0 返信 最新の回答 日時: May 11, 2016 8:20 PM ユーザー:羽のばし

    レイアウトにないXML要素の削除

    羽のばし Level 1

      OS:Windows7

      InDesign CS4

      Microsoft Access2013

       

      お世話になります。

      サードパーティ製の自動組版プラグインを使用して生成した

      InDesignデータがあるのですが、

      レイアウトには存在しないXML構造要素が大量にあり、

      リンクパネル上でエラーが表示されるなどの支障が出ております。

      データの制作者は自動組版プラグインの挙動をよく理解しないまま

      試行錯誤で初めてデータを作ったそうで、エラーの解消まではとてもできないそうです。

       

      そこで、VBAからInDesignのXMLを検証して、

      レイアウトに存在しないXML構造要素を削除するスクリプトを作りたいのですが、

      どのオブジェクトのどのプロパティの値を見れば

      レイアウト上に存在していないXMLと判定できるのかがわかりません。

       

      InDesign上で、構造パネルから全XMLタグを選択して解除すれば、

      一見エラーが解消されたようには見えるのですが、

      必要なオブジェクトまで消えてはいないかと心配ですし、

      この機会にスクリプトで制御する方法を知りたいと思い質問させていただきました。

       

      よろしくお願いいたします。