4 返信 最新の回答 日時: Nov 10, 2016 9:13 PM ユーザー:典孝黒64868245

    自然な彩度

    典孝黒64868245

      AdobeRGB添付の画像を、カラー設定の色空間をAdobeRGBにして開いたものと、色空間sRGBで作業用スペースの代わりに埋め込みプロファイルを使用して

      開いたものは実質同じだと思いますが、2点の画像に同じ自然な彩度をかけると結果が違ってしまいます。なぜ?

        • 1. Re: 自然な彩度
          Yamo74 Most Valuable Participant

          CC2017で、Adobe RGBプロファイルを埋め込んだ画像を

          ・カラー設定をAdobe RGBにして開く(画像はAdobe RGB)

          ・カラー設定をsRGBにし、埋め込みプロファイルを使用して開く(画像はAdobe RGB)

          の二枚に同じ「自然な彩度」調整レイヤーを付けて、統合して重ね差の絶対値+トーンカーブ強調しましたが、1pixcelも差が出ませんでした。

           

          上記手順で合ってますか?

          • 2. Re: 自然な彩度
            典孝黒64868245 Level 1

            確認ありがとうございます。

             

            その手順ならそうなりますね。

             

            少し手順が違います。もう少し詳しく説明します。    

            まず、カラー設定をAdobe RGBにして適当なサイズのRGB画像を新規作成します。

            色(平アミ)を入れる。(例えば R68 G124 B187のブルー)

            プロファイルを添付して画像を保存する。

            画像の複製を作る。   ここからが大事

             

            まず、一点をカラー設定をAdobe RGBにして開く(画像はAdobe RGB)、その画像に自然な彩度 彩度+100かける。

            次に、複製した画像をカラー設定をsRGBにし、埋め込みプロファイルを使用して開く、その画像に自然な彩度 彩度+100かける。

            差が出ると思いますが・・・・・・

             

             

            問題なのは、カラー設定をAdobe RGBにして開いた画像に自然な彩度をかけて、レイヤーありのPSD画像を作成保存することです。

            その画像を、カラー設定をsRGBにし、埋め込みプロファイルを使用して開くと結果が変わってしまうことです。

            • 3. Re: 自然な彩度
              Yamo74 Most Valuable Participant

              あれあれ、まずいですねこれ

              ファイル:RGB68/124/187で背景レイヤーを塗り、Adobe RGBプロファイルを埋めて保存

               

              カラー設定>作業用スペースでAdobe RGB以外のプロファイルを設定し、「プロファイルの不一致」チェック

               

              ドキュメントのプロファイルではなく、カラー設定で設定したプロファイルに「自然な彩度」の結果が依存していますね。

              同じファイルでもカラー設定内容によって開いただけで色が変わってしまう…と。非常にまずいですね。

              CC2014でも同じ結果になりました。バグ報告します。

              • 4. Re: 自然な彩度
                典孝黒64868245 Level 1

                宜しくお願いします。

                 

                ありがとうございました。