7 返信 最新の回答 日時: May 23, 2016 5:33 PM ユーザー:たつなん

    acrobat XI 起動時 一回 テキストボックス フリーズ

    たつなん

      Windows 7 Pro 32bit 下、acrobat XI にて

      acrobat XI 起動時 一回目の テキストボックス の使用時

      Windows がフリーズし、マウスやタスクマネージャーまで停止し

      運がよければ蘇生する

       

      この現象は複数のマシンで発生している。

       

      症状の度合いはマシンにより違うが

      どんなに軽くても 砂時計表示後、数十秒はフリーズ状態となる

      ひどい場合は数分フリーズしたままとなる

       

      発生頻度が高く数十台のパソコンで同じ現象が見られる

       

      今ところ例外が見つからない(発生しないマシンがない) ため

      11.0.15 または 11.0.16 と Windows 7 32bit においては

      必ず発生する障害と考えている。

       

      障害の解決方法または緩和方法と原因が知りたい

       

      カーネルモードなど、CPU 100% または ユーザーにディスパッチしなくなるような

      ロジックを組んでいるのであれば即刻直して、操作不能のフリーズ状態にはならないようにしてほしい

        • 1. Re: acrobat XI 起動時 一回 テキストボックス フリーズ
          assause Most Valuable Participant

          Acrobat XIがリリースされてそれなりに経過していますし、

          11.0.15/11.0.16で例外なく発生するのであれば、

          早々にアナウンスが出ていると思われます。

          特に11.0.15のリリースは3月9日と少し前ですので、

          影響の高いトラブルであれば情報は流通しているはずです。

           

          同様の環境下の複数PCで発生しているということであれば、

          共通してインストールしてる、他のソフトウェアと競合している

          可能性を考慮したほうがいいかもしれません。

           

          可能であれば、OSのみインストールした環境を用意し、

          その状態でAcrobat XIをインストールして確認されるのが

          宜しいのではないかと思います。

          そのうえで、どのソフトと競合しているのかを

          順次探っていくほかないと考えます。

          • 2. Re: acrobat XI 起動時 一回 テキストボックス フリーズ
            assause Most Valuable Participant

            補足です。

             

            当方側にもWindows 7 Pro 32bit/Acrobat XI 11.0.16の環境がありますので、

            そちらで、OS再起動直後にAcrobat XI起動→直後テキスト追加を数回程度ですが

            行ってみました。

            結果として、いずれにおいてもWindows自体がフリーズすることはありませんでした。

             

            なお、再起動直後の状態なので、タイミングによっては他のプロセス類起動との

            競合によって、Acrobatの動作が遅くなるケースは見られました。

            またテキスト追加の場合、初回はフォントの読込を行いますので、

            その動作についても多少ですが影響はしました。

            • 3. Re: acrobat XI 起動時 一回 テキストボックス フリーズ
              たつなん Level 1

              ご協力頂きありがとうございます。

               

              当方では現状 Windows 7 の初期インストール状態が作れないため

              ご提案頂いた試験は準備中となります。

               

              現象が再現しないのですね。

              驚きました。

               

              確認したのは業務内容の離れた課の十数台ですが

              今のところ全滅です。

               

              最低でも砂時計とプチフリが発生します。

               

              二回目以降のテキストボックスの追加ではスムースに動作するため

              テキストボックス関連のソフト(フォント?)をメモリにロードしてマップする動作が一回目に発生し

              明らかに一回目のみ遅いはずです。

               

              違いはありませんでしたか?

              砂時計は出ませんでした?

               

              信じられません。

              • 4. Re: acrobat XI 起動時 一回 テキストボックス フリーズ
                assause Most Valuable Participant

                テキスト追加については、初回と2回目以降では、

                仰るように初回のほうが時間がかかりました。

                ただ、これについてはフォント情報の取得を行っているためのはずで、

                フォント数の累積によって変化があると推測しています。

                (流石にフォント数による違いまでは確認してはおりませんが)

                 

                またこの場合も砂時計マーク等については表示されませんでしたし、

                クラッシュや長時間のフリーズまでは至っていません。

                個人の感覚にもよるかと思いますが、当方は特に気になるほどでは

                ありませんでした。

                • 5. Re: acrobat XI 起動時 一回 テキストボックス フリーズ
                  たつなん Level 1

                  ご協力頂きありがとうございます。

                   

                  「フォント数の累積」との指摘の確認を行いたいと思います。

                   

                  その前に質問です

                   

                  ・どんなフォントが累積しているのか確認する方法はありますか?

                  ・パージする方法や予めロードしておく方法はありますか?

                  ・テキストボックス使用時にロードされるフォントを確認する方法はありますか?

                  ・PDF ファイル毎にどんなフォントが使用されているか確認する方法はありますか?

                   

                  上記の情報が得られたら試験が可能になりますので

                  下記の試験を行いたいと思います。

                   

                  想定する試験

                   

                  ※ 以下、全て再起動後の試験とする

                    一番初めに PDF を 修復インストールし、

                   「フォント数の累積」をパージする

                   

                  ① 試用するフォントが一般的で少ない PDF ファイルを使用し

                    複数回 boot 後の起動一回目のテキストボックスの使用開始可能までの時間を測定する

                    < 推定結果 > 動作は早く かつ 変動がないはず

                   

                  ② ①とは別のフォントを使用している pdf  ファイルを使用し

                    複数回 boot 後の起動一回目のテキストボックスの使用開始可能までの時間を測定する

                    < 推定結果 > ロード時間に変動が発生 最終的に遅くなり 一定の遅延時間となるはず

                   

                  ③ 特殊なフォントを使用している pdf  ファイルを使用し

                    複数回 boot 後の起動一回目のテキストボックスの使用開始可能までの時間を測定する

                    < 推定結果 > ロード時間に変動が発生 最終的に②より遅くなり 一定の遅延時間となるはず

                             「フォント数の累積」であれば、砂時計やプチフリが③により再現するはず

                   

                   

                  ④ ③の試験に起動時 フォントを予めロードする手順を追加

                    < 推定結果 > 動作は早く かつ 変動がないはず

                             「フォント数の累積」であれば、砂時計やプチフリが③により再現しなくなるはず

                   

                   

                  試験の肝は現状を確認する方法と適正な pdf ファイルの使用です。

                   

                  このような理解で良いですか?

                  試験内容に問題はありませんか?

                   

                  追伸 : 複数の言語を使用している人などは、どの程度遅延するのでしょうか?

                       フォント情報の取得時は マウスの操作やタクスマネージャが停止する事があるのでしょうか?

                       カーネルモードで動作する処理があるとか

                       障害の現象との因果関係が気になります

                  • 6. Re: acrobat XI 起動時 一回 テキストボックス フリーズ
                    assause Most Valuable Participant

                    考え方の話になってくるので一概には言えませんが、

                    個人的には、問題点を引きながら調査を行うよりは、

                    プレーンな状態にして、追加しながら行っていくほうが

                    影響の判断がしやすいと思っています。

                    (そのために最初のご返信でOS初期状態としています)

                     

                    実際にどのような確認方法を取られるかについては、

                    個々の方策になりますので、ご記載されたことに対して

                    是とするかについては、済みませんが当方では判断いたしかねます。

                     

                    なおテキスト追加でのフォント情報は、PDF内の情報ではなく、

                    OS内にインストールされているフォント数になると思います。

                    (選択するフォントリストの情報になるためです)

                    フォント数の累積影響についてはあくまでも推測にすぎませんし、

                    それだけに限るのも、現時点では判断が難しいところです。

                     

                    PDF内で使用されているフォント数の調査については、

                    PDFをAcrobatやReaderで開き、プロパティで確認することが可能です。

                    • 7. Re: acrobat XI 起動時 一回 テキストボックス フリーズ
                      たつなん Level 1

                      成果のでない方向に話が進みそうなので、少し話を戻します。

                      原因の特定のため、環境を単純化する、要因を差し替えて、原因を絞り込む など

                      基本に立ち返りたいと思います。

                       

                      環境を単純化する事は現状難しい、XI のバージョンを戻す事も難しい状態です。

                      今できる一番簡単な差し替え試験は DC の仕様版の試験となりました。

                       

                      XI に干渉すると想定される環境は同じです。

                      DC で 問題が発生しなければ、単純に考えて、XI は限りなく黒に近くなります。

                      問題が発生すれば、環境側の見直しが必須となります。

                       

                      結果です。

                       

                       Acrobat DC の無償体験版をインストールし初回起動時のテキストボックス挿入時の

                       砂時計やフリ-ズが発生しないか試してみました。

                       (注釈テキストボックス追加の操作です。)

                       結果は問題なくテキストボックスが追加できました。

                       (Acrobat XI ではテキストが入力できるまで 約 30 sec Acrobat DCでは約 3 sec でした。)

                       タスクマネージャでパフォーマンスを監視していましたが

                       CPU使用率は約40%まで上昇したものの,フリーズなどの症状はありませんでした。

                       また,再起動して同様の操作を行いましたが再現できました。

                       

                      後は 11.0.15/11.0.16 以前に戻して

                      上記と同じ試験をして、どうなるかです。

                      現象の発生の有り無しの境目が バージョン にあれば ソフトバグ が 確定となります。

                       

                      特に障害が指摘され始めたのは今年に入ってからです。

                      開発が終了しているのに動作が異様に遅くなるパッチソフトは

                      どうしても不信感がぬぐえません。

                       

                      不審をぬぐうため試験をするべきと思いますが、

                      それもユーザーの仕事とは思えません。

                      サポートが厳しいのは Adobe 採用の難しいところです。

                       

                      安価なソフトであればソフトを更新して解決ですが

                      異様に高いソフトであり個数が多いので

                      現バージョンの継続使用は上司より指示される可能性が高く難しい状態です。

                       

                      また、原因を絞り込んでも解決される(対応してもらえる)可能性は低く

                      徒労に終わる可能性が高いと考えられます。

                       

                      今回の経験を活かすとすると

                      サポートが良く 更新費用の安い 他の pdf エディター を検討するしかない事が

                      どうしても合理的な結論になってしまいます。

                       

                      この障害の原因調査の時間はそれに充てるしかなさそうです。

                       

                       

                      従って、本件は新しいパッチがでるまで、凍結となると思います。