2 返信 最新の回答 日時: Mar 15, 2017 5:57 PM ユーザー:fdcs

    透明効果を付与したドキュメントをEPS書き出しすると白い線が出力されてしまう。

    fdcs

      OS:Windows10
      製品:InDesign CC(2017)、InDesign CS6

      ドキュメント上に配置したオブジェクトに透明効果を付与し、EPS形式で書き出ししたところ白い線が出力されました。
      (二次利用の)製品としてAdobe Distiller等で高品質のPDFに変換した際にも表示されてしまうため困っています。

      ■付与した効果の種類:ドロップシャドウ+基本のぼかし
      ■EPS書き出し時の「透明の分割・統合」プリセット:[高解像度]

      InDesignから直接PDF形式で書き出す場合、PDF1.4以上であれば白い線が出力されないことを確認しましたが、
      他システムとの連携の制約によりEPS形式が必須条件となっています。
      「透明の分割・統合」の影響であることを推測し、プリセットを[高解像度]以外の値も試してみましたが変わりませんでした。

      何か回避するための設定や方法などありますでしょうか?

       

      白い線.png

        • 1. Re: 透明効果を付与したドキュメントをEPS書き出しすると白い線が出力されてしまう。
          assause Adobe Community Professional & MVP

          透明効果を利用したオブジェクトについては、分割が発生するようなデータ形式への書き出し

          (EPSやPDF/X-1aなど)での分割線の発生は実質的に避けることが困難です。

          透明の分割によるラスタライズが細分化されることが原因のため、回避はかなり困難ですし、

          これは特定バージョンのアプリケーションに依存した話でもありません。

           

          まずは白い線が実際の出力まで影響するかを確認するところから始めたうえで、

          それで出るようであれば、別の出力方法や、分割・統合を別に行うなど

          (AcrobatやIllustratorなど)、場合によっては該当部分は別途ビットマップ画像化

          するなどで凌ぐしかないように思います。

           

          仰るように他のシステムではEPSがまだ主流・安定などのケースもわかりますが、

          そうなると全体のフローとして安定するデータ作成方法を検討する必要がどうしても欠かせません。

          • 2. Re: 透明効果を付与したドキュメントをEPS書き出しすると白い線が出力されてしまう。
            fdcs Level 1

            早速のご回答ありがとうございます。

            やはり、そもそもEPSに一旦出力するという時点で難しいということですね。

            ご指摘いただいた運用回避手段やワークフロー見直しを検討させていただきます。