1 返信 最新の回答 日時: Dec 4, 2015 8:06 PM ユーザー:麦芽

    AcrobatDCでの複数PDF表示について

    nkutomi

      率直に言って、今、私は相当に怒っています。また、困惑しています。


      私はAcrobat XI Proを使っていて、唯一の不満が、複数の文書をタブで開けないことでした(ウィンドウが大量にできる)。


      先日、AcrobatDCの新機能で、対応したという記事を目にしました。

      実際、Acrobat Reader DCを入れてみたら複数の文書がタブで開けます。

      念のため情報収集を始め、Acrobatのサイトで

      「ラーニングとサポート / Acrobat DC ヘルプ

      https://helpx.adobe.com/jp/acrobat/topics.html#dynamicpod_reference_1

      から「新機能の概要」を開くと、1つめに「複数の PDF を表示するためのタブインターフェイス」とあるのを確認しました。
      そして、永続ライセンス版とサブスクリプションを比較するため

      http://campaign.otsuka-shokai.co.jp/adobe/creative-cloud/about/acrobat-subscription/pdf/ac robat-dc-feature-list.pdf

      を確認し、機能の制限内容を確認した上で、永続ライセンス版を買いました。

       

      ところが、購入、インストール、認証、と終わらせて使い始めて分かったのですが、上記の機能、永続ライセンス版では対応していないのです!

      サポートにチャットで尋ねてみたところ、非対応だと言われました。

      完全に裏切られた気分です。お金も、機能を確かめるための時間も、問い合わせた時間も、いろいろ無駄にされました。

       

      なぜ、こんな意味不明な機能制限をするのでしょうか?
      (無料のReaderは対応し、有料のProは非対応・・・そりゃ、前者がサブスクリプション、後者がそうでないから、というけど、そりゃないでしょう)

       

      機能制限について、なぜ全く説明がないのでしょうか?
      (敢えて言えば、「新機能の概要」のページ

      https://helpx.adobe.com/jp/acrobat/using/whats-new.html

      タイトルのすぐ下には「Acrobat DC with Adobe Document Cloud は、・・・」とあるので、非常に好意的に解釈すれば、Cloudがついているバージョンについての、新機能の概要なのでしょう。しかし、この書き方でサブスクリプションのみの新機能だとわか るでしょうか?加えて、記事のタイトルが「Adobe Acrobat DC 2015(10 月リリース)」しか書いてないのに、この記事の内容は一部のバージョンでしか対応していない、などと誰が思うでしょうか?)

       

      以上、これはどうしたらよいのでしょうか?正直、やり場に困った怒りを覚えています。

        • 1. Re: AcrobatDCでの複数PDF表示について
          麦芽 Level 2

          私も同じ事を思って永続ライセンス版を購入しました。

          サイト漁ってもそれらしき文言が見当たらないので気持ちよく分かります・・。

          一応電話して、意見を上げてくれるとの回答だったので、今後のアップデートに期待しましょう・・。