4 返信 最新の回答 日時: Feb 17, 2016 2:52 AM ユーザー:sho-ngn

    EncoreCS6 ビルド でハングアップ

    sho-ngn Level 1

      Encore CS6 (mac) にて

      isoイメージ  ビルド時に

      進捗状況(プログレスバー)が出てから数分経つと

      急にハングアップしてしまいます。

       

      以前のディスカッションを

      CS6 ビルド 等で 検索して 拝見しますと

      同様にCS5.5にてハングアップされている事象がございますが

      (※今回はDynamicLinkなどは使っておらず、EnCS6単体です)

      まだ解決には至っていないようですので、投稿させていただきます。

       

       

      今回の状況は下記の通りです。

       

      【システム構成】

      macpro(2013)

      6core/64GBmem/D700x2/1TB PCIe Flash

      PCIeフラッシュ空き容量はまだ潤沢にあり。

      OSX Yosemite 10.10.5 + 最新パッチ(2016/2/15現在)

      ※OSサポートの問題もあるかもしれないと考え

      こちらのmac proは敢えて、El Capitanにアップデートさせていません。

       

      アプリはEncore CS6 (mac) 最終パッチ適用済 となります。

       

       

      【プロジェクトの内容】

      単純な3つほどのタイムラインを作成

      チャプターもそれぞれ 1~20程度なので

      合計数も問題無しと思われます。

       

      内在するファイルは一般mpg形式をチャプター数程度組み込み。

      エンコードは事前に行い、エンコード済み。

      既にこれらのリソースを利用して、DVDの作成も問題なく完了のもの。

       

      字幕ストリームはゼロ。

       

      音声ストリームは動画ファイルの音声のみ。

       

      メニューは4つ程度。

      それらのフロー接続性もフローチャート確認済み。

       

      Encoreの「ビルド」パネルの「ディスク情報」で使用されている容量は

      22.86GB使用2.14GB空きと

      容量のバーも問題無いと思います。

      一例には23..281GBオーバとなるとエラーとなる事象もあるということで

      それ以下になっております。

       

      そして、いつもアテにはなりませんが

      事前にビルドの最終チェックを行っても、エラーは一切無し。

       

      しかし、経験上、ディスクにそのまま焼こうとすると

      (もう想定内の)トラブルことが多いため、ISOイメージを作成

       

      書き出し先 および ファイルの全ては

      macpro標準内蔵の

      ローカルのPCIeフラッシュドライブになっています。

       

      特に書き出し先は デスクトップ に指定してあります。

       

      書き出しの際、問題を防ぐために

      ウィルスチェックソフトは終了させてあります。

       

      【アプリクラッシュの発生事象】

      ・・・以上の準備から、 書き出しを行うと

      書き出し数分の状態

      『ビルドの進行状況』のプログレスバーは

      「モーションメニューをビルド中」

      のメニューレンダリング中にて

      EncoreCS6が突然落ち

      アプリのクラッシュエラー(OSのエラーメッセージ)が表示されます。

       

      メニューを見ても

      それほど煩雑なものもなく

      16:9ですがボタンは各ページ18以内で

      作成してあります。

       

       

      何回やっても

      macproを再起動(もちろんウィルス対策を止めて)しても

      この処理を行うと、必ずアプリがクラッシュします。

      『Adobe Encoreが予期しない理由で終了しました』

      と問題レポートが表示されます。

       

      Execution Typeは

        EXE_CRASH(SIGABRT)

        EXE_BAD_ACCESS (SIGSEGV)

       

       

      他のアプリは正常に動いています。

       

       

      他のプロジェクトでは問題無いようですので

      やはり、今回扱うプロジェクトのみの問題と思われるのですが・・・

       

       

      過去も何度も経験しておりますが

      最後のビルドで、こうして書き出せなくなると

      今までの作業時間が台無しで

      悲しくなりますね。

       

      もし何か改善策がお分かりの方がお見えであれば

      どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

        • 1. Re: EncoreCS6 ビルド でハングアップ
          sho-ngn Level 1

          こちらの症例

          Mac用EncoreCS5でblue-rayのイメージをビルドすると強制終了してしまう。

          とも酷似していますね。

          今回の事例ではisoイメージでの書き出し停止となります。

           

          他のisoイメージなどは、Blu-rayディスクに正しく書き込まれており
          ドライブのドライバも最新のもので、問題無いと思われます。

           

          書き出しも急がれるため
          新しいプロジェクトとして、再作成を始めました・・・。

          • 2. Re: EncoreCS6 ビルド でハングアップ
            かっぱ巻 Level 4

            お使いのMac Proはこれの対象ということはないでしょうか?

             

            Apple、GPUが原因でMac Proが不安定になる可能性があるとして、一部Mac Pro (Late 2013)のリペアエクステンションプログラムを開始。

             

            また、Encore Cs6はYosemiteでも動作保証外になるので、予期しないトラブルは避けられないかもしれません。

            • 3. Re: EncoreCS6 ビルド でハングアップ
              sho-ngn Level 1

              かっぱ巻さん

              早々のご回答ありがとうございました。

               

              MacPro(Late2013)のリペアエクステンションプログラム

              を拝見させていただきました。

              米国では結構ディスカッションされているようですね。

               

              サイトの情報によりますと

               

              ・本問題は公式サイト上では公開されない

               

              ・対象のMac Proは

               2015年2月8日〜2015年4月11日に製造されたMac Pro (Late 2013)

               

              ・・・ということでした。

               

              現在利用している機器は

              MacProの後継を待ち望んでいてリリース直後に発注したため

              これより前の機材のようです(初期ロット不良ということも考えられますが)。

              まだ、Appleからも連絡はありません。

              カスタマイズ機のため、対象であれば何らか届くかなとも思いますが

              あとAppleCareが切れないうちに対処したいです。

               

              ただ、以前利用していたiPhoneで経験しましたが

              当初サポートやGenius barでも全く取り合ってもくれませんでしたが

              後で認知されたのか、事象があまりにも多かったのか

              新聞に掲載されたこともあるので

              何れ、対象が広がるかもしれませんね。

              もちろん、出荷数はiPhoneと比べて桁外れに低い機種なので分かりかねますが・・・。

               

               

              そのほか、Appleのサイトでのハングアップ事例

              拝見させていただきました。

               

              何やら深そうな問題ですね。

               

              以前、Thunderbolt Displayのブラックアウト問題は

              OSのパッチで出ており、多少は改善しておりましたが

              まだ完全では無いと思います。

              これは、今回の事象と関係があるかもしれませんね。

               

               

              EncoreのサポートOSにつきましては

              既に後継も出さないと断言されているので

              YosemiteでもNGですよね。

               

              私もmac book proではEl Capitanにして

              本来は、このMac Proもアップデートしたいのはヤマヤマですが

               

              El Capitanでは起動しないというスレッドもあり

              Mac BookではEncoreの作業は行わないと(個人的に)割り切っています。

               

               

              ビデオ系については、コアやメモリ、GPUなどからも

              また特にBlu-rayについてはデバイスの観点からも

              やはりWindowsの方が有利ではあり、私もWindows版を多用していますが

              ・・・とはいえ、macの操作性やOSによるコアの使い方

              AirDropなどiOS連係の便利さ等も、Appleデバイスならではですので

              Encoreもmac版でも使い続けたいです。

               

              Adobeさんの手厚い方向転換がされないのかなと

              非常に薄い期待をしております。

              ライセンスの許諾形態もジワジワと変わりますが

              併用とはいえ、複数台使用するユーザにとっては
              いくつもCCライセンスが必要になって買わなければいけないので

              CCでは少数のボリュームライセンスも欲しいところですね。

              イチバンは前に戻して欲しいですが。

               

               

              プロジェクトは結局、今朝まで、作り直していました。
              夜間しか時間がとれないので、もうちょっとかかりそうです。。。

               

              今後ともよろしくお願い申し上げます。

              • 4. Re: EncoreCS6 ビルド でハングアップ
                sho-ngn Level 1

                お世話になっております。

                 

                ・・・いまのところ解決策も見つからず
                結局、プロジェクトを再作成しましたところ
                同一機種、同一構成、同一映像ファイルではありますが

                ・・・難なく ISOイメージファイルが作成されました。


                何が原因なのでしょうか。

                分からないですね。

                原因が分からないのがスカっとしませんが・・・。

                 

                しかし、新たな問題が!
                こちらはまた全然異なるものなので
                別スレッドにしたいと思います。