13 返信 最新の回答 日時: Mar 27, 2018 5:39 PM ユーザー:monokano

    CC2018(22.1.0)で作成したファイルのバージョン情報

    kazuy67752599 Level 1

      CC2018(22.1.0)の最新版にしたところ、

      作成したファイルのバージョン情報がつかなくなってしまいました。

      スクリーンショット 2018-03-15 19.39.57.jpg

       

      画像はMac OSのFinderの「情報を見る」のスクリーンショットで、

      左がバージョンアップ前に保存したファイル

      右が22.1.0で保存したファイルです。

       

      旧バージョンのファイルで欲しいという他所に送るときにチェックが難しいです。

      Mac OS El Capitanを使ってますがOSの問題でしょうか?

        • 1. Re: CC2018(22.1.0)で作成したファイルのバージョン情報
          monokano Most Valuable Participant

          macOS Seirraで確認しました。バージョン情報、たしかに付かなくなっていますね…。

           

          この情報は旧Mac OSの時代から連綿と変わらずにリソースフォークに保存されてきたわけですけど、レガシーエンコーディングのままでしたし、付けるのをやめてもおかしくはない状況でした。

          でもそうは言っても、簡単確実にバージョンをチェックできるのはここだけだったので、なくなってしまうのは惜しいですよね…。

           

          追記

          「バージョン情報が付かなくなった」を詳しく調べてみました。ターミナルで拡張属性を確認してみます。

           

          下図はCC 2018(v22.0.1)のaiファイル。com.apple.ResourceFork の箇所にバージョン情報が書き込まれています。

          スクリーンショット 2018-03-16 22.47.06-minishadow.png

           

          下図はCC 2018.1(v22.1.0)のaiファイル。com.apple.ResourceFork 自体がありません。

          スクリーンショット 2018-03-16 22.47.25-minishadow.png

          「バージョン情報が付かなくなった」と見てかまわないのではないでしょうか。

          (うっかり付け忘れていた…だったらいいんですけど)

          4 人が役に立つと言っています
          • 2. Re: CC2018(22.1.0)で作成したファイルのバージョン情報
            kazuy67752599 Level 1

            早速の、しかも詳しい検証でありがとうございます。

            なるほどそもそもおまけ的に残っていた感じなんですかね。

             

            その後、他のスレッドを見ていて

            https://forums.adobe.com/thread/2462236

            こちらで紹介されていたGlee AiというソフトでPostscript Creatorバージョンぽいものが確認できることがわかりました。

             

            しかしもしリソースフォークなどどうしても邪魔だ…っていうのでなければ復活して欲しいですね。

             

            追記:スレッドをよく見たらGlee Aiを作られたのがmonokano様だったのですね。重ね重ね助かります。

            • 3. Re: CC2018(22.1.0)で作成したファイルのバージョン情報
              silk-m Most Valuable Participant

              うっかり付け忘れているようです...w

               

              -- silk-m.23

              • 4. Re: CC2018(22.1.0)で作成したファイルのバージョン情報
                monokano Most Valuable Participant

                silk-mさん

                Version info disappeared from “Get Info” of Finder – Adobe Illustrator Feedback

                こっちで聞いてみたのですが、このように回答されています。

                 

                「.aiファイルのリソースフォークは、v22.1で削除されています。 これは、macOS 10.13でIllustratorファイルをSMBボリュームに保存している間に断続的なクラッシュを防ぐために行われます。 Appleは何年も前にリソースフォークを廃止しました」

                 

                こうは言っても、実はうっかりだったりして?

                3 人が役に立つと言っています
                • 5. Re: CC2018(22.1.0)で作成したファイルのバージョン情報
                  silk-m Most Valuable Participant

                  失礼しました。v22.1の方が新しいのを失念しておりました。削除で確定でしょうね。

                   

                  -- silk-m

                  • 6. Re: CC2018(22.1.0)で作成したファイルのバージョン情報
                    千敏佐74100554 Level 1

                    自分もめちゃめちゃ

                    困っております

                    海外印刷となると

                    最新CC対応していないみたいで

                    印刷用PDFの方が

                    いいみたいです

                    ただ国内でまだ

                    CC導入していない

                    得意先や

                    印刷会社さんがあるので

                    当面は

                    CS6のバージョンが

                    もっとも使用されているので

                    本フォーラムの別ページで

                    CS6がインストール出来ることを

                    知り

                    先ほどインストールしたところです

                    さぁうまくいくかはわかりませんが

                    今後 入稿データのCS6のアウトラインしか開かないようにして

                    確認してみます

                    • 7. Re: CC2018(22.1.0)で作成したファイルのバージョン情報
                      assause Adobe Community Professional & MVP

                      CS6のインストールはいいのですが、動作保証環境で利用されているでしょうか。

                      Windowsは8まで、Macは10.9までが保証されたOSバージョンになります。

                       

                      また動作保証範囲であっても、PDF入稿やフォントのアウトライン化を必ず行うのであればいいのですが、

                      そうでない場合はフォント環境としてトラブルが発生するおそれもゼロではありません。

                      そして保証外環境の場合はデータ自体が正常に生成されるという保証自体がありません。

                       

                      海外印刷でCC未対応となると中国などがそれに該当しますけど、その場合は全体のワークフローを見直すしかないですし、

                      CS6自体が既に5年以上前の古いバージョンであること、Mac環境では10.10以下のOSがAppleのサポートが終わっていて

                      セキュリティ面での不安があることなどを前提にしなければなりません。

                      レガシーを使い続けること自体のリスク、という点は非常に大きいものと捉えるべきでしょう。

                      • 8. Re: CC2018(22.1.0)で作成したファイルのバージョン情報
                        千敏佐74100554 Level 1

                        御意見ありがとうございます

                        ほんまですねぇ

                        ただ 自分がチェックしたいのは

                        最新CCのa.i.で制作しバージョンをCS6にダウンしたものが

                        CS6で開くかどうかということです

                        アップデートするまえのCCでは

                        バージョンが書類上で確認できたモノでして

                        ただそこの1点です

                        おっしゃるとおりフォントの関係とか

                        ぶつかって不具合はあるかも知れませんねぇ

                         

                        単純にいうと

                        adobeに最新cc a.i.で

                        バージョン確認が以前のように

                        簡単に分かればいい

                        これだけです

                        • 9. Re: CC2018(22.1.0)で作成したファイルのバージョン情報
                          assause Adobe Community Professional & MVP

                          下位バージョン形式にするのは、データ構造としてそれに準じて書き出す、くらいでしかないので、

                          開いて意図した結果になるかは、該当バージョンで実際に行うしかありません。

                          少なくとも再現性・編集性の保持は確実とはいえないのは間違いないでしょう。

                           

                          そして単純に、どの形式で保存したのかは、運用工夫で対応できます。

                          単純にファイル名に入れるなどするだけでもわかるわけですから。

                          (むしろオリジナルを残すという意味でもファイル名は変更せざるを得ないはずです)

                          • 10. Re: CC2018(22.1.0)で作成したファイルのバージョン情報
                            真悟田61533248 Level 1

                            こんにちは。

                             

                            ちょっとお聞きしたいのですが、ここでいうリソースフォークというものは画像データに埋め込まれているヘッダ情報(8BPS)みたいに、AIデータのコードに%%かなんかで記載されているもの なのでしょうか?

                             

                            それともMacで.appを「パッケージの内容を表示」で表示すると出て来る色々なファイル群の様に、AIデータの中に、別のファイルとしてリソースフォークデータが存在しているという理解で よろしいでしょうか?

                            • 11. Re: CC2018(22.1.0)で作成したファイルのバージョン情報
                              monokano Most Valuable Participant

                              「AIファイル(実データファイル)のに、別のデータとしてリソースフォークデータが存在している」と思ってください。

                              macOSのファイルシステムが、実データとリソースフォークが常にセットになるように管理しています。

                              • 12. Re: CC2018(22.1.0)で作成したファイルのバージョン情報
                                真悟田61533248 Level 1

                                monokano様

                                 

                                なるほど理解しました。"com.apple.ResourceFork"という名前がリソースフォークで、AIデータと紐付けされている。そしてそれはMacOSが自動で管理している、と。

                                 

                                ついでに言うとラベルの色とかコメントもそこで管理している、と。

                                 

                                Windowsにはそんな気のきいたものがないので最初からバージョン表記はないってことですね。

                                 

                                テキストエディタでCreatorを調べて保存バージョンを知るしかなさそうです・・・

                                 

                                どうもありかどうございました!

                                スクリーンショット 2018-03-28 8.47.40.png

                                • 13. Re: CC2018(22.1.0)で作成したファイルのバージョン情報
                                  monokano Most Valuable Participant

                                  v.9以降のIllustrator EPSは、%%Creatorが2箇所に出現して、1番目が作成バージョン、2番目が保存バージョンなんですよね。巨大なファイルサイズだとエディタで開くのも大変。

                                   

                                  https://dtp-discourse.jp/t/glee-ai-1-3b/91/12

                                  こちらでAiファイルの情報を表示するMac版アプリ「Ai File Info」を公開開発中ですので、よかったら使ってみてください。

                                  2 人が役に立つと言っています