2 返信 最新の回答 日時: Dec 27, 2015 7:26 PM ユーザー:lightroom3no

    RAWファイルサイズ約10MからのJPEG最大変換の結果が3M前後になるのはなぜ?

    lightroom3no

      CANON EOS5D2で撮影したMRaw画像をトリミングなしでJPEG最大サイズに設定して変換した結果が3メガ前後だった。

      DPPで変換したら5Mを超えていた。なぜ元データが10Mあるのに結果3M前後のJPEGしかできないのか?

      ソフトの故障なのか、ライトルームだとそれが当たり前の結果なのか?

      誰か教えていただけないでしょうか?

      どうぞよろしくお願いします。

        • 1. Re: RAWファイルサイズ約10MからのJPEG最大変換の結果が3M前後になるのはなぜ?
          jcoba Level 1

          Adobeの仕様です。故障ではないです。CameraRawも同じです。

          JPEGは圧縮ファイル(一般的には非可逆圧縮)なので、ファイル容量は少なくなります。詳しくはWEBで調べるといくらでも参照できます。

          ちなみにキヤノンのカメラ内でのJPEG記録の場合は、DPPで10~12MB前後に対し、5~7MB前後です。(ご存知のように容量は描画やノイズ処理によって変わります。)

          RAWをDPPで最高圧縮でJPEGにすると10~12MB前後になりますが、当然その分だけ描画の劣化に優れた部分があります。カメラ内はDPPだと圧縮率7前後と言われます。
          他の大手の現像ソフトで、書き出した場合も10MBには届きませんが、それぞれ基本容量に差があります。

          Adobeの仕様は最大限に階調良く利用できる有効描画で可能な限りファイルサイズを下げる設定になっていて、描画によりますが、3~7MBで保存されます。

          • 2. Re: RAWファイルサイズ約10MからのJPEG最大変換の結果が3M前後になるのはなぜ?
            lightroom3no Level 1

            返信遅くなってすみません。

            わかりやすく詳しい返答をありがとうございます。

            ソフトによってそんなにも基本容量に差が出るなんて知りませんでしたので驚きました。

            長いこと使っているのにそんな基本的なことを知らなくて恥ずかしい限りです。

             

            改めてありがとうございました。