2 返信 最新の回答 日時: Sep 20, 2007 10:45 AM ユーザー:(konnojn)

    不正なデータ構造とは・・・?

    Level 1
      Acrobatのメニューから、[文書]−[ページの挿入]として、
      あるPDFファイルに、別のPDFファイルを挿入すると、挿入の直後に、「PDFファイルに不正なデータ構造が見つかりました。」
      というメッセージが出てきます。

      “不正なデータ構造”とは、どういった内容を指しているのでしょうか?

      関係有るかどうかわかりませんが、

      メッセージはでるものの、文書が挿入されているので、流していましたが、よこよく見ると、

      「ページナビゲーションツールバー」に表示されるページ数表示に?のところがあります。

      ページ数が、 1 (1/519)のように表示されます。
      右矢印(次のページに移動)をクリックしてページを進めると、 1 (1/519)、2 (2/519)、3 (3/519)と増えて行きますが、どんどん進めていくと、途中で、
      1(10/519)のように、もどったりします。窓の中の数字と括弧の中の分子にくるページ数が違ってきます。

      問題無いと思われるファイルを見ると、ページ数表示部分に括弧書きはでてきません。上の例で言うと、 1 1/519 の感じで表示されます。こちらは、途中でページ番号が戻ったりすることもありません。

      どういう操作をおこなったことにより、このような変なデータができあがってしまったのでしょうか。

      併せてご教授お願い申し上げます。

      <環境>
       WindowsXP SP2
       Office2003
      Acrobat8 Standardバージョン8.1.0
        • 1. Re: 不正なデータ構造とは・・・?
          Level 1
          > 1(10/519)のように、もどったりします。
          これは不思議なことではない。
          書籍では、目次・索引等にアルファベットやローマ数字(i,ii,iii...)をつかい、本文はアラビア数字(1,2,3...)という例は多い。
          PDFもこれと同じこと。

          AdobeサイトからダウンロードできるAcrobatのヘルプ(PDF文書)では、目次はローマ数字で、本文は1から始まるアラビア数字である。

          ヘルプの「ページ番号の付け直し」の項でも参考にすればいいだろう。

          ページの挿入などPDFの編集を行ったら、PDFの最適化やページ番号の付け直しをすべき(ページ番号無しにすることも可能)。

          仮に表示されるページ番号が「xx(yy/zz)」とすると、xxはサムネール(ページナビゲーションパネル)の下に表示されているもの。
          zzはPDF文書の全ページ数で、yyは表示されている個所が先頭から数えて何ページ目に当たるかを示す。
          ページ番号無しにすると「(yy/zz)」となる。

          [環境設定/ページ表示/ページコンテンツと情報]以下に「論理ページ番号を使用」というチェックボックスがある。このチェックを外すと、常に「(yy/zz)」となる。
          ヘルプでは「このオプションを選択すると、Web ブラウザで「進む」や「戻る」をクリックしたときの予期しない動作を防ぐことができます。」とあり、チェックは外さないほうが無難であろうか。

          印刷ダイアログではxxでもyyでも範囲指定ができる。
          例えば、サムネールでページ番号を先頭から順番に1-5、a-c、1-2という具合に設定できる。全ページ数は10なので、6ページ目は「a(6/10)」と表示されるはず。
          しかし印刷ダイアログで印刷範囲を「1-2」とするとどこのページを指しているのか分からなくなる可能性はなかろうか?
          • 2. Re: 不正なデータ構造とは・・・?
            Level 1
            brazil様

            ご教授ありがとうございました。

            「論理ページ番号」というものが存在するのですね。勉強になりました。

            アドバイスいただきました通り、
            [環境設定/ページ表示/ページコンテンツと情報]以下の「論理ページ番号を使用」というチェックボックスを外したら、欲しかった表示になり解決しました。

            当方、PDFファイルの編集中に、
            ページの挿入やページの削除を頻繁に使います。
            (メニューから[文書]-[ページの挿入]、[文書]-[ページの削除])

            そうしたとき、ページ指定の方法が良くないのか、
            意図しないところに、挿入されたり、削除されたりして困っていました。