2 返信 最新の回答 日時: Nov 7, 2007 12:53 PM ユーザー:(brazil)

    無期限の自己署名デジタルID

    Level 1
      Acrobatの署名に使用できる自己署名のデジタルIDを、有効期限を無期限にして作成する方法はないでしょうか。
        • 1. Re: 無期限の自己署名デジタルID
          Level 1
          OS不明。
          Acrobatのバージョン不明。

          > 有効期限を無期限に
          「これでは何だか問題があるぞ!」というような事に思い至らなかったであろうか?
          電子署名が何のためにあるのかというのを考えれば、その有効期限が無期限というのは有り得ないと思うが?

          何かを証明するものには必ず有効期限がある。卑近な例だと運転免許証であり、会社の社員証なども定期的に「棚卸し」(チェック)があるはず。

          「自分のための署名に使うからいいのでは?」という反論もあろうが、だったら電子署名など最初から要らないことになり、別のサイン(自作画像など)でもいいはず。
          電子署名を使う意味をもう一度問い直してみるべきだと思う。

          新規作成してみれば判ると思うが、AcrobatのデジタルIDの有効期限は5年のようである。おそらくこれはいわゆるe-文書法での規定に沿ったものであろう。

          ところがこの5年が実際の運用に合わないとして有効期限を延長するものが数多くあるようだ。たいていは10年のようだ。

          Acrobat 8で有効期限を10年まで延期可能かは知らないが、AcrobatはサードベンダーのデジタルID(公開鍵方式)が使えるとある。

          サードベンダーにはAcrobat対応の商品を出しているところも多いようだし、「署名延長」といった機能をもつ製品もある。
          • 2. Re: 無期限の自己署名デジタルID
            Level 1
            調べてみると、Office2000以降であるとデジタル署名が使えるとある。
            Officeのインストール先フォルダ以下にある「Selfcert.exe」で証明書を作成するらしい。

            AcrobatではWindowsデジタルIDが使えるので、上記で作成した証明書を利用できるはず。
            Acrobat 7.0.9 Proから確認してみると、WindowsデジタルIDの有効期限は6年になっている(ただし1月1日が有効期限開始になるので実際はそれよりも短い)。

            ・デジタル証明書の有効日をタイムスタンプで延長する
            http://office.microsoft.com/ja-jp/help/HA010565091041.aspx

            Windows版OpenSSLで、ある程度の延長ができないものであろうか?

            http://homepage2.nifty.com/protocol/openssl/