11 返信 最新の回答 日時: Aug 25, 2017 4:41 PM ユーザー:akatsuki_pocket

    ページ単位、オブジェクト単位のカラー設定

    bonheur767676

      IndesignCC2017を使用しています。

      windows、macintosh共にです。

       

      あるページのオブジェクトをコピーして、他のページにペーストしたのですが、片方はRGBで、もう片方はCMYKになってしまうようです。

      RIPを通したときに、色が異なってしまい、同じオブジェクト間の色の整合性がとれません。

       

      ページ毎にカラー設定が変わったりするものでしょうか?

      もしくは、オブジェクト毎にカラースペースがRGBだったりCMYKだったり変わってしまうモノなのでしょうか?

       

       

      教えていただければと思います。

        • 1. Re: ページ単位、オブジェクト単位のカラー設定
          assause Adobe Community Professional & MVP

          流石にあり得ないような気がしますが……。

           

          RIPを通した時ということですが、どのように出力されているでしょうか。

          あわせて、PDFにした際に(直接の書き出しでもPS→Distillerでも)、

          Acrobatの出力プレビューでの状態ではどうでしょうか。

          異なるOSでもということですが、双方の新規ファイルや環境設定のリセット後もそうでしょうか。

           

          できれば再現性などがあればそのあたりもあるといいのですが。

          • 2. Re: ページ単位、オブジェクト単位のカラー設定
            monokano Most Valuable Participant

            オブジェクト毎だと思います。

            • スウォッチのカラースペースがRGBになっている
            • カラーパネルでRGBにされている

            このどちらかではないでしょうか。どちらもCMYKにすれば解決します。

             

            RIPを通したときに、色が異なってしまい

            メニューバー「表示 > オーバープリントプレビュー」をONにしてみてください。RGBがCMYKに分解された状態の色になります。これで「RIPを通した」ときの色変化を確認できます。

             

            ★Tips

            プリフライト機能でRGBを検出できるので、設定すると良いでしょう。*デフォルトではOFFになっています。

            スクリーンショット 2017-08-23 9.55.46.png

             

            追記1:

            メニューバー「ファイル > ドキュメント設定...」でドキュメントプロファイルが「プリント」になっているかを確認した方がいいかもしれません。

             

            追記2:

            同じindd内でコピー&ペーストしてカラーモードが変わる…というのは私もありえないと思います。InDesign以外のところ(印刷までのフロー等)に原因がありそうな気がします。

            • 3. Re: ページ単位、オブジェクト単位のカラー設定
              bonheur767676 Level 1

              返信ありがとうございます。

               

              ワークフローですが、

              IndesignでRGB、CMYK混在のドキュメントを作成しています。

              PDFX-4(色変更なし、ICCプロファイル埋め込み)に書き出して、面付けソフトで面付けをして、オンデマンド印刷機のRIPを経て印刷。

               

              ここで、まれに、同じオブジェクト、もしくは、同じ色指定しているオブジェクトがページによって色が変わるということが起こっています。

               

              今までも何度かあったのですが、その場しのぎでなんとかごまかしてきました。

              が、そろそろ原因をはっきりさせたいと思って投稿しました。

               

              Acorbatで表示させている分には、ICCプロファイルが適用されているので、同じに見えます。

              RIPも組み込みプロファイルの適用をしているせいか、問題はないのですが、面付けソフトを通した際に、起こります。

              ICCプロファイルが外れてしまうんではないかと思っているのですが、これはメーカーに問い合わせても無視されていますし、そこを回避するようなデータが作れればと思ってはいます。

               

              今回は、同じファイルで、同じオブジェクトをコピーしただけなのに、かたやRGB、もう片方はCMYKに変更されてしまっている挙動をしているので、気持ちがわるく質問させていただきました。

               

              RIPで、改めてIndesignのカラー設定と同じICCプロファイルを当ててやるとそれほど大きな色の違いは見られなくなります。

              ここで、CMYKプロファイルだけを外した場合は、二つのオブジェクトの内、ひとつが色が変わり、RGBのプロファイルの設定を変えるともうひとつの色が変わります。

               

              なので、どうしたものかと。

              • 4. Re: ページ単位、オブジェクト単位のカラー設定
                bonheur767676 Level 1

                返信ありがとうございます。

                 

                ワークフローですが、

                IndesignでRGB、CMYK混在のドキュメントを作成しています。

                PDFX-4(色変更なし、ICCプロファイル埋め込み)に書き出して、面付けソフトで面付けをして、オンデマンド印刷機のRIPを経て印刷。

                 

                ここで、まれに、同じオブジェクト、もしくは、同じ色指定しているオブジェクトがページによって色が変わるということが起こっています。

                 

                今までも何度かあったのですが、その場しのぎでなんとかごまかしてきました。

                が、そろそろ原因をはっきりさせたいと思って投稿しました。

                 

                Acorbatで表示させている分には、ICCプロファイルが適用されているので、同じに見えます。

                RIPも組み込みプロファイルの適用をしているせいか、問題はないのですが、面付けソフトを通した際に、起こります。

                ICCプロファイルが外れてしまうんではないかと思っているのですが、これはメーカーに問い合わせても無視されていますし、そこを回避するようなデータが作れればと思ってはいます。

                 

                今回は、同じファイルで、同じオブジェクトをコピーしただけなのに、かたやRGB、もう片方はCMYKに変更されてしまっている挙動をしているので、気持ちがわるく質問させていただきました。

                 

                RIPで、改めてIndesignのカラー設定と同じICCプロファイルを当ててやるとそれほど大きな色の違いは見られなくなります。

                ここで、CMYKプロファイルだけを外した場合は、二つのオブジェクトの内、ひとつが色が変わり、RGBのプロファイルの設定を変えるともうひとつの色が変わります。

                 

                なので、どうしたものかと。

                 

                 

                オブジェクトはともにRGBで指定しています。

                オリジナルはRGB。

                ページを増やしてコピーアンドペースト。

                どちらもカラーパレットの色指定はRGBで表示されています。

                ですが、ペーストしている方のオブジェクトがCMYKのようです。

                 

                ・ドキュメント設定のドキュメントプロファイルはプリントです。

                ・IndesignでRGBオブジェクトを扱うこと自体がまだ時期尚早なのでしょうか??

                • 5. Re: ページ単位、オブジェクト単位のカラー設定
                  monokano Most Valuable Participant

                  要はこういうことでしょうか。

                  • indd上で直接確認すると、全てのオブジェクトがRGBになっている。
                  • しかしRIPを通すと、一部のオブジェクトがCMYKだった時の結果になってしまう。
                  • 6. Re: ページ単位、オブジェクト単位のカラー設定
                    assause Adobe Community Professional & MVP

                    元質問からは、こちらでは「InDesign上だけで起きるもの」と解釈していましたが、

                    今回の記載からすると「特定の面付けソフトで面付後に出力した結果のみ」と考えますが、どうでしょうか。

                    その場合はInDesignとは異なる、まったく別の話になるので、そこは切り分けが必要になります。

                     

                    あわせてですが、PDFとして面付した場合は再度1枚のPDFになってしまうわけなので、

                    その場合にはプロファイルとしての処理が何か働いている可能性は否めません。

                    面付前後のPDFを、Acrobat Proを使ってまずは比較することが必要になってきます。

                     

                    しかし今回の場合、オブジェクトが混在しているという点は気になるところです。

                    PDF/X-4は確かにRGBデータを許容はしますが、ベクターオブジェクトでの混在となると、

                    出力安定性については確保しにくいものではないかと思います。

                    出力先は多くの場合CMYK変換されるわけで、RGBデータは必ずそれに影響することを考えると、

                    まずオブジェクトデータの色情報の一貫性が失われることになりますし、

                    同時にCMYK変換の精度や処理体型に引っ張られてしまうことになるためです。

                    特に理由がなければ、ベクターオブジェクトについては混在させることを避けたうえで、

                    RGBデータとしては、諧調のある写真のみにとどめるなどの運用としての工夫も必要になります。

                    規格と安定処理は分けて考えられたほうが確実ですし無難になるところです。

                    • 7. Re: ページ単位、オブジェクト単位のカラー設定
                      bonheur767676 Level 1

                      はい。

                      そういうことになります。

                       

                      RGBでオブジェクトを作っているのに、コピーペーストしたものが勝手にCMYKオブジェクトに変わっているようです。

                      • 8. Re: ページ単位、オブジェクト単位のカラー設定
                        bonheur767676 Level 1

                        返信ありがとうございます。

                        Indesignだけで起きています。

                        と考えています。

                         

                        面付けソフトを使用するとそれが露骨に判明するだけで、Indesign上でRGBオブジェクトがCMYKオブジェクトに変わってしまっています。

                        ICCプロファイルを無効にすることで、それは面付けソフトを使用しなくても確認が取れているので、たしかです。

                         

                        RGBオブジェクトは安定しない。

                        CMYKオブジェクトの方がよりベター。

                        やはりその程度なんですかね、Indesignの現状は。

                         

                        通常のオフセット印刷であれば、それでいいと思うんですけど、オフセット印刷よりも色域の広い印刷機で印刷する場合、RGBで指定した方が、データ制作側は楽で。

                        それを各印刷機に合わせてCMYKに手で変更していかなければならない製版的なことをするのは、無駄なフローでしかないと思うんですが、もっと効率的にできないものでしょうか。

                        外部のデザイナーの方々が入稿してくる場合です。

                        それとも、昔みたいに、カラーチャートを印刷して、配って、リニアな印刷機のCMYKでデータを作ってもらうなんて、ことをしなければならないんですかね。

                         

                        こういうフローを構築するのなら、Indesignは不向きでIllustortorで作らなきゃダメってことですかね。

                        でも、EPUBやらHTMLに書き出せるのなら、RGBで制作できた方がいいと思うんですけど。

                         

                         

                        ちょっと検証してみます。

                        これが、Indesignのドキュメント上で起きていることなのか、PDFに書き出されるときに生じることなのか。

                        前者ならEPUBやHTMLに書き出す時にも同様の問題が起きる可能性がある。

                        後者ならPDF書き出しの問題。

                        ということですよね。

                        • 9. Re: ページ単位、オブジェクト単位のカラー設定
                          monokano Most Valuable Participant

                          コピーペーストしたものが勝手にCMYKオブジェクトに変わっているようです

                          いやいや、そこが間違っています。

                          indd上でそのオブジェクトのカラーモードがRGBなら、間違いなくRGBです。

                          問題はInDesignではなく、そこから先の行程にあるはず。問題の所在を誤って認識していると絶対に解決しません。

                          • 10. Re: ページ単位、オブジェクト単位のカラー設定
                            assause Adobe Community Professional & MVP

                            いや、InDesignだけで発生しているのであれば、そこには面付ソフトやRIPの話を出す必要がありませんし、

                            面付の有無での結果違いも出ることはありません。

                            InDesign上でのオブジェクト操作だけで起きるという話のはずです。

                             

                            これについては別の流れでmonokanoさんも仰っていますが、

                            問題の本質を掛け違えてしまうといつまでもすれ違いのままで解決に近づくことはありません。

                             

                            また、高演色系印刷であっても、RGBがそのまま使われることはなく、

                            必ずどこかでその出力系としての変換処理が行われるはずですから、

                            そこによる色の転びについては十分あり得る話になります。

                            出力機メーカーからの情報フィードバックも含めて、フローを検討すべき点のひとつになってきます。

                            • 11. Re: ページ単位、オブジェクト単位のカラー設定
                              akatsuki_pocket Most Valuable Participant

                              monokanoさん、assauseさんもおっしゃってますが…

                               

                              InDesignのデータの問題ではなく、後処理の問題だと思います。

                              特殊なクリップボード用ユーティリティでも挟まない限り、オブジェクトのカラーを勝手に変更することはまず考えられません。

                               

                              InDesignの操作上考えられる可能性として、同じオブジェクトスタイルを使用(適用)しているオブジェクトをコピーした場合、には勝手にオブジェクトのカラーが変更されます。

                              この場合、ペースト先のオブジェクトスタイルが適用されるため、オブジェクトの塗りや線の色が変更されてしまいます。

                              さらに二つのドキュメント間でスウォッチの名前が同じだった場合、「勝手にCMYKに置き換わった」という状況になります。

                              が、こういった可能性は低いですよね?

                               

                              そうなると、後工程の問題として、PDF/Xに埋め込まれたカラープロファイルが何処まで正しく処理されているかが分からない、という疑問が起きてきます。

                               

                              RIP(や面付けソフト)の中には、RGBデータを処理できてもプロファイルを扱えなかったり(プロファイル無しのRGBとして処理される)、プロファイルの有無で処理を変えたりするものがあ ります。

                               

                              ですので、面付け後に生成されたデータ(PDFですか?)でデータの状態を確認される必要があります。

                               

                              > 各印刷機に合わせてCMYKに手で変更していかなければならない製版的なことをするのは、

                              > 無駄なフローでしかないと思うんですが、もっと効率的にできないものでしょうか。

                               

                              そのためにベンダー各社は「ワークフローRIP」を用意して販売したり、組み込んでいます。

                              色々事情があると推察しますが、RGBデータや新しいワークフロー(PDF)の運用を行ないたいのであれば、きちんと対応できるベンダーの製品のみをシンプルに組み合わせて工程を構築すべきで す。

                               

                              特に、RGB運用をなさりたいのであれば、途中に面付けソフトを挟まず、オンデマンド機のRIPだけで処理されたほうが良いと思います。もし面付けする必要があるなら、別のInDesignド キュメントを台紙として使用して面付けを行なうとか…