3 返信 最新の回答 日時: Jan 22, 2017 9:35 PM ユーザー:assause

    AdobeCCを解約後、CS6をCCと誤認しているような状態になり起動できない。

    宏子 塚田

      先日AdobeCCを解約しました。

      解約後、CS6を使おうとするとCCのパネル表示が出て結局起動できません。

      インストールしたCCソフトはアンインストールしましたが、CCの何かがアンインストールできていないようです。高い解約料を払わされ、CS6も起動しなくなってしまいました。正しくCS6が (CS5.5もそのまま)使用できるよう、またCCを完全にアンインストールできる方法を教えてください。

      ●MacOS10.8.5╱AdobeCS5.5とCS6を使用

      <詳細>

      CCのインストールをしたのはIllustrator2014とPhotoshop2014だけでしたので、その2ソフトをアンインストールしました。しかし、アプリケーションフォルダーに「 Adobe Creative Cloud」が残っており、その中の「Uninstall Adobe Creative Cloud」というエイリアスをクリックしてアンインストールしようとしました。すると「Creative Cloudデスクトップアンインストーラー」というパネルに「Creative Cloudデスクトップアプリケーションをアンインストールできませんでした。これを必要とするCreative Cloudアプリケーションがコンピューターにまだインストールされています。」というメッセージが表示されアンインストールできませんでした。さらに、メニューバーにはCreative Cloudのロゴ(ログインパネル?)が残ったままです。

      そして何より困るのが、CC解約前まで何の問題もなく使っていたCS6を使おうとすると「Adobe Application Managerが立ち上がり、Creative Cloudのパネルが出て「お待ちください…」となり、相当待った挙げ句結局起動できません。CS6は特定のソフトではなく全てのようです。

      今回気がついたのですが、1月4日に解約サポートとのチャットの中で、「更新の後も使用している履歴がある以上、契約が継続していることを認識していると判断します」「12月に使用している履 歴があります」とCCを使ってもいないにもかかわらず使ったことにされましたが、CS6を使用することでCCを使ったことになっているのではないですか?