1 返信 最新の回答 日時: Aug 3, 2016 6:23 AM ユーザー:kurikinton03

    仮想ディスクに作成される「Photoshop temp XXXX」のサイズについて

    kurikinton03

      ネットや本フォーラムで検索しても該当する情報にたどり着けませんでしたので質問させていただきます。

       

      ■質問内容

       Photoshop起動時に作成される「Photoshop temp XXXXX」という仮想ディスク用のファイルですが、

       Photoshopを起動するたびに「11GByte」程のサイズで作成され、起動が非常に遅いです。

       バックアップ環境にインストールしてるPhotoshopでは起動時のサイズは「1GByte」程度でした。

       仮想ディスク用ファイルの起動時のサイズを指定することはできるのでしょうか?

       または、仮想ディスクファイルのサイズを小さくする(または大きくなってしまう)ような設定はないでしょうか?

       

      ■環境

       OS:Windows10

       CPU:Core i7 6700HQ

       メモリ:8GByte

       ディスク:1TByte

       PhotoShop:Adobe Photoshop CC 2015.5

       

      よろしくお願いいたします。

        • 1. Re: 仮想ディスクに作成される「Photoshop temp XXXX」のサイズについて
          kurikinton03 Level 1

          投稿者です。

           

          根本的な解決には至っていませんが、ある程度納得できる起動速度にすることができましたので、

          内容を記録しておきます。

           

          ■起動が遅い原因

           仮想ディスク用のファイルサイズが11GByteあり、起動時にPhotoshop TempXXXXファイルを作成するのに

           時間がかかっていたことが原因と推測されます。

           

          ■行った対応

           基本方針として、仮想ディスク用のファイルサイズが小さくなるように環境設定およびその他設定を変更しました。

            ※前提として、私の使用用途では「数千ピクセル×数千ピクセル程度」の画像でレイヤー数も多くても30程度です。

             もっと巨大なファイルや大量のレイヤーを利用する方には以下の対応は当てはまらない可能性があります。

           

           ・環境設定→一般→「ドキュメントが開いていないときに「スタート」ワークスペースを表示する」をOFF

           ・環境設定→ファイル管理→プレビュー画像を「保存しない」に設定

           ・環境設定→パフォーマンス→ヒストリー数を「20」に設定

           ・環境設定→パフォーマンス→キャッシュレベルを「2」に設定

           ・環境設定→パフォーマンス→キャッシュタイルサイズを「128k」に設定

           ・書式→フォントプレビューサイズを「なし」に設定

           

          ■結果

           上記対応を実施することにより、仮想ディスク用のファイルサイズを1.5GByte程度に抑えることができ、

           また、スタートワークスペースの読み込み時間も無くなったので、体感的な起動速度はかなり改善する

           ことができました。

           

          ■不明な点

           行った対応でメインマシンの起動速度はある程度納得できるようになりましたが、

           バックアップ用マシンでは初期設定のままで、高速に起動し、仮想ディスク用のファイルサイズも1GByte

           程度に収まっています。

           したがって、「メインマシンがなぜ初期設定で遅かったのか?」という疑問は残りますが、現状は様子見とします。

           

          以上ありがとうございました。