2 返信 最新の回答 日時: Jan 28, 2009 11:42 AM ユーザー:(radeon)

    ローカル環境でHTMLとPDFをリンクさせる時・・・

      DVDにHTMLを入れ,そのリンクとして10章立て100ページのPDFを入れます。
      HTMLに章毎にリンクボタンをつくり,PDFの特定のページにリンクをしようと考えて降りますが,うまく行きません。
      ウェブ等で調べると,「ローカル環境では出来ない」という意見があるのですが,やはりそうなのでしょうか。
      宜しく御願い致します。
        • 1. Re: ローカル環境でHTMLとPDFをリンクさせる時・・・
          Level 1
          OS名とバージョンが不記載です。
          Acrobatのバージョン・エディションが不明です。

          > HTMLに章毎にリンクボタンをつくり,PDFの特定のページにリンクをしようと
          具体的な手法を順を追って説明しないと誰も理解できないでしょう。

          > ウェブ等で調べると,「ローカル環境では出来ない」という意見があるのですが
          情報源はURLを示すなど具体的に書いたほうがいいですね。

          mttan さんが投稿したメッセージ「htmlでのPDFページリンクについて(Mac ローカル)」 (投稿日時 : 2009年1月17日 16:36)


          「HTMLからPDFへ」ではなく、「PDFからPDFへ」の考えでは駄目なのでしょうか?

          > 10章立て100ページのPDF
          ひとつのPDFではなく、10章ごとにPDFを分解してしまえば楽ではないですか?

          PC雑誌(代表的なものは日経?)のバックナンバーをPDF文書でCD(DVDV)メディアで発売する場合がありますが、そういうものはどういう手法をとっているのかを調べてみるとかはどうで しょう?
          • 2. Re: ローカル環境でHTMLとPDFをリンクさせる時・・・
            Level 1
            > 「HTMLからPDFへ」ではなく、「PDFからPDFへ」の考えでは駄目なのでしょうか?
            これはPDFでのリンク機能を使えないかということです。

            PDFのリンクツールはページ指定や移動先指定が可能ですから、関連するPDFファイルをひとつのフォルダにまとめ、トップページに相当するPDFからリンクするようにすれば、HTMLからの リンクからと同等のことができるはずです。
            PDFリンクはAcrobat(Adobe Reader)の基本機能なので、HTMLのリンクのように、PDFへのページ指定が環境によっては動作しないということは無くなるでしょう。

            リンク元とリンク先となるPDF文書をひとつのフォルダ(階層も可)に入れ、リンク機能でページ指定します。あとはリンクツールの[ページビューに移動]で指定位置を決めれば大丈夫はなず。

            [4613]PDF 文書内にリンクを作成することはできますか
            http://support.adobe.co.jp/faq/faq/qadoc.sv?4613+001

            問題は、リンクをクリックするとリンク元のPDFが閉じる場合があること。これはユーザ環境設定で[他のファイルへのリンクを同じウィンドウで開く]のon/offで変わってしまうためです。

            そこで作成したリンクのプロパティを開き、アクションタブ以下で[ページを開く]の設定を「ユーザ設定のウィンドウセット」から「新規ウィンドウ」に変えます。こうすると、リンク元のPDFは 閉じません。

            リンク関係は相対形式のようで、作成したフォルダをまるごと他のドライブに移動(コピーではない)しても、問題なく動作します。

            出来れは、リンク先のPDF文書にはリンク元のPDF文書に[戻る]ボタンをつけるべきでしょう。

            PDFでは「添付ファイル」機能もありますが、上記のリンク機能はそのまま生かされるようで、ページ指定も可能です。
            ユーザからすればひとつのPDF文書だけがターゲットなので、他のPDF文書を意識することがありません。

            さらに見栄えを気にするのであれば、Acrobat 9.0以降からの「PDFポートフォリオ」があります。動画などもサポートされるので、効果を狙うにはいいかもしれません。
            「PDFポートフォリオ」はVer.9.0からの機能なので、それ以前は添付ファイルとして扱われます。

            Adobe - ACROBAT 9 活用ガイド:PDF ポートフォリオ
            http://www.adobe.com/jp/joc/a9guide/whatsnew/portfolio/page01.html

            PDFポートフォリオ
            http://www.adobe.com/jp/special/a9mail/portfolio/

            昨年公開された映画「イーグルアイ」の予告編フライヤーがPDFポートフォリオとして提供されました(以下からダウンロードできるものはサイズが大きい(19.3MB)のでブラウザ内で開くに はきついかも)。

            Adobe Acrobat 9 PDF活用で実践する創造的仕事法 -第1回 複数ファイルをすっきり一元化- | DIAMOND online - JB PRESS
            http://jbpress.ismedia.jp/ts/acrobat/p1.html

            添付ファイルおよびPDFポートフォリオには圧縮効果もあります。最新版のPDF Referrenceは関連文書も含めるようにしてPDFポートフォリオ(添付ファイル形式)で配布されていますが、添付ファイルの総ファイルサイズはそれらを添付しているPDF文書の約2 倍です。つまり1/2の圧縮率になっているという驚きです。
            ちょっとしたバックアップにも使えるかもしれないと思ったりしますね。