7 返信 最新の回答 日時: Aug 15, 2008 1:48 PM ユーザー:(つより)

    Acrobat9のファイルオプションの変更

      いままでAcrobat8をシステムに含めて出荷しておりました。
      Acrobat8ではPDF設定のファイルオプションり「互換性のある形式」のデフォルトがAcrobat5.0(PDF1.4)となっており、Acrobat9ではAcrobat6.0(P DF1.5)となっていました。
      確かに出力されるPDFの形式が異なっていることは確認できましたが、このデフォルトの変更については理由があるのでしょうか。
      またどのようなポイントに気をつけながら、この互換性のある形式を設定すればよいでしょうか。
      システムでは、Acrobatの生成、PDFファイルの結合を行っています。
        • 1. Re: Acrobat9のファイルオプションの変更
          Level 1
          >このデフォルトの変更については理由があるのでしょうか。

          私(一般ユーザーの人間)にはわかりません。
          フォーラムはU2U の情報交換の場所です。Adobe さんからの公式回答を得られる場所とは思わないでください。

          「PDF の互換性レベル」については情報があります。
          http://help.adobe.com/ja_JP/Acrobat/8.0/Standard/help.html?content=WS25210BC7-2345-4e30-A0 5C-80903A3B36EE.html

          PDF1.4と1.5とでは、
          動画やMP3 ファイルの埋め込みがサポートされたことと、レイヤーがサポートされたことが大きな違いです。
          • 2. Re: Acrobat9のファイルオプションの変更
            Level 1
            habacchi(古い船のことしか解らない古い水夫)様
            回答ありがとうございます。
            教えていただいた「PDFの互換性レベル」について、確認してみようと思います。
            またAdobeのサポートセンターにも確認をとつてみようと思います。
            • 3. Re: Acrobat9のファイルオプションの変更
              Level 1
              #1で引用されているURL先はAcrobat 8のヘルプであるが、そこには以下のようにある。

              「広く配布するドキュメントを作成する場合は、Acrobat 5(PDF 1.4)または Acrobat 6(PDF 1.5)を選択して、すべてのユーザがドキュメントを表示およびプリントできるようにすることをお勧めします。」

              一方、Acrobat 9の同じところにあたるものは以下のURL先と、文面は以下のようにある。

              ・Acrobat 9 Pro * PDF の互換性レベル
              http://help.adobe.com/ja_JP/Acrobat/9.0/Professional/WS25210BC7-2345-4e30-A05C-80903A3B36E E.w.html
              「広く配布される文書を作成している場合は、Acrobat 6.0(PDF 1.5)または Acrobat 7.0(PDF 1.6)を選択することも検討してください。」

              ここでもPDFバージョンは1つだけ繰り上がっている。

              Acrobatのバージョンが上がるとPDFバージョンも上がってきたのがこれまでの通例。
              しかし、Acrobat 9ではAcrobat 8とおなじ「PDF1.7」となっており、異例である。

              Acrobat 9ではPDFポートフォリオ、256-bit AES、FLASH動画の再生という新機能があるのにPDFバージョンはそのままになっている。
              そのうちAcrobt 9でのPDFポートフォリオはAcrobat 8以前では添付ファイルと認識されるらしい。
              以下はこれにふれたサイト(ログインを求めてくるが[キャンセル]で見られる、いいのかな?)。

              ・Acrobat 9 公開の真実(7)─Acrobat 9 になっても「PDF 1.7」の不思議
              http://www.incunabula.co.jp/dtp-s/AcrobatDTP/Acrobat9_truth/Acrobat9_07.html

              勝手に推測すれば、PDFポートフォリオは添付ファイルの機能を生かしつつ、その見せ方を少しだけ変えているのだろう。Acrobat 9だけ認識できる符号を添付ファイルと共に入れ込んでいるのでは?

              [PDF の最適化]機能は、「Adobe PDF ファイルのサイズを 縮小するため」のものだが、それはPDFバージョンを下げることでもある。よって、ここのオプション設定項目はPDFバージョンの互換性とも深く結びつくはず。

              ・PDF の最適化
              http://help.adobe.com/ja_JP/Acrobat/8.0/Professional/help.html?content=WS58a04a822e3e50102 bd615109794195ff-7c87.html

              文書番号 : 225938
              下位バージョンの Acrobat と互換性のある PDF ファイルを作成する方法(Acrobat 7.0)
              文書番号 : 6000
              http://support.adobe.co.jp/faq/faq/qadoc.sv?6000+001
              旧バージョンファイルとの互換性はありますか

              どういう機能(セキュリティも含む)を使うのかを明確にしておかないと、互換性の罠に陥るかもしれない。
              • 4. Re: Acrobat9のファイルオプションの変更
                Level 1
                つい最近PDF 1.7が正式にISO標準になりましたので、
                今後、Acrobatのバージョンが上がるたびに
                PDFのバージョンも上がる、ということはなくなるでしょうね。
                • 5. Re: Acrobat9のファイルオプションの変更
                  Level 1
                  なお、Acrobat 9ネイティブのPDF 1.7は正式には

                  「PDF 1.7, Adobe Extension Level 3」

                  というらしい。
                  • 6. Re: Acrobat9のファイルオプションの変更
                    Level 1
                    > PDF 1.7, Adobe Extension Level 3
                    日経トレンディのサイトで、Acrobat 9で作成されたPDFポートフォリオ文書がサンプルとしてダウンロードできるようになっている。

                    文書ファイルが14MB近くもあり、サイトの[PDFファイルのダウンロードはこちら]ボタンをクリックすると、ブラウザ内に開かれるので、面倒かもしれない。
                    ボタン上で右クリックメニューから[対象をファイルに保存]を選んでローカルPCに保存するといいだろう。

                    ・大きくパワーアップしたPDF作成ソフト「Adobe Acrobat 9」の新機能をチェック! - 日経トレンディネット
                    http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20080623/1015900/?P=3

                    [ファイル]メニューの[ポートフォリオのプロパティ]を選ぶと、よく見慣れたPDF文書のプロパティと同一のものが出てくる。
                    そのなかの概要タブの「PDFのバージョン」を見ると、「1.7, Adobe Extension Level 3 (Acrobat9.x)」とある。

                    上記サンプル文書の実際のダウンロード先は以下のようである。

                    http://web-cache.stream.ne.jp/www11/nikkeibpw/trendy/pickup/20080623/1015900/trnacro9.pdf

                    Adobe Reader 9ではPDFポートフォリオとして見えるが、ver.7.0では添付ファイル付きPDF文書として開かれる。
                    Adobe Reader 7.1.0で上記サンプルを見ると、PDFバージョンは「1.7 (Acrobat8.x)」と表示された。

                    Adobe Reader 7.1.0では、jpegファイルが幾つか添付ファイルとして表示されるが、これらはAdobe Reader 9ではフォルダー以下にあるという具合に異なる。
                    • 7. Re: Acrobat9のファイルオプションの変更
                      Level 1
                      brazil様、buraiha様、返答ありがとうございます。
                      情報ありがとうございます。PDFのバージョンという観点から検証を行うことができだいぶすっきりできました。
                      製品のバージョンと内部のバージョンについても確認ができ、実際使ってもみても、機能そのものの大きな違いはなさそうです。
                      特に使っているのはPDFの作成とVBからのファイルの分割と結合の処理を行っていますが、この点についての動作の違いはありませんでした。

                      作成されるPDFのサイズ8から比べ、3割程度小さくなっており、最適化が進んでいるように思われます。