0 返信 最新の回答 日時: Dec 17, 2015 9:39 PM ユーザー:sho-ngn

    毎回悩ましい 「字幕またはメニューのサブピクチャーが複雑すぎるためエンコードできません。」のエラー

    sho-ngn Level 1

      お世話になっております。

       

      CCは2015が出ているこの時代でも

      EncoreCS6の後継が全く無いため

      そのサポートやバグフィックスも無く、悩ましい限りですが

       

      字幕を作成していると

      よく、このエラー

       「字幕またはメニューのサブピクチャーが複雑すぎるためエンコードできません。

      が、はき出されます。

       

      セーフマージンとフォントによる相関が高いと思われますが

      今回は、本当にフォントの大きさを

      かなり、小さくするしか対応できなさそうです。

      本当に困っています。

       

      ■書き出しメディアによる相違

      なお、Flashへの書き出しやBlu-rayへの書き出しに関しては

      あまり、この問題に遭遇しません。

       

      もちろん、事前にビルドのチェックをしても、エラーは、全くありません。

      本当に、何をチェックしているのだか、分かりません。

      気休めチェックです。

       

      しかし、ようやく完成して、さて、DVDにしようかとすると

      ・・・このエラーに悩まされるワケです。

       

      エラーが発生する殆ど全てが、 DVD  書き出しです。

      ディスクに直に書き出すと、ディスクが何枚あっても足らないので

      まずは、DVDイメージ(isoイメージ)書き出しにしています。

       

      また、日本語フォントよりも

      英語などの別のフォントのほうがエラーが多い傾向にあります。

       

       

      こういうエラーがあると、相談すると

      たいてい

       「再インストールして」

      と誘導されますが

      今回も、他のソフトウェアも入っていない

      まっさらのワークステーションで、OSも最新パッチに当てたのち

      インストールを行いました。

       

      もちろん、他のワークステーションでも、このエラーは出ます。

       

       

       

      現在、Adobeさんの検索では・・・

      フランス語をお使いであった解決事例

       【解決事例】Encore CS6「字幕またメニューのサブピクチャーが複雑すぎるためエンコードできません」

      にもありますとおり

      (※:検索しても、殆どコチラしか出てきませんね。昔はサポートポータルにも入れましたが。)

       

      【環境】

        Windows7 Professional  SP1(x64)  / Ultimate SP1 (x64)

        字幕レイヤーのギャップ問題も無し。

           ビルドのチェック:問題無し。

        Flash書き出し:問題無し。

         

        今回は 日本語字幕、英語字幕 で、 英語字幕のみエラー。

        フォントはCentury Gothic / R

          24ptから0.5ptずつ下げてゆき

       

        セーフマージンは今まで問題無かったものでは

        右端72→80・・・色々調整。たいてい75以下はNG

        上端48変わらず

        下端432→445(下端は大きくてもエラーになった経験無し)

         左端640→648・・・色々調整

       

        その他はデフォルト設定。

       

       

       

       

      私もCS6に限らず、Encoreを使い始めてから

      毎回、この解決事例のように

       

       0) このエラーが出ると、事前準備。

          メニューを超シンプルにして、メニューに問題が無いかチェック。

          たいてい、複数ストリームの字幕なので

          それぞれの字幕のレイヤーを消していって

          どの字幕レイヤーに問題があるのかをチェック。

          → たいてい、英語のレイヤーがNG

       

       1) エラーレイヤーの字幕トラックを テキストスクリプト(UTF-8) として 書き出し

          (テキストの改行は保存されます。:これが無いと、メッチャ大変です。)

       

       2) エラーレイヤーの字幕トラックに再度、そのテキストスクリプトをを読み込み

          (もちろん、レイヤーを消して、新規追加してもよし。)

       

          その際に、

           ・ フォントのポイントを各種調整。

             ※今までの実績では、だんだん小さくしてゆく。

       

           ・ セーフマージン設定の左上72から 各種。

             ※今までの実績では75以下はNG多い。

               80以上にすると良いが

               大きくすると、字幕入りませんよね。

       

           ・ 同 右上628から 各種変更。

             ※今までの実績では、640とか648とか。

       

       

       3) タイムラインのモニターで、一つ一つの字幕をチェック。

          (セーフゾーン、セーフマージンにかかっていないか

           字幕トラックが変に改行されていないか?)

       

         ・・・ホントこれが、結構大変です。

           長い尺のものもそうですが

           特に、英語の文章など、文字を切りたいセンテンスなど

           中学のテストではないけれど

           専門単語や語学能力も必要なのでホント面倒です。

       

            

       4) ビルドのチェック。 = 正常。エラーになったことない。

       

       5) 書き出し → エラー → 1)へ戻る

       

      ・・・を繰り返しています。

       

      今回は、かなりの無限ループです。

       

       

      どなたか、良いアイデアはございますでしょうか?