2 返信 最新の回答 日時: Jan 26, 2017 8:10 PM ユーザー:ih80799199

    2017 年 1 月 アップデート適用後、「Adobe Acrobat Reader DCは動作を停止しました」が発生するようになった

    ih80799199

      平素よりお世話になっております。

       

      掲題の件、IEアドインとしてPDFプレビューさせている挙動について、アップ

      デート適用前と後とで挙動が変わってしまっている事象についてのご報告と

      なります。

       

      OS:Windows7 Professional 64bit

      使用ブラウザ:InternetExplorer11(64bitモード起動)

       

      対象のPDFファイルは、社内システムサイト内のWebページから開かれたモーダル

      ダイアログウィンドウの中で、

      <object data='xxx.pdf' type='application/pdf' width='100%' height='80%'></object>

      といった埋め込みタグにて表示されAdobe Acrobat Reader DCによってプレビュー

      されている部分となります。

       

      バージョン15.020.20039(2016年11月)、および15.020.20042 (2016年12月)では

      問題なく動作していたのですが、バージョン15.023.20053(2017年1月)適用後では

      プレビューは表示されるものの、プレビュー上にマウスを置くと表示されるツールチップ

      から拡大・縮小などクリックしたり、PDF文書内をカーソル選択してCtrl+Cにてコピー

      しようとしたりすると、「Adobe Acrobat Reader DCは動作を停止しました」と表示

      され、「プログラムを終了」を選択することでPDFプレビュー部分が灰色表示になって

      (動作が停止して)しまいます。

       

      バージョン15.023.20053(2017年1月)適用後におきましても、Acrobat Readerの

      「編集」メニュー-「環境設定」-「セキュリティ(拡張)」の

      「サンドボックスによる保護」-「起動時に保護モードを有効にする」のチェックを

      オフにすることで、正常に表示および拡大・縮小や文字列のコピーが可能となります。

       

      しかし、上記で表示させているPDFファイルは同社内システムサイト内に置かれている

      もので、IEの「信頼済みサイト」に該当するURLのものであり、従来どおり、特段の

      設定変更がなくとも(保護モードを無効としなくても)正常に表示されるべきものと

      考えております。

       

      利用ユーザが多く、また社外サイト上のPDFファイルのプレビューにも使われることから、

      Acrobat Readerのセキュリティを弱める設定変更という対処策はできれば取らずに済めば、

      と考えているのですが、この度のアップデートで保護モードでの動作となってしまった原因に

      つきまして、お分かりでしたらご教示いただけましたら幸いです。

       

      以上、宜しくお願いいたします。

        • 1. Re: 2017 年 1 月 アップデート適用後、「Adobe Acrobat Reader DCは動作を停止しました」が発生するようになった
          assause Most Valuable Participant

          先週のアップデート後に同様の報告が複数上がっているようです。

          暫定の対処法がUSの下記スレッド・41番目にあるので確認してはどうでしょうか。

          Adobe Acrobat Reader DC has stopped working

          • 2. Re: 2017 年 1 月 アップデート適用後、「Adobe Acrobat Reader DCは動作を停止しました」が発生するようになった
            ih80799199 Level 1

            assause 様

             

            ご返信ありがとうございます。

             

            記載いただきましたスレッドを参照し、対処方法を確認させていただきましたが、

            1)Windows7互換モードでのプログラム実行を解除する

              → OSがWindows7のため、互換モードでの実行となっておりませんでした。

            2)レジストリに必要な情報を追加する

              → ユーザ企業では利用端末でのレジストリ変更やポリシー配信などは許可

                されておらず、この方法はとれませんでした。

             

            アップデート15.023.20056が配信され適用されたことによって、

            拡大・縮小やPDF文書内のCtrl+Cコピーでは、「Adobe Acrobat Reader DCは

            動作を停止しました」の事象は発生しなくなりました。

             

            しかしながら以下のような別の事象が発生しております。

            ・POSTがSUBMITされ、遷移後のページに<object>タグによるPDF埋め込みがある

            場合、表示に非常に時間がかかったり、

            「Adobe PDF 文書 -

             Adobe Acrobat または Reader に問題があります。

             Acrobat または Reader を実行している場合、終了してからもう一度やり直して

             ください。(523:523)」

            というメッセージが表示され、PDF描画が停止する。

            (実際にはASP.NETアプリケーションのポストバック処理による再描画となります)

             

            再表示を待っている間、WindowsのタスクバーにAdobe Reader DCのアイコンが

            表示され、しばらくすると消えます。

            (おそらく応答がないためWindows上はこのような表示がされているものと思います)

             

            ユーザ端末側での個別対応は難しいため、Webページを生成しているアプリケーション側での

            対応策がなにかございましたら、ご教示いただけましたら幸いです。

             

            以上、宜しくお願いいたします。