0 返信 最新の回答 日時: Mar 9, 2018 12:39 AM ユーザー:TY18657679

    セキュリティ警告画面の表示動作がバージョンによって異なる

    TY18657679 Level 1

      こんにちは。

      Acrobat Reader DCを使用しています。

      OSはWindows7です。

       

      下記<再現手順>に示すように

      2015.020.20053 にアップデートすると

      PDFのハイパーリンクをクリックしたときに セキュリティ警告 が表示されるようになってしまいます。

      (2015.020.20042以前のバージョンでは表示されません。)

       

      セキュリティ警告 とは次のメッセージが表示される画面のことです。

      <セキュリティ警告>-------------------------------------------------------------------------------- ----------------

      文章は次のサイトに接続しようとしています。

      XXXXX.pdf

      このサイトを信頼する場合は、「許可」を選択します。信頼しない場合は、「ブロック」を選択します。

      ------------------------------------------------------------------------------------------ ---------------------------------

       

      アップデート前と後で動作が異なる理由について

      ご存知のかたいらっしゃいましたら教えてください。

      また、アップデート後も警告画面を表示させないようにする回避策など

      ありましたらご教示お願いいたします。

       

      <再現手順>

      1)Acrobat Reader DC 2015.020.20042 をインストールする

       

      2)Acrobat Reader DCを起動し、「編集」 - 「環境設定」 を選択する

      3)「セキュリティ(拡張)」 を選択する

      4)「Win OS セキュリティゾーンのサイトを自動的に信頼する」 にチェックを付ける

      5)「フォルダーのパスを追加」 を押し、表示したいPDFがあるフォルダを指定する

      6)「OK」 を押し画面を閉じる。続いて、Acrobat Reader DC を終了する

      7)Internet Explorer 11 を起動し、URLに5)で指定したフォルダの中にあるファイルパスを入力して 「Enter」キー を押す。

      → PDFが表示される

       

      8)表示されたPDFにある別のPDFへのハイパーリンクをクリックする

      → セキュリティ警告 が表示されずにリンク先のPDFが表示される 期待通りの動作

       

      9)Acrobat Reader DC を 2015.023.20053 にアップデートして2)~8)を繰り返す。

      → 今度はセキュリティ警告 が表示される。 期待と異なる動作

          本当は、アップデート後もセキュリティ警告画面が表示されて欲しくない。

       

      因みに、

      2018.3.6時点の最新版 2018.011.20038でも警告画面が表示されます。