3 返信 最新の回答 日時: Aug 30, 2017 8:56 PM ユーザー:assause

    AcrobatStandard9でライセンス認証の解除ができない

    中村みっつ

      PCの変更に伴い使用しなくなる予定のパソコンからライセンス認証の解除をおこなったところ、エラーとなり処理を進める事ができません。

      エラーの内容:

      「接続エラー」

      パソコンのファイヤーウォールの設定(解除)やウイルス対策ソフトの設定(解除)を行ってみましたが、症状がかわりません。

       

      いろいろなサイトを調べて回りましたが、対策を見つける事ができません。

      解決に向けてのアドバイス願います。

       

      別件で気になる点が

      activate.adobe.comへpingを打ってReplyがあるか・・・というサイトがあったのですが

      実際にpingを打った際の宛先のアドレスと、情報が書かれていたサイトにある宛先のアドレスが異なっています。

      (pingはタイムアウトになります)

      アドビ社は今回の製品のサポート終了に伴いサーバを使えなくしているのでしょうか

      そうなると、もう認証の解除はできないという結論しかないと思われます。

      ご存じの方がおられましたら、合わせて回答願います。

       

      以上、よろしくお願いします。

        • 1. Re: AcrobatStandard9でライセンス認証の解除ができない
          assause Adobe Community Professional & MVP

          Acrobat 8についてはライセンス認証サーバーの停止が行われていますが、

          Acrobat 9はその対象にはなっていませんから、別の原因ではないでしょうか。

          ルーター回りも含めて確認されたほうがいいと思います。

          また利用OSは何でしょうか。動作保証範囲かどうかなどの確認も必要になってきます。

           

          あわせて、Acrobat 9を継続利用しないのであれば特に認証解除は不要という気もしますがどうでしょうか。

          サポート終了しているバージョンですし、セキュリティリスクを考えると基本的に使う理由もないように思います。

          • 2. Re: AcrobatStandard9でライセンス認証の解除ができない
            中村みっつ Level 1

            回答ありがとうござまいます。

            通常のインターネットの使用(WindowsupdateやWeb閲覧、メールの送受信)はできている事から、社内のネットワーク環境が原因とは考えにくい状況です。

            下記のサイトで情報があったので実行した結果をお知らせします。

            ライセンスの認証と解除について

            ping activate.adobe.com」を行って通信を確認するとあります。

            実行結果:タイムエラー

            おかしな点、Pingコマンドを行った際の接続先のアドレスは192.147.130.70ですが

            サイト上では次のような記載があります。

            このピング診断の結果、次のような文字列が返される場合はアクセスに問題がありません。activate.adobe.com (192.150.14.67. または 192.150.18.108) (返されたその他の情報は無視してください。)

            明らかにアドレスが異なります。アドビ社さんはなんらかの変更・停止したという事でしょうか。

            原因が全く分かりません。

            • 3. Re: AcrobatStandard9でライセンス認証の解除ができない
              assause Adobe Community Professional & MVP

              該当の認証サーバーの確認、下記ページ経由になるかと思います。

              Adobe Creative Cloud アプリケーションや Creative Suite アプリケーションでの接続エラーの解決策

               

              上記のうち、ページ途中の「CS5とCS5.5」がそれで、参照先もactivate.adobe.comです。

              (Acrobat 9はCS5でも同梱されていることを踏まえます)

              なおこちらでは「Alive」で表示されることを確認しています。