 8.1 Pro 64ビット
      ◆インテルHDグラフィックス 5000
      ◆Core i7-4650U(1.70GHz)
      ◆メモリー8GB(オンボード8GB)
      ◆SSD 約512GB
      ◆13Autumn

        • 1. Re: Premiere Elements11にて動画再生中、カクカク映像が飛び飛びになる事象改善方法について。
          150kw Most Valuable Participant

          こんにちは、31101040さん

           

          たぶんまだレンダリングをかけてないと推定し、書き込みます。

           

          タイムラインに映像クリップを並べて、再生するとたいていの場合はカクカクの映像になったり音飛びが発生します。

          これはクリップにトランジションやエフェクトをかけたり、クリップを重ねたりした場合に発生します。このような場合、映像を再生する負荷が増えて、PCの処理が間に合わないのです。

          このカクカクや音飛びの程度は映像素材のフレームサイズ、タイムラインの複雑さやPCの性能に左右されます。

           

          この対応策として、映像の合成作業(レンダリング)を行ないます。レンダリングを行なった後はスムーズに再生されるようになります。

           

          下図を見て下さい。赤枠で囲った中に橙色の線(レンダリングバー)があります。橙色はレンダリングが必要であることを示しています。

          赤枠で囲った「レンダリング」の文字をクリックするか、キーボードの「Enter」キーを押すとレンダリングが始じまります。

          レンダリング中は下図のようなウインドウが表示されます。レンダリングが進むにつれ、レンダリングバーの色は橙色から緑色に変わっていきます。

          レンダリングが終了するとレンダリングバーは全て緑色になり、レンダリングをかけた部分の再生が自動的に始まります。今度はスムーズに再生されます(多少はカクカクが発生するかもしれません) 。

          緑色に変わった後、再度クリップに変更を加えると、橙色に戻ります。