2 返信 最新の回答 日時: Oct 13, 2017 3:41 AM ユーザー:momohanna

    Adobe FLASHの自動更新禁止方法

    正太郎松26442958 Level 1

      弊社環境にて、IEのブラウザでAdobe FLASHのバージョン27を使用していると、特定のサイトを参照中にIEが停止してしまう問題が発生しました。
      暫定対応として、古いバージョンのAdobe FLASHをインストールして、自動更新しないようにプロパティ設定をしましたが、しばらくすると最新にアップデートされてしまい問題が再発してしまいました。

      自動更新を完全に止める方法はありませんか。
      特定のサイトを参照しないようにするなどないでしょうか。

       

      よろしくお願いいたします。

        • 1. Re: Adobe FLASHの自動更新禁止方法
          assause Adobe Community Professional & MVP

          ほぼ同時刻に下記のようなスレッドが挙げられています。

          関連するでしょうか。

          27.0.0.159は、Flashコンテンツを含む場合IE11を異常終了させる。なんとかしろ!

           

          ただ、特定サイトやFlashの問題だとしたら、まずはそちらの問題追及のように思います。

          細かなバージョン差はともかく、Ver.27台自体のリリースはそれなりの期間を経ているため、

          単純にバージョンを下げるという問題とは異なる気がしますがどうでしょうか。

          • 2. Re: Adobe FLASHの自動更新禁止方法
            momohanna Most Valuable Participant

            一般的な問題として、外部サイトを閲覧できる環境にあるPCに最新版以前のFlash Playerをインストールすること自体が非常に危険であることは理解されているでしょうか。

             

            IEに古いバージョンをインストールされたとのことですので、OSはWindows 7以前かと思いますが、最新ActiveXコントロールでブラウザが停止してしまうのは、セキュリティ上の制限によりswfオブジェクトの実行をブロックしている可能性があり、脆弱性に対す る正常な動作かもしれません。

            これらを踏まえて、あえて古いバージョンを利用することを社内のセキュリティ部門が許可しているのであれば、それは危険を放置することと同義です。

             

            上記を承知の上で制御したい場合は、

             

            1.まず、再配布ライセンスを取得し、できれば社内にアップデートサーバを設ける。

            Adobe Flash Playerの配布

            2.管理ガイドを参照してmms.cfgによる制御を行う。

            Flash Player対応Adobe Flash Player管理ガイド | Adobe Developer Connection

             

            社内にアップデートサーバを設置することでバージョンコントロールはほぼ可能になりますが、残念ながら現在は再配布サイトにアクセスできたとしても最新バージョンしか入手できないので現バージ ョン以降の制御となります。

            (こうした導入・管理コストが運用に見合うものかどうか疑問ですが)

            ただし、AntiVirus対策を強化してもFlash Playerの脆弱性をカバーできるわけではありません。

             

            危険なswfの実行が、マルウェアに感染するのと変わらないレベルの脅威であるという事実を理解されていない方が未だ多いように感じます。社内のたった1台から会社全体どころか取引先にまで影 響する脅威につながりかねないことをご留意ください。