3 返信 最新の回答 日時: Mar 25, 2017 7:12 PM ユーザー:assause

    Adobe Reader XI (バージョン:11.0.18)でフォント埋め込み無しで外字を表示する場合にある文字のみが太字で表示されます。

    oki_wts

      6文字(塚塚葛灘溝梢)をPDF表示する際に

      「塚(U+FA10)」のみ太字で表示されます。

       

      【PDFの作成条件】

      ・元の6文字のフォントは、MSゴシックを用意

      ・“フォントの埋め込みなし”でPDF作成実施

       

      PDF表示時に「塚」のみ違うフォントファイル

      を参照しているということでしょうか?

       

        • 1. Re: Adobe Reader XI (バージョン:11.0.18)でフォント埋め込み無しで外字を表示する場合にある文字のみが太字で表示されます。
          assause Adobe Community Professional & MVP

          確認したところ、どうやらAcrobatのフォルダー内に含まれる小塚ゴシック Mを参照しているようです。

          下記、比較用に画像を作りました。

           

          Acrobat_CJKCompView.png

           

          上側は、Word 2013で作成し、最小ファイルサイズ(埋め込みさせない)としてからAcrobatで表示されたもの。

          下側がIllustratorで作成した、小塚ゴシックMとMSゴシックの「塚」(u+fa10)です。

          比較すると、明らかに小塚ゴシックとなっているのがわかります。

           

          おそらくなんですが、UnicodeのCJK互換漢字に対する処理で何か影響が出ているのだろうと思いますが、

          プロパティで見ても小塚としての表示はないので、判断がつきづらいです。

           

          ただ埋め込みしていないものになるので、フォント表示はAcrobat/Reader等のPDFビューアーの処理に依存するので、

          これはある意味、仕方のないところだとは思います。

          オリジナルと同じ表示をしたい場合は埋め込むしかないだろうと思います。

          1 人が役に立つと言っています
          • 2. Re: Adobe Reader XI (バージョン:11.0.18)でフォント埋め込み無しで外字を表示する場合にある文字のみが太字で表示されます。
            oki_wts Level 1

            ご返信誠にありがとうございます。

             

            頂いた画像を拝見いたしましたが、小塚ゴシックの字体となっていること確認いたしました。

            なぜ、「塚(U+FA10)」がMSゴシックではなく小塚ゴシックの字体となるかについては

            理由はわからず仕様であると思うしかないのでしょうね。。。

             

            > おそらくなんですが、UnicodeのCJK互換漢字に対する処理で何か影響が出ているのだろうと思いますが、・・・

            > ただ埋め込みしていないものになるので、フォント表示はAcrobat/Reader等のPDFビューアーの処理に依存するので、・・・

             

            IBM拡張文字(塚(U+FA10))以外(髙/高 﨑/崎 閒/間)でも実施してみましたが、(塚(U+FA10))のみが

            やはり太字(小塚ゴシックの字体)となります。この事の原因に関する情報お持ちでしたら

            共有頂けますと幸いです。

            • 3. Re: Adobe Reader XI (バージョン:11.0.18)でフォント埋め込み無しで外字を表示する場合にある文字のみが太字で表示されます。
              assause Adobe Community Professional & MVP

              追加で確認したのですが、「﨑」(u+fa11)はやはり小塚が利用されるようです。

              他にもいくつか、IBM拡張扱いの文字を確認しました(﨎/u+fa0e、鶴/u+fa2d、晴/u+fa12)が、

              これらはMSゴシックが使用されました。

               

              IBM拡張でもすべてがUnicodeのCJK互換漢字ではないので、そこに紐づくものとして

              選定して推測しましたが、いまいちはっきりしないというのが実際のところです。

               

              ただこれは、先般と同様、オリジナルが必要であれば埋め込みするしかない訳ですし、

              埋め込みしていない場合の代替についてはコントロール不可能ですから、

              「そのようなもの」と割り切るのが一番早いです。