1 返信 最新の回答 日時: Oct 17, 2016 6:44 PM ユーザー:150kw

    Premiere Elements14 タイムラインに追加した動画自体の時間の確認

    DS0420 Level 1

      少しわかりづらくなるかもしれませんが、教えていただきたいです。

      例えば、15分の動画をタイムラインに落とし込み編集するとします。

      その動画の使いたい箇所は、最初〜30秒地点、50秒地点〜1分50秒地点、2分10秒地点〜2分50秒地点

      となる場合、効率よくカットするには何か良い方法はありますでしょうか?

       

      動画自体の時間軸のようなものがわかれば助かるのですが。

       

      ご確認よろしくお願い致します。

        • 1. Re: Premiere Elements14 タイムラインに追加した動画自体の時間の確認
          150kw Most Valuable Participant

          こんにちは、DS0420さん

           

          次のような方法でしょうか。Premiere Elements 14での説明です。

           

          ①ビデオ2トラックより上のトラックにクリップを配置し、時間表示部に「0」と入力すると、再生ヘッド(時間インジケーター)が左端に移動します。ビデオ1トラックではできません。

          次にズームスライダーで時間目盛の右側がが3分強くらいになるように調整します。

          ②クリップを選択し、時間表示部に「3000」と連続入力します。するとセミコロンが自動的に入ります。30秒00フレームと呼びます。再生ヘッドは30秒00フレームに移動します。

          ③再生ヘッドの「ハサミ」マークをクリックします。するとクリップが切断されます。

          ④次に時間表示部に「5000」と入力します。すると、50秒00フレームに再生ヘッドが移動します。

          ⑤切断した右側部分のクリップの左端にカーソルを移動すると、赤枠で囲ったような形に変わりますので、そのまま再生ヘッドの赤線迄ドラッグします。

          ⑥すると、30~50秒がトリミングされます。

          ⑦時間表示部に「15000」と入力します。すると、1分50秒00フレームに再生ヘッドが移動します。続いて「ハサミ」マークをクリックすると、クリップが切断されます。

          ⑧時間表示部に「21000」と入力します。すると、2分10秒00フレームに再生ヘッドが移動します。⑤と同様にして、1分50秒から2分10秒までトリミングします。

          ⑨時間表示部に「25000」と入力します。すると、2分50秒00フレームに再生ヘッドが移動します。続いて「ハサミ」マークをクリックすると、クリップが切断されます

          ⑩「Delete」キーを押すと、2分50秒以降のクリップが削除されます。

          ⑪トリミングした部分で右クリックし、表示された「削除し間隔を詰める」をクリックするとトリミングした部分が詰まります。

          ⑫ビデオ1トラックに移す場合は、ビデオ2トラックのクリップを図のようにドラッグして、全てを選択します。

          ⑬ビデオ2トラックの選択されたクリップをビデオ1トラックへドラッグします。

          1 人が役に立つと言っています