1 返信 最新の回答 日時: Aug 8, 2003 1:43 PM ユーザー:

    Acrobat Readerで注釈ツールを使う方法について

      Adobe Acrobat5.0で作成したPDFをAcrobat Reader6.0で開いたときに注釈ツールが使える状態になるような方法を探しています。クライアントの環境の条件としてはAcrobat Reader6.0は入っているが、Adobe Acrobat5.0は入っていない状態での実現を想定しています。
      どのような状態であるかというと文部科学省の電子申請メニューからリンクをたどっていくとPDFが注釈ツールを使えるようになっています。新規で作ったPDFのファイル作成時にメニューから「 文書のセキュリティ」でセキュリティに関する設定をいろいろ変えてみましたが、実現できませんでした。文書のプロパティで文書に関する制限の概要という欄があるのですが、ここの注釈を「許可」 になるようにする方法をどなたか知っている方は教えて下さい。
        • 1. Re: Acrobat Readerで注釈ツールを使う方法について
          Adobe Readerで注釈機能を使うには「Adobe Document Server for Reader Extensions」が必要。
          Acrobatで行う「注釈に関する権限設定」は、あくまでもAcrobatでの操作が対象。

          ・Adobe Document Server for Reader Extensions 日本語版を発表
          http://www.adobe.co.jp/aboutadobe/pressroom/pressreleases/200304/20030422doc_server.html
          Adobe Acrobat Reader 5.1(アドビ アクロバット リーダー 5.1)から、Adobe Acrobat Readerで注釈ツール、電子署名、記入済みフォームの保存、記入データの送信、等、電子フォームやファイルをインテリジェントに扱うための機能が追加されましたが、通常のPDFファイル ではこれらの新たに追加された機能は使用することができません。これらのいわば“隠し”機能は、Adobe Document Server for Reader Extensionsによって、それらの機能を利用可能にする権限が埋め込まれたPDFフォームあるいはファイルによって使用可能となります。