3 返信 最新の回答 日時: Mar 7, 2016 6:01 AM ユーザー:assause

    インデザイン5.5の文字化けについて

    チームd18048876

      レイアウトデータのInDesignをリンクフォルダーに移動して開いた際に自社のPCにフォントが登録されていない旨のメッセージが表示されたので自社にある同じ名前のフォントに置き換えた。置き換えた段階では文字化けは発生しなかったが、InDesignのファイルを別の階層に保存した後に再度そのファイルを開き直したところ文字化けの現象が発生した。なぜこのような現象になってしまうのかわかりません。

      もし分かる方がいらしたらご指導のほどお願い致します。

        • 1. Re: インデザイン5.5の文字化けについて
          assause Adobe Community Professional & MVP

          異なる文字表示に変わってしまったということでしょうか。

          該当部分をコピーして別のエディタ等にペーストした場合はどうでしょうか。

           

          状況が不明な部分がありますので、下記を記載されると回答がつきやすくなると思います。

          ・InDesign CS 5.5のバージョン(サブバージョンを含む)

          ・使用しているOSとそのバージョン

          ・置換前および置換後のフォント名

          ・文字化けが起きる前と起きた後のスクリーンショット

          • 2. Re: インデザイン5.5の文字化けについて
            チームd18048876 Level 1

            ・InDesign CS 5.5のバージョン(サブバージョンを含む)

             CS5.5 バージョン7.5.3

            ・使用しているOSとそのバージョン

             OSX バージョン10.9.5

            ・置換前および置換後のフォント名

             Helvetica Neue (T1) 66 Medium italic を Helvetica Neue (TT)  Medium italicに置き換えました

            • 3. Re: インデザイン5.5の文字化けについて
              assause Adobe Community Professional & MVP

              どのように化けたのかが情報がありませんので、いただいた情報内での話ですが……。

               

              まず、「Helvetica Neue(T1) 66 Medium Italic」と「Helvetica Neue(TT)」は

              フォントフォーマットが異なり、別物のフォントと考えるべきです。

              置き換えることで意図する組結果からは変わる可能性が出てきます。

               

              またCS5.x製品は、OS X 10.9以降では動作保証外です。

              よって利用自体が自己責任の範疇になります。

               

              今回の置換ですが、一旦別の欧文フォントに置換して保存した後に、

              再度本来置換したいフォントにした場合はどうなるかの確認が必要になると考えます。

              また、前述のとおり、置換することで意図する結果からは変わる可能性が高いこと、

              置換前のフォントがType1ということですと同じフォントを入手するのはすでに不可能ですので、

              OpenTypeフォントでの運用に切り替えられるのが望ましいと考えます。