2 返信 最新の回答 日時: Mar 3, 2017 2:05 PM ユーザー:yukinyaa

    編集情報の保存場所について

    H_Okita

      はじめまして。つい一週間前からLightroomを使い始めました。

       

      Lightroomでは、非破壊編集ができることですが、その際”どのスライダーをどれだけ動かした”というような「編集情報」が含まれたファイルの名称、あるいは初期設定でどこに存在するか 、その変更方法を知りたいです。

       

      というのも、二台のPCで、それぞれのPCにおいて別のストレージに保存した同じファイルを編集したいことがあるからです。

      具体的には、例えば旅先で写真をとり、それを現地に持参したノートPCでSDカードからそのまま編集し、帰ってから自宅の大きなHDDにそのファイルを移動し、そのHDDをつなげているタワー PC上で続きを編集したいのですが、現状ではその編集情報が維持されないそのままの写真データのみが移動されます。

       

      現在は、その編集ファイルも一緒に移動すればその編集情報も、移動先のPCでも同じように適用されるのではないか、と考えています。

       

      他になにか策やアドバイスがありましたら、お願いいたします。

        • 1. Re: 編集情報の保存場所について
          JUN48 Level 1

          まずLightroom では画像fileには編集内容を保存しません。なのでやりたい事を実現するには、ノートパソコンのLightroom のカタログにカードから読み込ませ、

          編集をした後、編集したファイルを選んでカタログとして書き出し

          そのカタログをタワーパソコンのLightroom で読み込むと言う手順が必要です。

          • 2. Re: 編集情報の保存場所について
            yukinyaa Level 4

            まず、カメラで使ったメディアをLightroomに「読み込む」場合は、パソコンに「コピー」する必要があります。
            上記でおっしゃるSDカードというのは、カメラのメディアからコピーするために選んだ保存先としての、そしてタワーPCとのデータをやりとりするための別のSDカードでしょうか?
            BridgeやPhotoshopで撮影メディアを開き、CameraRawで編集することは可能ですが、Lightroomではカタログにデータのリンクを作成しなければいけないので、撮影 メディアに対してはリンクを作成せず、コピーされたデータに対してリンクが作成されカタログで管理されます。

             

            ノートPCで編集した現像設定を、タワーPCにも反映させたいというご希望だと思いますが、それには現像モジュールの写真メニューから、「メタデータをファイルに保存」を行う必要があります。

             

            スクリーンショット 2017-03-04 6.33.44.png


            すると次のダイアログが出ます。スクリーンショット 2017-03-04 6.33.20.png

            ここに書かれているように、RAWデータの場合はサイドカーファイルと呼ばれるXMPファイルが、元データと同じフォルダ内に、元データのファイル名+.xmpとして作成されます。
            JPEGなどの場合は、上記のように元のファイル内に書き込まれます。
            でも追記されるだけですので、ファイルの元の情報を上書きするものではありません。
            RAWでもDNGの場合はサイドカーファイルは作られず、元のファイルに書き込まれます。
            「メタデータをファイルに保存」は複数のファイルに同時に行うことも出来ますので、全選択して実行すれば、すべてのデータにLightroomの編集メタデータが書き込まれるか,サイドカーフ ァイルが作成されます。

             

            ただし、編集ヒストリーはカタログファイルで管理されていますので、ノートパソコンで行った履歴は表示されません。
            編集結果のパラメータだけが反映されます。
            ヒストリーも同期させたい場合は、上記の方がお書きのようにカタログとして書き出し,読み込みが必要になります。

             

            メタデータを保存したファイルをタワーPCにつないでいるHDDにコピーしてからLightroomに読み込む際は、読み込みオプションはコピーではなく「追加」になります。
            読み込み完了後、そのままではまだ編集メタデータが反映されないので、上記写真メニューから「メタデータをファイルから読み込む」を実行します。
            するとプレビューが書き換えられ、ノートPCで編集した結果が反映されます。

             

             

            あとほかには、Creative Cloudフォトプランに加入なさっているのであれば、クラウドを介してメタデータの同期を行うことも出来ます。
            説明は長くなるので、省略させて下さい。