3 返信 最新の回答 日時: Jun 8, 2018 8:22 AM ユーザー:assause

    Adobe-Pro WEBページPDF変換時のエラー

    Dymst

      WebページをPDFに変換する際に、変換状況のダイアログが表示されるが、

      「変換中」のままで動作が停止してしまうことがあります。(ランダムに発生)

       

      原因、回避方法を教えてください。

       

      (操作方法) 対象のWEBページを表示し、右クリック、WEBページをPDFに変換をクリック

       

             (PDF変換の対象は1階層のみで、リンク先のページは対象となっていません。)

      (実行環境) Adobeバージョン Adobe Acrobat 2017

             OS Windows7 、実装メモリ 4GB

             使用機種 NEC PC-MK33LEZCC

        • 1. Re: Adobe-Pro WEBページPDF変換時のエラー
          assause Adobe Community Professional & MVP

          その「ランダムの停止」は、同じページで何度も変換を行っても発生するでしょうか。

          または特定のWebページ等などということはないでしょうか。

          同時に、普通にAcrobat自体を開いて、PDFを作成の方のWebページのほうではどうでしょうか。

          印刷でのAdobe PDFプリンタードライバーではどうでしょうか。

          使用ブラウザについても確認を行いたいところです。

           

          なおWebブラウザの右クリックで変換する場合も、Acrobatで開いたときと同様に、

          WebCaptureによって処理していますので、表示しているページであったとしても、

          別途ダウンロード処理を行うので、時間はページ状態や接続先で大きく変わります。

          そこで時間がかかっているだけ、という可能性もあるのではないかと推測しています。

          • 2. Re: Adobe-Pro WEBページPDF変換時のエラー
            Dymst Level 1

            PDF変換中で停止してしまう事象は、特定のWebページというわけではありません。

            同じページの変換を再施行して正常に動作することもあります。

            よって、対象のWebページに問題があるわけではないと思われます。

            使用ブラウザはIEの11を使用しています。

             

            ちなみに、対象のWebサイトは社内イントラ上の業務用システムです。

            複数のページに対し、PDF変換し保存するという操作を連続してくりかえしている時に発生しています。

            一度変換中のままとなると、数十分はそのままの状態ですので、停止している状態と思われます。

             

            PC環境の問題でしょうか。もしくは使用アプリ等で何か競合が発生しているのでしょうか?

            • 3. Re: Adobe-Pro WEBページPDF変換時のエラー
              assause Adobe Community Professional & MVP

              PC環境とコンテンツの両方が想定されうるところです。

              先般書いたように、コンテンツはWeb Captureによって都度取得されているので、

              コンテンツの状態が原因であれば、その原因を別途調査する必要があります。

               

              それとは別に、Acrobat自体を起動して、PDF生成経由で作ることであったり、

              他の同様環境のPCでも確認を行う必要がありそうに思います。

              それらを踏まえて、原因の切り分けを行うことから始めることになります。

               

              同時にですが、Acrobat 2017自体、適宜アップデートはしているでしょうか。

              もし初期バージョンにその不具合があった場合、アップデートで解消している可能性はありますが、

              イントラ利用でアップデートが行われていないとしたら、それ自体が原因の可能性もあります。

              念のためとして記載をしておきます。