1 返信 最新の回答 日時: Mar 31, 2016 2:17 AM ユーザー:h-k1234

    「文書を開くときに署名を検証」をチェックした状態で検証が自動実行されない

    h-k1234

      AbobeReaderのバージョン:11で「文書を開くときに署名を検証」をチェックした状態でInternetExplorerを利用して、電子署名・タイムスタンプ付きPDFファイルを サーバからインラインでダウンロードしてAdobeReaderに表示させたところ、AdobeReaderに「検証が必要な署名があります。」と表示されます。

       

      署名パネルを開いて署名を確認すると、「署名が確認されていません」の表示が出ます。
      この状態で、署名パネルの「すべてを検証」のリンクを押下し、すべての署名を検証すると、正しく検証され、「署名済みであり、すべての署名が有効です。」のメッセージに切り替わります。

       

      本事象は、ファイルサイズが600KBを超えるファイルの場合に発生するようで、それらのファイルでは、サイズが大きい為、ダウンロード途中で、PDFファイルの中身が表示され、ステータスバ ーにダウンロード状況が表示され、ダウンロードが継続して進行していきます。
      ダウンロードが継続している状況では、「証明書/署名のステータスを検証しています。」のメッセージが表示されます。
      その後、ダウンロードが終了すると、「検証が必要な署名があります。」のメッセージに切り替わります。

       

      最終的に、署名パネルの「すべてを検証」のリンク押下で、正しく検証出来る為、ダウンロードしたPDFファイル自体に問題はないと考えており、「検証が必要な署名があります。」の表示がされて しまうのは、AdobeReaderの問題と考えております。

       

      サイズの大きな電子署名・タイムスタンプ付きPDFファイルのインライン表示において、自動に検証が実行されずに「検証が必要な署名があります。」と表示されるのは、AdobeReaderの 仕様でしょうか?

       

      AdobeReaderの仕様の場合、設定等で回避する方法がありましたら、教えていただけないでしょうか?